ー 

悪路の走破性に磨きをかけたフィアット・パンダの特別仕様車「パンダ・クロス4×4」が限定発売

Writer:大貫直次郎 

SUVらしいワイルドなデザインに4×4システムと6速MTを採用したフィアット・パンダの215台限定モデル「パンダ・クロス4×4」が登場

 FCAジャパンは2021年4月13日、コンパクトカーのフィアット・パンダに特別仕様車「パンダ・クロス4×4(Panda Cross 4×4)」をラインアップし、4月24日に発売すると発表した。車両価格は263万円の設定で、販売台数は215台の限定だ。

▲フィアット・パンダ・クロス4×4 価格:6MT263万円 販売台数は215台限定。ボディカラーには特別色のモードグレーを採用する

 今回の特別仕様車は、通常モデルのパンダが有する独特の背高スタイルやコンパクトながら広々した室内空間をベースに、SUVらしさを演出する専用の外装パーツや悪路走破性を高める機能装備などを組み込んで、個性あふれるクロスオーバーSUVに仕立てたことが特徴である。

▲全長3705×全幅1665×全高1630mm ホイールベース2300mm 車重1150kg 乗車定員5名

 まずエクステリアでは、スキッドプレート風デザインを取り入れた専用デザインの前後バンパーやシルバー仕上げのルーフレール、CROSSロゴ入りサイドモールディングなどを特別装備。足もとには専用タイプの15インチ10スポークアルミホイール+175/65R15タイヤを装着する。ボディサイズは通常モデル比で50mm長く、20mm幅広く、80mm高い全長3705×全幅1665×全高1630mmに設定。ボディカラーには通常モデルで未設定のモードグレーを採用し、ライト回りやフェンダー回り、サイド下部などはコントラストが映えるブラックで仕立てた。

▲CROSSロゴ入りサイドモールディングを採用
▲シルバー仕上げのルーフレールを特別装備
▲足もとには専用15インチ10スポークアルミホイール+175/65R15タイヤを装着

 インテリアについては、ブラックを基調に随所にブラウンをあしらった専用の内装カラーを導入したことがトピック。また、CROSSロゴ入りの専用ファブリックシートや前席シートヒーター、ダストポーレンフィルター付フルオートエアコン、センターコンソール収納、ECOスイッチ(電動パワーステアリング、エンジン制御:ECO設定)などのアイテムを特別装備した。

▲ブラックを基調に随所にブラウンをあしらった専用の内装カラーを採用。日本導入モデルのハンドル位置は右
▲CROSSロゴ入りの専用ファブリックシートや前席シートヒーターを特別装備
▲ダストポーレンフィルター付フルオートエアコンを採用

 パワーユニットには875cc直列2気筒8Vマルチエア・インタークーラー付ターボエンジン(85ps/145Nm、ECOスイッチON時77ps/100Nm)を搭載。トランスミッションには、最終減速比を5.308にセットした6速MTを組み合わせる。そして、駆動システムには高い機動力を誇る4×4システムを採用。さらに、オート/オフロード/ヒルディセントコントロールが選択できるドライブモードセレクターを組み込み、合わせてアラーム式のリアパーキングセンサーを標準で採用した。

▲オート/オフロード/ヒルディセントコントロールが選択できるドライブモードセレクターを設定
▲アラーム式のリアパーキングセンサーを標準装備

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年12月号

  • ・新型レクサスNX
  • ・新型トヨタ・カローラクロスとライバル
  • ・特集 トヨタSUVワールド

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る