• TOP
  • 2.0Lダイナミックフォースエンジンを搭載したアウトドアテイストのカローラ・ツーリングが限定で登場

 ー 

2.0Lダイナミックフォースエンジンを搭載したアウトドアテイストのカローラ・ツーリングが限定で登場

Writer:大貫直次郎 

カローラ・ツーリングに500台限定モデルの「ACTIVE RIDE」を設定。アクティブな走りを演じる2.0Lダイナミックフォースエンジンに、アウトドアテイストを効かせた装備群を採用

 トヨタ自動車は2021年4月2日、カローラ・ツーリングに特別仕様車の「ACTIVE RIDE(アクティブ ライド)」を設定し、同日より注文を受け付けて4月19日に発売すると発表した。車両価格は266万円で、販売台数は500台の限定だ。

▲トヨタ・カローラ・ツーリング「ACTIVE RIDE」 価格:10CVT266万円 全長4495×全幅1745×全高1460mm ホイールベース2640mm 車重1370kg 販売台数は500台限定。写真のボディカラーは特別設定色のブラックマイカ×アーバンカーキ

 今回の限定モデルは、アウトドアテイストを随所に効かせた内外装の装備群や、荷物を積んでも余裕あるアクティブな走りを演じるパワーユニットおよび足回りを採用したことが特徴である。

▲特別設定色のアーバンカーキ
▲ブラックマイカ(写真・上)とホワイトパールクリスタルシャイン(同・下)も選択可

 まず外装では、2トーンで仕立てた前後バンパーにロッカーモール(専用ロゴ付)、ダークグレーメタリック塗装のルーフレール、ブラックマイカ塗装のサイドターンランプ付オート電動格納式リモコンドアミラー、ブラック塗装/センターオーナメント付き7.5J×17アルミホイール+215/45R17タイヤなどを特別装備。オプションとして、システムラック・ベースラック(ルーフオンタイプ)やサイクルアタッチメント、ACTIVE RIDEエンブレムなどを用意する。ボディカラーには特別設定色のブラックマイカ×アーバンカーキとアーバンカーキのほか、ブラックマイカとホワイトパールクリスタルシャインをラインアップした。

▲ダークグレーメタリック塗装のルーフレールを特別装備
▲2トーンのロッカーモールには専用ロゴを配する
▲専用エンブレムをオプション(1万2100円)で用意

 内装については、オレンジステッチをあしらったインストルメントパネルおよびドアアームレスト表皮やサテンメッキ加飾が上質さを演出するファブリックスポーツシート(撥水加工付)、レーザー刻印のACTIVE RIDE専用ロゴ、シルバー加飾を配した本革巻き3本スポークステアリング、オプティトロン3眼メーター+7.0インチTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ(スピードメーター表示)、カラーヘッドアップディスプレイ、インパネ表皮を使用したオリジナルコースターなどを特別装備。また、安全・快適アイテムとして、ウィルス菌の抑制に寄与するナノイーをより進化させたナノイーXやエアクリーンモニター、大画面の9インチディスプレイオーディオ、ブラインドスポットモニター+リアクロストラフィックオートブレーキ[パーキングサポート ブレーキ(後方接近車両)]などを採用した。

▲オレンジステッチをあしらったインストルメントパネルおよびドアアームレスト表皮やシルバー加飾を配した本革巻き3本スポークステアリングを採用
▲レーザー刻印のACTIVE RIDE専用ロゴを配備
▲サテンメッキ加飾が上質さを演出するファブリックスポーツシート(撥水加工付)を装着
▲ウィルス菌の抑制に寄与するナノイーをより進化させたナノイーXを装備

 パワーユニットに関しては、TNGA(Toyota New Global Architecture)の思想に基づいて開発した2.0LダイナミックフォースエンジンのM20A-FKS型1986cc直列4気筒DOHCユニットを搭載。最高出力は170ps/6600rpm、最大トルクは20.6kg・m/4800rpmを発生する。トランスミッションにはDirect Shift-CVT(パドルシフト付10速スポーツシーケンシャルシフトマチック)を組み合わせ、発進から高速域まで力強くダイレクトな走りを具現化しつつ、燃費性能はWLTCモードで16.6km/リットルを成し遂げた。一方、足回りには専用チューニングのサスペンションを採用。フロントとリアのアブソーバー減衰力の初期応答特性を改善し、意のままのハンドリングや安定した車両姿勢を実現した。

▲パワーユニットにはM20A-FKS型1986cc直列4気筒DOHCエンジン(170ps)を搭載する

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報