• TOP
  • 「スーパーカー試乗」F1技術を投入した軽量・強靭設計。独自性を貫くマクラーレン720Sスパイダーの驚愕パフォーマンス

 ー 

「スーパーカー試乗」F1技術を投入した軽量・強靭設計。独自性を貫くマクラーレン720Sスパイダーの驚愕パフォーマンス

Writer:西川淳 Photo:小久保昭彦

マクラーレン720Sスパイダー 価格:7DCT 3930万円 試乗記

マクラーレン720Sスパイダー 720Sはマクラーレン初の新世代ロードカーとして2011年にデビューしたMP4ー12Cの後継車 マクラーレンの中核を担うMRスポーツ スパイダーとクーペを設定 「720」は最高出力値に由来
マクラーレン720Sスパイダー 720Sはマクラーレン初の新世代ロードカーとして2011年にデビューしたMP4ー12Cの後継車 マクラーレンの中核を担うMRスポーツ スパイダーとクーペを設定 「720」は最高出力値に由来

数字は最高出力を表す! CFRP製軽量モノコックボディを採用

 マクラーレンは現在、アルティメイト/スーパー/スポーツ/GTという4つのシリーズを展開中だ(スポーツシリーズは次世代V6ハイブリッドモデル、アルトゥーラの登場待ち)。
 この中で世界唯一のミッドシップ専門メーカーのメインを担うのがスーパーシリーズ、720S(クーペ&スパイダー)である。ライバルは、フェラーリF8シリーズやランボルギーニ・ウラカン。720Sはマクラーレンの主役であるとともに、スーパースポーツ市場全体を見渡しても中心に位置するモデルだ。2011年に鮮烈デビューし、ブランドの起源となったMP4―12Cシリーズの第2世代である。先日、最新グレードとして高性能仕様の765LT(ロングテール)が追加された。

 試乗車は720Sスパイダー。3桁数字の名前はそのまま最高出力を表す。つまり4リッター・V8ツインターボエンジンの最高出力は720ps/7500rpm。最大トルクは770Nm/5500~6500rpmを発生する。720Sは、それに7速のデュアルクラッチトランスミッションを組み合わせて、後輪を駆動する。
 圧倒的なパフォーマンスを効果的に運動性能へと変換するための最も重要なパートが、フォーミュラ1で培ったCFRPテクノロジーによるモノコックボディである。第2世代スーパーシリーズでは、アルティメイトシリーズのP1で初採用されたモノゲージ2と呼ばれる最新のCFRPバスタブ構造を進化させて搭載した。

ボディは独特の曲面形状 リアエンドパネルの隙間からトランスミッションやサスペンションアームが見えるレーシーな演出 ボディパネルはカーボンとアルミ
720Sは4シリーズを展開するマクラーレンのスーパーシリーズの主力車 操縦性はレーシングカーライク 通常走行時の快適性はハイレベル

トップスピード341km/h! スパイダーの速さはクーペと同等

 CFRPバスタブ構造とは本来、ルーフ骨格やエンジンルーム上部までをCFRPとする技術だ。スパイダーはモノゲージ2を、2―Sに改良。ルーフを取り払ってもなおロードカーとして十分な強度を確保した。リトラクタブルハードルーフもパネル素材はカーボン。軽量かつモーター駆動ゆえ、クラス最速の11秒で開閉し、走行中でも50km/h以下であれば操作できる。トップの開閉方式がスマートになったのは旧型650Sスパイダーからの大きな進化ポイント。

 スパイダー化にあたっての重量増はわずか 50kg。その意味するところは明白。そう、パフォーマンスはクーペと同等だ。
 それは性能スペックに明確に表れている。0〜100km/h加速は2.9秒でクーペと共通。0〜200km/h加速はわずかに0.1秒後れを取って7.9秒になる。だが、最高速度はルーフを閉じた状態で341km/hと、クーペと同じだ(ルーフを開けると325km/h)。

