ー 

エレガントなムードを強調したフィアット500の限定モデルが日本上陸

Writer:大貫直次郎 

内外装カラーに専用色のボルドーとエピックブルーを纏った特別仕様車「フィアット500エレガンツァ」が発売。販売台数は200台限定

 FCAジャパンは2021年3月30日、フィアット500に特別仕様車「フィアット500エレガンツァ(Eleganza)」をラインアップし、4月10日より発売すると発表した。車両価格は220万円に設定。販売台数は200台の限定だ。

▲フィアット500エレガンツァ 価格:5AMT220円 全長3570×全幅1625×全高1515mm ホイールベース2300mm 車重1020kg 乗車定員4名 エレガントな専用ボディカラーのボルドーを採用。販売台数は100台限定

 イタリア語で“エレガンス”を意味する“エレガンツァ”の車名を付加した今回の限定車は、日本のカタログモデルでは未設定の上級仕様「500 1.2ラウンジ(Lounge)」をベースに、“上質”をキーワードに据えて内外装を特別に仕立てたことが特徴である。
 まず外装では、通常モデルに設定のない特別なボディカラーのボルドー(販売台数100台)とエピックブルー(同100台)を採用。また、ベース車と同様にバイキセノンヘッドライト(光軸自動補正式)やフロントフォグランプ、クローム仕上げキット(アクセントライン付き前後バンパー/エキゾーストパイプフィニッシャー)、14スポーク15インチアルミホイール(タイヤサイズ185/55R15)などを配して、気品のある優美なルックスを具現化した。

▲シックなムードが漂うエピックブルーの専用ボディカラーも用意。販売台数は100台限定。クローム仕上げキット(アクセントライン付き前後バンパー/エキゾーストパイプフィニッシャー)を標準で採用する

 インテリアに関しては、ボディ色と同じボルドーまたはエピックブルーのインストルメントパネルを特別装備したことがトピック。上品なアイボリーの内装色およびシート色と相まって、乗員を明るく、かつ洗練されたムードで迎え入れるキャビン空間を演出する。室内の開放感を高めるガラスルーフも組み込んだ。また、ベース車と同様にダストポーレンフィルター付きフルオートエアコンやBeatsオーディオシステム、リアパーキングセンサー(アラーム式)、スマートオルタネーター(充電制御機能付き)などの上級アイテムを標準で採用している。

▲ボディ色と同じボルドー(写真・上)またはエピックブルー(同・下)のインストルメントパネルを特別装備。日本導入モデルのハンドル位置は右
▲アイボリー基調のファブリックシートを装着。運転席は高さ調整機構付き

 パワートレインはベース車と基本的に共通で、1240cc直列4気筒OHCガソリンエンジン(69ps/102Nm)+ATモード付5速シーケンシャルトランスミッション(デュアロジック)を搭載。ESC(エレクトロニックスタビリティコントロール)やABS+EBD、TPMS(タイヤ空気圧モニタリングシステム)、ESS(ハザードランプ緊急制動表示機能)といったセーフティ機構も標準で組み込んでいる。

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報