• TOP
  • あのナイトライダーに近づいた! 世界初レベル3自動運転車、ホンダ・レジェンドのホンダセンシング・エリートは、やはりすごい

 ー 

あのナイトライダーに近づいた! 世界初レベル3自動運転車、ホンダ・レジェンドのホンダセンシング・エリートは、やはりすごい

Writer:山本シンヤ Photo:HONDA

ホンダ・レジェンド・ホンダセンシング・エリート 価格:7DCT 1100万円(限定100台/リース販売) 新車ニュース

ホンダ・レジェンド・ハイブリッドEXホンダセンシング・エリート 高速道路の渋滞時などで自動運転を行うトラフィックジャムパイロット搭載 機能は世界最高峰 通算130万kmの実走テストを通じ信頼性を検証
ホンダ・レジェンド・ハイブリッドEXホンダセンシング・エリート 高速道路の渋滞時などで自動運転を行うトラフィックジャムパイロット搭載 機能は世界最高峰 通算130万kmの実走テストを通じ信頼性を検証

ついに自動運転の時代到来! レジェンドからクルマの常識が変わる

 自動車業界は「100年に一度の変革期」のまっただ中。電動化やコネクテッドと並ぶ、大きな要素が自動運転だ。世界初のレベル3自動運転を実現したホンダ・レジェンドが登場した。新しいレジェンドは、高速道路の渋滞時など一定の条件下で、システムがドライバーに代わって運転操作を行う。注目ポイントは、新搭載のホンダセンシング・エリートの自動運行装置、トラフィックジャムパイロット(渋滞運転機能)だ。

 渋滞時サポートと聞いて、「日産のプロパイロット2.0やSUBARUのアイサイトXと似たような機能でしょ?」と思うだろう。だが、これらとホンダセンシング・エリートは似て非なる物だ。その違いは「誰が運転操作を行うのか?」という点にある。
 現在、自動運転は5つのレベルに分類・定義されている。レベル1と2は、運転操作の主体はドライバーでシステムは支援に留まる。レベル3以上になると、システムが交通状況を監視するとともにドライバーに代わって運転操作を行う。レジェンドは、高速道路渋滞時など特定の走行条件下で、運転の主体がシステムに移行する。

 これまで自動運転技術は欧米が先行、日本は「遅れている!!」という意見も聞かれた。しかし、その裏で産官学が一体となった活動や、法律面の整備(改正道路交通法/改正道路運送車両法)が着々と行われてきた。その結果が、世界に先駆けた自動運転レベル3車発売である。

ハンズオフが可能な状況になるとステアリングなどに配置したブルーの表示灯が点灯
走行状況に応じて色が変化する表示灯をステアリング/ナビ画面上部/グローブボックスに配置 通常はグリーン 自動運転時などハンズオフ可能時はブルー(写真)に変化
渋滞解消時など自動運転が終了すると表示灯はオレンジに切り替わり注意を喚起 ドライバーに運転操作の再開を促す

自動運転時はすべてシステム任せ。DVD鑑賞が可能

 自動運転(=トラフィックジャムパイロット)は、高速道路や自動車専用道路でシステム起動中に渋滞(セット時は30km/h以下、作動領域は50km/h以下)に遭遇すると可能になる。具体的には、先行車の車速変化に合わせて車間距離を保ち同一車線内を走行(ステアリング操作を含む)/停車/再発進を行う。一連の操作はすべてクルマ側が担当。自動運転時、ドライバーは運転操作から解放される。ステアリングを握る必要も周囲の状況を注視する義務もない。

 とはいえ、すぐに運転に戻れるように〝運転操作が可能な状態〟を保つ必要はある。そのためリアルタイムでドライバーの顔の向きや目の開閉状況、動作を検知するドライバーモニターカメラが設置され、仮にドライバーがシステムからの操作要求に応じなかった場合には、左車線へ車線変更をしながら減速・停車を支援する「緊急時停車支援機能」が装備されている。

