• TOP
  • 「トヨタともっといいクルマづくりを追求」して大幅進化を果たした第2世代SUBARU BRZの日本仕様が初公開。発売は2021年夏を予定

 ー 

「トヨタともっといいクルマづくりを追求」して大幅進化を果たした第2世代SUBARU BRZの日本仕様が初公開。発売は2021年夏を予定

Writer:大貫直次郎 

SUBARUが「誰もが愉しめる究極のFRピュアスポーツカー」へと進化した新型BRZの日本仕様を披露。パワーユニットには新設計の2.4リットル水平対向4気筒エンジンを搭載

 SUBARUは2021年4月5日、トヨタ自動車および傘下のTOYOTA GAZOO Racing(TGR)とのオンライン合同イベントにて新型BRZの日本仕様を公開した。

▲新型SUBARU BRZの日本仕様 GR86開発陣と切磋琢磨しながら、SUBARUならではの「誰もが愉しめる究極のFRピュアスポーツカー」を具現化した

 初代のBRZは、“低重心”“軽量”“コンパクト”という特長を持つ水平対向エンジンを低い位置に搭載することで、世界トップクラスの低重心による優れたハンドリング性能を実現したFRレイアウトのスポーツカーとして、2012 年に登場。以来、基本コンポーネントを共用するトヨタ86と同様に、モータースポーツのベース車両として活躍するほか、カスタマイズのベース車両としても高い人気を獲得した。
 約9年ぶりのフルモデルチェンジで第2世代に移行する新型BRZは、開発に際して初代と同じくトヨタ、さらにTGRと共同で実施。GR86とベースを共有しながらも、それぞれの個性を引き出した“異なる走りの味”を持たせることに注力する。そして、GR86開発陣と切磋琢磨しながら、SUBARUならではの「誰もが愉しめる究極のFRピュアスポーツカー」を具現化した。

▲サイドシルスポイラーやフロントフェンダー後方に配したエアアウトレットなど、デザインにアクセントをもたらすだけでなく、スポーツカーとしての性能を最大限に引き出す機能性を持ち合わせた空力アイテムを多数盛り込む

 エクステリアに関しては、走りへの期待を高める躍動感を持ったスタイリングに仕立てたことがトピック。より低く、よりワイドに設置したヘキサゴングリルで低重心を主張するとともに、グリルから始まり後方へ連なる芯の通った造形で体幹の力強さを表現する。また、絞り込んだキャビンと力強く張り出したフェンダーのダイナミックな抑揚によって、スポーツカーらしい走りへの期待感をルックス面から創出。さらに、サイドシルスポイラーやフロントフェンダー後方に配したエアアウトレットなど、デザインにアクセントをもたらすだけでなく、スポーツカーとしての性能を最大限に引き出す機能性を持ち合わせた空力アイテムを多数盛り込んだ。ボディサイズは全長4265×全幅1775×全高1310mm、ホイールベース2575mmに設定。初代BRZ比で25mm長く、同寸の幅で、10mm低く、ホイールベースが5㎜長いディメンションとした。

▲ボディサイズは全長4265×全幅1775×全高1310mm/ホイールベース2575mmに設定。車重は6速MTで1270kg
▲より低く、よりワイドに設置したヘキサゴングリルで低重心を主張する
▲絞り込んだキャビンと力強く張り出したフェンダーのダイナミックな抑揚が印象的。トレッドは前1520×後1550mm、最低地上高は130mmに設定

 内包するインテリアは、シンプルな水平基調で構成したインパネとスイッチなど操作系の最適レイアウト、低く設置したメーターバイザーにより、運転に集中でき、かつ広い視界のコクピットを実現。また、計器盤には7インチTFTディスプレイとセグメント液晶パネルを組み合わせたデジタルメーターを装備し、必要な情報をわかりやすく表示する。一方、前席には高いホールド性とフィット感をもたらす新設計のスポーツシートを採用し、疲れにくく運転に集中できる環境を作り出した。

▲シンプルな水平基調で構成したインパネとスイッチなど操作系の最適レイアウト、低く設置したメーターバイザーにより、運転に集中でき、かつ広い視界のコクピットを実現する
▲前席には高いホールド性とフィット感をもたらす新設計のスポーツシートを装着
▲2名の乗車が可能な後席。シートバックには可倒機構を内蔵する

 パワーユニットには、従来の2リットルから2.4リットル(2387cc水平対向4気筒DOHC筒内直接+ポート燃料噴射D-4Sエンジン)へと排気量を拡大した新設計エンジンを搭載。圧縮比は12.5に設定し、最高出力235ps/7000rpm、最大トルク25.5kg・m/3700rpmを発生する。組み合わせるトランスミッションには6速MTと6速ATを設定。AT搭載車ではSPORTモードの制御を進化させ、クルマがスポーツ走行中と判断した際にはドライバーの意思や操作に応じて最適なシフト操作を自動的に行い、よりダイレクト感のあるコーナリングを可能とした。

▲パワーユニットには2387cc水平対向4気筒DOHC筒内直接+ポート燃料噴射D-4Sエンジンを搭載。圧縮比は12.5に設定し、最高出力235ps/7000rpm、最大トルク25.5kg・m/3700rpmを発生する
▲トランスミッションには6速MT(写真・上)と6速AT(写真・下)を設定。AT搭載車ではSPORTモードの制御を進化させた

 基本骨格については、スバルグローバルプラットフォームの開発から得たノウハウを鋭意取り入れ、さらにインナーフレーム構造や構造用接着剤などの採用によってボディを再構築。初代BRZ比でフロント横曲げ剛性を約60%、ねじり剛性を約50%向上させ、ステアリング操作への応答性を高めると同時に、旋回時のトラクション性能をいっそう向上させた。また、ルーフやフード、フロントフェンダーの素材に軽量なアルミ材を採用。エンジン出力や安全性の向上に伴う重量増を抑制するとともに、前後左右重量の適正化やさらなる低重心化を成し遂げた。一方、懸架機構は改良版の前マクファーソンストラット式/後ダブルウィッシュボーン式で構成し、BRZ独自の専用セッティングを実施。18インチアルミホイール装着車には215/40R18サイズのミシュラン パイロットスポーツ4タイヤを組み込んで、優れたコントロール性能と応答性を実現した。

▲ルーフやフード、フロントフェンダーの素材に軽量なアルミ材を採用。エンジン出力や安全性の向上に伴う重量増を抑制するとともに、前後左右重量の適正化やさらなる低重心化を達成した
▲18インチアルミホイール装着車には215/40R18サイズのミシュラン パイロットスポーツ4タイヤを組み込む

 先進・安全運転支援システムとしては、SUBARUの最新のEyeSight(アイサイト)をATモデルに標準で装備。プリクラッシュブレーキや全車速追従機能付クルーズコントロールなどの先進機能によって、安心で快適な移動をサポートする仕組みとした。

▲BRZ(写真・右)とGR86(同・左)が並んだ走行シーン。それぞれの個性を引き出した“異なる走りの味”を持たせることに注力する

 なお、新型BRZの日本での発売は、2021年夏ごろを予定している。

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報