 クーペとスパイダーの車両本体価格差は400万円。それでもスパイダーを選ぶべき、と思える。最近のスーパースポーツは、オプションを800万円程度選ぶのが一般的。スパイダーは720Sシリーズにおける最も価値ある「オプション」かもしれない。

ルーフはリアの専用スペースに収納 開閉時間はクラス最速の11秒 50km/h以下なら走行中も操作できる リアウィンドウも電動開閉式
リトラクタブル式ルーフは軽量カーボン製 スパイダーはモノゲージ2ーSと呼ぶ軽量・強靭な専用CFRP製モノコックボディを採用 ボディ剛性は超高水準

走りは圧倒的な完成度。しかも気持ちいい

 運転すると、スパイダーの価値が実感できる。ルーフを閉じて走れば、それがスパイダーかどうかは、よほど繊細なプロドライバーでもなければわからない。ボディが実にしっかりとしているからだ。スパイダーは、リアウィンドウの開閉に対応し、クーペ状態でV8サウンドを楽しむことができる。

 圧倒的な加速性能ときめ細かに制御されたアクティブシャシーによるドライブフィールは、いまなおこのクラスの最高レベルだ。シャシーとパワートレーンのモードをトラックに合わせれば、たちまちハンドリングの正確さは驚異的な水準になり、轟音を伴った加速と沈み込む制動フィールもまた愉悦の至りである。

 そのうえで、快適なオープンエアモータリングが堪能できるのである。走行モードがスタンダードであれば、乗り心地はまるで高級サルーンのように快適。天気のいい休日のクルージングは、オーナーには至福の時となるだろう。

ドアは開口時に側方に張り出さないので狭い場所でも便利 ドア開口時の全高は1953mm
室内は上質なフルレザー張り インパネはドライバー正面の液晶メーターとスリムなセンターコンソールで構成した機能的な造形 視界は前方/後方ともワイド
着座位置の低いシートは理想的なドライビングポジションを提供 サイドシルは太いが上方に大きく開口するディヘドラルドアのため乗降性は優秀
メーターは通常デザイン(写真上)とシンプル表示のスリムデザイン(下)が選べる スリムデザインはトラックモードで自動セレクト 任意でも選択できる
7速DCTのメインセレクターはボタン式 エンジンは赤いボタンを押すと始動する
センター部のダイヤルで走行モードを選択 上がシャシー/下がパワートレーン用 ディスプレイはナビ機能のほか各種車両セッティングにも活用
タイヤはフロント:245/35R19/リア:305/30R20ピレリPゼロ アルミはフロントが9J/リアは11J
リアスポイラーは高速域とハードブレーキング時に上昇 ダウンフォース発生

マクラーレン720Sスパイダー 主要諸元

グレード=720Sスパイダー
価格=7SMT 3930万円
全長×全幅×全高=4545×1930×1195mm
ホイールベース=2670mm
トレッド=フロント:1674×リア:1629mm
車重=1470kg
エンジン=3994㏄・V8DOHC32Vツインターボ
最高出力=530kW(720ps)/7500rpm
最大トルク=770Nm(78.6kgm)/5500〜6500rpm
サスペンション=前後ダブルウィッシュボーン
ブレーキ=前後ベンチレーテッドディスク
タイヤサイズ=フロント:245/35R19/Ⓡ305/30R20
駆動方式=MR
乗車定員=2名
最高速度=341km/h
0〜100㎞/h加速=2.9秒
0〜400m加速=10.4秒
※価格を除きスペックは基本的に欧州仕様

大径エグゾーストエンドパイプはハイマウント構造 排気音は野太い重低音
パワーユニットは3994cc・V8DOHC32Vツインターボ(720ps/770Nm) スパイダーはエンジンリッドが開かない構造
720Sスパイダーのパフォーマンスはクーペと同等 0〜100km/h加速は2.9秒 トップスピードは341km/hに達する オープン時の風の巻き込みは少ない

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年10月号

  • ・新型トヨタ・アクア・オールガイド
  • ・新型日産ノート・オーラNISMO
  • ・新型ホンダ・シビック試乗&ライバル比較

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る