• TOP
  • 「最新モデル試乗」400ps、2.5リッター直5ターボ搭載。アウディ最新のスポーツSUV、RS Q3の戦闘力

 ー 

「最新モデル試乗」400ps、2.5リッター直5ターボ搭載。アウディ最新のスポーツSUV、RS Q3の戦闘力

Writer:河村康彦 Photo:小久保昭彦

アウディRS Q3 価格:7DCT 863万円 試乗記

アウディRS Q3スポーツバック RS Q3はクーペ調のスポーツバック(863万円)と標準ボディ(838万円)を設定
アウディRS Q3スポーツバック RS Q3はクーペ調のスポーツバック(863万円)と標準ボディ(838万円)を設定

SUVながら0→100km/h加速4.5秒の俊足! 注目は心臓部

 Q3シリーズの最強バージョン、RS・Q3が上陸した。RS・Q3は、アウディSUVの末弟、Q3のスポーティなキャラクターを鮮明にしたイメージリーダー。ブランドの「財産」でもある2,5リッターの直列5気筒ターボを搭載する。SUVながら0〜100km/h加速を4.5秒でクリアするハイパフォーマンスの持ち主だ。

 新型ES・Q3の注目ポイントは、従来以上に戦闘力を高めた心臓部にある。2480ccの直5DOHC20Vターボは、クランクケースのアルミ化を筆頭に全面刷新が図られた。パワースペックは400ps/5850~7000rpm、480Nm/1950〜5850rpm。最高出力は旧型比で30ps以上もパワフル。圧倒的なパワーエリートぶりを誇る。トランスミッションは7速DCTとの組み合わせだ。

 スタイリングは鮮烈。ブラックのハニカムメッシュを採用したシングルフレームグリルや、本格ディフューザー処理が施されたリアバンパーは、「走り」にこだわったRS・Q3ならでは、といえる。試乗車は、RSデザインパッケージやフロントセラミックブレーキ、RSスポーツエキゾーストシステムのオプションアイテムを装着。足元が標準比で1インチ増しとなる21インチだった関係もあり、見た目の精悍さはいちだんとアップしていた。ルーフレールが未装備という点も、通常ボディに対してより低重心感を強調する要素である。

スタイリングは引き締まった印象 全長×全幅×全高4505×1855×1555mm 車重1730kg パワーウェイトレシオ:4.33kg/ps
2480cc直5DOHC20Vターボ 400ps/5850〜7000rpm 400Nm/1950〜5850rpm 新型はクランクケースのアルミ化を筆頭に全面刷新 WLTCモード燃費:9.8km/リッター

3500rpm以上で本領発揮! 鋭い加速が堪能できる

 クーペ調のルーフラインを採用するため、後席乗降時に頭部の運びがややタイトであるのは事実。が、ひとたび乗り込んでしまえばパッケージングは優秀。大人4名が無理なく長時間を過ごせる空間が確保されている。
 感心したのは巧みなインテリアの「雰囲気作り」だ。立体感の強いシートと各部のインテリアエレメントに採用されたアルカンターラが、スポーティかつ上質な印象を盛り上げていた。

 走りは鮮烈。「5気筒サウンド」が明確になる3500rpm以上の領域こそが、RSの名にふさわしい加速性能の真骨頂。一方、街乗りシーンでも力強い走りが味わえるのはうれしい。ハンドリングにも目を見張る。ワインディングロードでは機敏な身のこなしを見せ、良路では路面をヒタヒタと捉える「期待を超えた快適性」が味わえた。これは電子制御式の可変減衰力ダンパー「RSダンピングコントロール・サスペンション」の効用も大きかったようだ。
 RS・Q3はアウディQモデルの中にあって、飛び切りスポーティなキャラクターが与えられた1台。走り好きに最適なスペシャルモデルである。

RS Q3は独自のギア比設定により中立付近の安定性とダイナミックな操舵性を両立させたステアリング機構を採用 インパネ造形はQ3共通形状 センターディスプレイは大型10.1インチ
前席はバケット形状 写真はRSデザインパッケージ装着車(op51万円) 室内は広く快適
ヘッドライトは走行状況に応じ照射範囲を自動調節するLED
255/35R21タイヤ+8.5Jアルミはop(17万円) 最低地上高180mm
リアバンパーはディフューザー形状 排気サウンドは刺激的な音質
メーターはRS専用インターフェイスを備えたフル液晶 各種表示モードが選べる
トランスミッションは7速DCT ギア比はクロースレシオ設定 変速はシャープ
パドルは大型形状 アップテンポなスポーツ走行に適した設定
走行モードは4種切り替え式 切り替えスイッチはインパネに配置
バック時は後方と俯瞰映像を表示 安心感の高いセーフティ設計

アウディRS Q3スポーツバック 主要諸元と主要装備

グレード=RS Q3スポーツバック
価格=7DCT 863万円
全長×全幅×全高=4505×1855×1555mm
ホイールベース=2680mm
トレッド=フロント:1590×リア:1595mm
最低地上高=180mm
車重=1730kg
エンジン=2480cc直5DOHC20Vターボ(プレミアム仕様)
最高出力=294kW(400ps)/5850〜7000rpm
最大トルク=480Nm(48.9kgm)/1950〜5850rpm
WLTCモード燃費=9.8km/リッター(燃料タンク容量63リッター)
(市街地/郊外/高速道路:7.2/9.9/11.4km/リッター)
サスペンション=フロント:ストラット/リア:ウィッシュボーン
ブレーキ=フロント:ベンチレーテッドディスク/リア:ディスク
タイヤ&ホイール=255/40R20+アルミ
駆動方式=4WD
乗車定員=5名
最小回転半径=5.4m
●主な燃費改善対策:筒内直接噴射/電子スロットル/可変バルブタイミング/可変バルブリフト(排気のみ)/電動パワーステアリング/7速Sトロニックトランスミッション/アイドリングストップ
●主要装備:アウディプレセンスベーシック/サラウンドビューカメラ/アダプティブクルーズコントロール/アウディプレセンスフロント/アダプティブクルーズアシスト/サイドアシスト/ヒルディセントアシスト/アウディパーキングシステム/アドバンストキーシステム/プログレッシブステアリング/アウディドライブセレクト/LEDヘッドライト/RSバンパー/アルミニウムルックドアミラーハウジング/ハイグロスパッケージ/アルミニウムルーフレール/20インチ10スポークアルミ/アルカンターラ&レザーコンビスポーツシート/前席シートヒーター/フラットボトム本革巻きステアリング/パドルシフト/MMIナビゲーション/バーチャルコクピットプラス/アウディコネクト/3分割可倒式リアシート/ストレージパッケージ/アルミニウムルックインテリア/2ゾーンオートAC/自動防眩ルームミラー/マルチカラーアンビエントライティング
●装着メーカーop:RSスポーツエキゾーストシステム16万円/5アーム8.5J×21アルミ&255/35R21タイヤ17万円/カーボンデコラティブパネル8万円/カーボンエクステリアミラーハウジング12万円/280km/hスピードリミッター23万円/バング&オルフセン3Dサラウンドシステム13万円/カーボンエンジンカバー8万円/ブラックスタイリングパッケージ12万円/セラミックブレーキ(レッドキャリパー)75万円/RSダンピングコントロールサスペンション17万円/RSデザインパッケージ・エクテンデッドレッド+Sスポーツシート51万円/マトリクスLEDライト+ダイナミックインジケーター+ワイヤレスチャージング12万円
●ボディカラー:タンゴレッドメタリック
※価格はすべて消費税込み リサイクル費用は1万4200円

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報