ー 

7シーターのジャストサイズSUVのメルセデス・ベンツGLBに「GLB180」と「GLB200d 4MATIC」を新設定

Writer:大貫直次郎 

メルセデスのジャストサイズSUVのGLBにエントリーモデルの「GLB180」とディーゼルエンジン搭載の4輪駆動モデル「GLB200d 4MATIC」を追加

 メルセデス・ベンツ日本は2021年4月5日、7シーターのジャストサイズSUV のGLBにエントリーモデルの「GLB180」とディーゼルエンジン搭載の4輪駆動モデル「GLB200d 4MATIC」を追加し、同日に注文受付を開始した。車両価格はGLB180が530万円、GLB200d 4MATICが553万円に設定。ユーザーへの納車はGLB200d 4MATICが本年4月、GLB180が本年7月ごろを予定する。

▲メルセデス・ベンツGLB180 価格:7DCT530万円 全長4634×全幅1834×全高1706mm(欧州参考値) ホイールベース2830mm 乗車定員7名 パワーユニットに「M282」1331cc直列4気筒DOHC直噴ガソリンターボエンジン(136ps/200Nm)を搭載

 2モデルのパワートレインを見ていこう。
 まずGLB180は、パワーユニットにオールアルミ製の「M282」1331cc直列4気筒DOHC直噴ガソリンターボエンジンを搭載。ターボチャージャーには電子制御ウェストゲートを組み込み、フレキシブルな過給圧制御によって低負荷域においても最適な過給圧を設定する。最高出力は136ps/5500rpm、最大トルクは200Nm/1460~4000rpmを発生。トランスミッションには7G-DCT(電子制御式7速デュアルクラッチトランスミッション)を組み合わせ、前輪を駆動する。

▲メルセデス・ベンツGLB200d 4MATIC 価格:8DCT553万円 パワーユニットは「OM654q」1949cc直列4気筒DOHCコモンレール式直噴ディーゼルターボエンジン(150ps/320Nm)を搭載し、駆動システムには可変トルク配分型4WDの4マチックを採用する

 次にGLB200d 4MATICは、パワーユニットに「OM654q」1949cc直列4気筒DOHCコモンレール式直噴ディーゼルターボエンジンを搭載する。最高出力は150ps/3400~4400rpm、最大トルクは320Nm/1400~3200rpmを発生。トランスミッションには8G-DCT(電子制御式8速デュアルクラッチトランスミッション)を組み合わせる。そして、駆動システムには可変トルク配分型4WDの4マチックをセット。4輪駆動クラッチを制御する特性マップは3モードあり、一般的な走行状況における基本的な前後トルク配分比はドライブモード「ECO/コンフォート」で80:20、「スポーツ」では70:30、「オフロード」では4輪駆動クラッチがセンターディファレンシャルロックのように働き、基本トルク配分は均等に50:50に設定する。また、どのモードにおいても路面状況に応じて連続的にトルク配分比を変化させることで、常に最適な駆動力の伝達を可能とし、オンロードでの安定性および効率性とオフロードでの走破性を高次元で両立した。

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報