 不具合が生じた場合に、安全性を確保する対策は万全だ。サイバーセキュリティ対策、ソフトウェアアップデート、作動状態記録装置、外向け表示(自動運行装置を示すステッカー)を実施。ホンダは、約1000万通りのシミュレーションとテスト車両を用いた高速道路130万kmの実証実験を統計的に分析し、信頼性を検証した。

ハンズオフ制御時に渋滞に遭遇すると自動運転に移行 最高50km/hまで同一車線を走行
メーターは12.3インチフル液晶タイプ 写真はハンズオフ機能付き車線内運転支援時の表示
トラフィックジャムパイロット(自動運転)作動時 車両周囲の状況を表示する
自動運転終了時ドライバーに運転操作を要求 運転操作に応じない場合は体感警報を発する

ハンズオフ状態のまま自動的に追い越しを行う賢いシステム

 ホンダセンシング・エリートは、渋滞時以外は運転支援となる。アダプティブクルーズコントロール(ACC)/車線維持支援システム(LKAS)作動中に一定の条件を満たすとハンズオフでの車線内運転支援/車線変更支援が可能。車速の遅い前走車がいる時にシステムが周囲の状況を判断し「自動でウインカーを出す→車線変更→追い越し→自動でウインカーを出す→元の車線に復帰」という一連の動作を支援する高度車線変更支援を組み込んだ。関係者は「プロドライバーが操作しているかのようなスムーズな走り」と語る。

 システムの作動状態/走行状況/操作要求はフル液晶メーターと共にグローブボックス/ステアリング/ナビ画面(8→9インチに変更)上部に追加された表示灯で確認可能。エクステリアは前後にブルーアクセサリーランプと専用アルミが、自動運転車の識別点になる。
 価格は標準車の 375万円高となる1100万円。台数は限定100台でリース販売のみ。実験的要素は強いものの、ホンダセンシング・エリートを搭載したレジェンドは、自動運転社会にとっての大きな第一歩である。

ハンズオフ制御時に一定の条件が揃うとシステムが車線変更や追い越し操作を実施
全長×全幅×全高5030×1890×1480mmはハイブリッドEXと同値 車重2030kgは40kg増 ホンダセンシング・エリートを搭載した自動運転モデルの外観上の識別点は専用デザインの前後バンパー/前後のアクセサリーランプ/アルミホイール(ベルリナブラック塗装)
フロントエアダム部のブルーLEDがレベル3自動運転車の特徴 先進性を積極アピール
リアに「自動運転装置搭載車」を示す専用の国交省認定ステッカーを装着
車内のモニタリングカメラでドライバーの状況を見守り各種サポートを実施
自動運転時にドライバーは周囲の状況を注視する必要はない DVDなどが鑑賞できる

ホンダ・レジェンドEXホンダセンシング・エリート 主要諸元

グレード=EXホンダセンシング・エリート
価格=7DCT 1100万円(限定100台/リース販売)
全長×全幅×全高=5030×1890×1480mm
ホイールベース=2850mm
トレッド=フロント:1630×リア:1630mm
最低地上高=145mm
車重=2030kg
エンジン=3471cc・V6DOHC24V(プレミアム仕様)
最高出力=231kW(314ps)/6500rpm
最大トルク=371Nm(37.8kgm)/2600rpm
モーター最高出力=フロント:35kW(48ps)/3000rpm/リア:27kW(37ps)/4700rpm(1基当たり)
モーター最大トルク:フロント:148Nm(15.1kgm)/1500~2000rpm/リア:73(7.4kgm)/0~2000rpm(1基当たり)
WLTCモード燃費=12.4km/リッター(燃料タンク容量25リッター)
(WLTC市街地/郊外/高速道路:9.4/13.4/13.6km/リッター)
サスペンション=フロント:ダブルウイッシュボーン/リア:ウイッシュボーン
ブレーキ=前後:フロント:ベンチレーテッドディスク/リア:ディスク
タイヤ&ホイール=245/40R19+アルミ
駆動方式=4WD
乗車定員=5名
最小回転半径=6.0m

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報