ー 

今秋デビュー予定の日産GT-R NISMO 2022年モデルが先行公開

Writer:大貫直次郎 

2022年モデルの日産GT-R NISMOと特別仕様車のGT-R NISMOスペシャルエディションが初公開。車両価格の発表は本年8月、発売は10月を予定

 日産自動車は2021年4月14日、2022年モデルのGT-R NISMOと特別仕様車のGT-R NISMOスペシャルエディション(Special edition)を先行公開した。車両価格の発表は本年8月、発売は10月を予定する。

▲先行公開された日産GT-R NISMOスペシャルエディション2022年モデル 車両価格の発表は本年8月、発売は10月を予定

 2022年モデルの特徴を見ていこう。まずボディカラーには、NISMO専用新色の「NISMOステルスグレー」を設定。また、NISMO専用カーボン製エンジンフード(NACAダクト付)やNISMO専用カーボン製ルーフ、NISMO専用カーボン製フロントバンパー、NISMO専用拡幅カーボン製フロントフェンダー(上部&後部アウトレットダクト付)、NISMO専用カーボン製サイドシルプロテクター、NISMO専用カーボン製リアバンパー(アウトレットダクト付)、NISMO専用カーボン製リアスポイラー、NISMO専用カーボン製トランクリッドなどを標準で組み込む。NISSANブランドロゴは、2020年7月発表の新タイプに刷新された。

▲2022年モデルはボディカラーにNISMO専用新色の「NISMOステルスグレー」を設定する
▲NISSANブランドロゴは2020年7月発表の新タイプに刷新される

 一方、スペシャルエディションにはクリア塗装のNISMO専用カーボン製エンジンフード(NACAダクト付)やレッドリム加飾の専用レイズ製20インチ鍛造アルミホイール(前10J×20/後10.5J×20)を特別装備。また、NISMO専用VR38DETT型3799cc・V型6気筒DOHC24Vツインターボユニットには高精度&高重量バランスエンジン部品(ピストンリング、コンロッド、クランクシャフト、フライホイール、クランクプーリー、吸気バルブスプリング、排気バルブスプリング)が組み込まれ、手組みの証として完成したエンジンに貼付する「匠」のネームプレートには専用カラーを施した。

▲GT-R NISMOスペシャルエディションはクリア塗装のNISMO専用カーボン製エンジンフード(NACAダクト付)を特別装備
▲足もとにはレッドリム加飾を施した専用レイズ製20インチ鍛造アルミホイールを配備
▲NISMO専用VR38DETT型3799cc・V型6気筒DOHC24Vツインターボユニットには高精度&高重量バランスエンジン部品が組み込まれる
▲手組みの証として完成したエンジンに貼付する「匠」のネームプレートにも専用カラーを施す

 インテリアについては、従来と同様に専用RECARO製カーボンバックバケットシートやアルカンターラ巻きステアリング(レッドセンターマーク付き)、NISMO専用カーボン調コンビメーターなどを採用。ドライビングに集中でき、かつ高揚感を高めるコクピットに仕立てている。

▲インテリアには従来と同様にアルカンターラ巻きステアリング(レッドセンターマーク付き)やNISMO専用カーボン調コンビメーターなどを採用する
▲専用RECARO製カーボンバックバケットシートを設定

 なお、今回の発表では、GT-R NISMOが日本マクドナルドとコラボレーションし、マクドナルドのお子さま向け人気メニューであるハッピーセットの「トミカ ハッピーセット」に、GT-R NISMOミニカーをラインアップするとアナウンス。GT-R NISMOのミニカーつきのハッピーセットは、本年4月30日より期間限定で販売する予定だ。

▲GT-R NISMOが日本マクドナルドとコラボレーション。ハッピーセットの「トミカ ハッピーセット」にGT-R NISMOミニカーをラインアップする

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報