• TOP
  • 典雅な4タイプのボディカラーを纏ったBMW8シリーズ・グランクーペの特別限定車「コレクターズ・エディション」が登場

 ー 

典雅な4タイプのボディカラーを纏ったBMW8シリーズ・グランクーペの特別限定車「コレクターズ・エディション」が登場

Writer:大貫直次郎 

BMWの最上級ラグジュアリーモデルのBMW8シリーズ・グランクーペに、BMW Individual が誇る高品質ボディカラーとフルレザー・メリノ・インテリアを特別装備した期間限定車の「コレクターズ・エディション」を設定

 BMWジャパンは2021年4月8日、最上級ラグジュアリーモデルに位置するBMW8シリーズ・グランクーペに特別仕様車の「コレクターズ・エディション(Collector’s Edition)」をラインアップし、全国の正規ディーラーおよびBMWオンライン・ストアにおいて販売すると発表した。車両価格は1511万円に設定。販売期間は本年4月8日から6月末までの期間限定で実施する。

▲BMW 840iグランクーペ「コレクターズ・エディション」 価格:8SAT1511万円 ボディカラーには日本の洗練された美意識と響き合う4色を、BMW Individualの高品質なカラーから選択。写真は深みのある赤が印象深い「アヴェンチュリン・レッド」

 今回の特別仕様車は、2997cc直列6気筒DOHCツインパワーターボガソリンエンジン(340ps/500Nm)+電子制御8速スポーツオートマチックトランスミッション(ステップトロニック付)を搭載する840iグランクーペMスポーツをベースに、BMW Individualが誇る高品質ボディカラーやフルレザー・メリノ・インテリアなどを特別装備して、エレガントな美しさをいっそう際立たせたことが特徴である。なお、グレード名のコレクターズ・エディションは、「審美眼の高い日本のユーザーの芸術品コレクションの1つに加えてもらいたい」というメーカーの想いから命名している。

▲上質で洗練された雰囲気を醸し出す「ドラバイト・グレー」
▲鮮やかな青が外観を引き立てる「タンザナイト・ブルー」

 まず外装では、ボディカラーに日本の洗練された美意識と響き合う4色を、BMW Individualの高品質なカラーから選択したことが訴求点。具体的には、深みのある赤が印象深い「アヴェンチュリン・レッド」、上質で洗練された雰囲気を醸し出す「ドラバイト・グレー」、鮮やかな青が外観を引き立てる「タンザナイト・ブルー」、そして精悍さが際立つ専用特別色の「アズライト・ブラック」(21万円高)を設定する。合わせて、クローム・ライン・エクステリアとバイカラーの20インチMライトアロイホイール・マルチスポーク・スタイリング729M(前8J×20/後9J×20。タイヤは前245/35R20/後275/30R20サイズのランフラット) によるクロームのアクセントを配して、スタイリングの華やかさを強調した。

▲精悍さが際立つ専用特別色の「アズライト・ブラック」(21万円高)

 一方でインテリアについては、高品質なBMW Individualフルレザー・メリノをアイボリーホワイトのカラーリングで採用。また、ルーフライニングは同系色のアルカンターラで仕立てる。さらに、Mスポーツシートやファインライン・コッパーエフェクト・インテリアトリム、電動パノラマガラスサンルーフ、Bowers&Wilkinsダイヤモンド・サラウンド・サスンドシステム(1400W/16スピーカー/10チャンネルサラウンド)といった上級アイテムを標準で組み込んだ。

▲高品質なBMW Individualフルレザー・メリノをアイボリーホワイトのカラーリングで採用。日本導入モデルのハンドル位置は右
▲Mスポーツシートやファインライン・コッパーエフェクト・インテリアトリムを標準で装備する

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報