ー 

マクラーレン市販モデル初のプラグインハイブリッド車「アルトゥーラ」がジャパンプレミア

Writer:大貫直次郎 

ハイパフォーマンスハイブリッド(HPH)を謳うマクラーレンの新世代ミッドシップスポーツ「アルトゥーラ」が日本デビュー。車両価格は2965万円~に設定

 マクラーレン・オートモーティブは2021年4月13日、ブランド初の市販プラグインハイブリッドモデル「アルトゥーラ(Arture)」を日本で初公開した。モデルレンジは標準仕様のほかに、スポーティで機能的な美しさを特徴とする「パフォーマンス」、テクニカルでラグジュアリーな要素を中心にした「テックラックス」、よりアバンギャルドで大胆なルックスの「ヴィジョン」という4種類をラインアップし、車両価格は2965万円~に設定。現在オーダーを受け付けており、ユーザーへの納車開始は2021年第3四半期を予定している。

▲ブランド初の市販プラグインハイブリッドモデルとなるマクラーレン・アルトゥーラ。車両価格は2965万円~に設定。基本骨格には新設計のマクラーレン・カーボン・ライトウェイト・アーキテクチャー(MCLA)を採用する

 ハイパフォーマンスハイブリッド(HPH)を謳うアルトゥーラは、刺激的なパフォーマンスに高度なドライビングダイナミクス、そしてEVモードでの走行が可能な環境性能を高次元で融合させた新進のスポーツカーである。

▲エクステリアは“シュリンクラップド(包装)”デザインで構成。ボディサイズは全長4539×全幅1913×全高1193mm/ホイールベース2640mm、車重は1395kg(乾燥重量。DIN車両重量で1498kg)

 基本骨格には新設計のマクラーレン・カーボン・ライトウェイト・アーキテクチャー(MCLA)を初採用。軽量かつ高剛性に仕立てたボディはカーボンファイバーモノコックと前後スーパーフォームド(成形)アルミニウムで構成し、「機能のためのフォルム」というデザイン理念から生まれた曲面構成の“シュリンクラップド(包装)”デザインを導入する。ボディサイズは全長4539×全幅1913×全高1193mm/トレッド前1650×後1613mm/ホイールベース2640mm、車重は1395kg(乾燥重量。DIN車両重量で1498kg)に設定した。

▲ミッドシップ配置のパワートレインにはM630型2993cc・V型6気筒DOHCツインターボエンジン(585ps/585Nm)+電動モーター(70kW/225Nm)を搭載。システム総出力は680ps/720Nmを誇る。外部充電が可能なフロア下配置のリチウムイオンバッテリーは総電力量 7.4kWhを確保

 ミッドシップ配置のパワートレインには、M630型2993cc・V型6気筒DOHCツインターボエンジン(585ps/585Nm)+電動モーター(70kW/225Nm)を搭載。システム総出力はマクラーレンのV8ツインターボユニットに匹敵する680ps/720Nmを誇る。トランスミッションにはツインクラッチの8速SSGを組み合わせ、マクラーレン初の電子制御ディファレンシャルを装備したうえで後輪を駆動。外部充電が可能なフロア下配置のリチウムイオンバッテリー(5モジュール)は総電力量 7.4kWhを確保し、同時にユニット重量を88kgと軽量に収める。また、電気系統を可能な限りシンプルな配線とし、さらにモーター重量を15.4kgに抑えて、ハイブリッドコンポーネントの総重量を約130kgにとどめた。性能面では、0→100km/h加速3.0秒、最高速度330km/hを実現。また、モーターのみの航続距離は30km、最高速度は130km/hを達成し、CO2排出量は129g/km(欧州WLTP複合モード)を成し遂げる。充電に関しては、一般的なEVSEケーブルを使用した際に約2.5時間で80%の充電可能だ。一方、走行モードとしては電気のみを使用するEモードのほか、エンジンとモーターを走行状況に応じて最適制御するComfortモード、低速域のレスポンスと加速の向上のために電力をより積極的に活用(トルク・インフィルと呼称)するSportモード、サーキット走行などに向けたTrackモードという4パターンを設定している。

▲ドアは前部にある固定されたヒンジを軸に上方に開くシザーズタイプ。足回りには専用セッティングのプロアクティブダンピングコントロール(PDC)を装備する

 シャシー面に関しては、前デュアルウィッシュボーン式/後アッパーウィッシュボーン+ロワマルチリンク式で構成し、専用セッティングのプロアクティブダンピングコントロール(PDC)を装備。タイヤには前235/35ZR19 91Y/後295/35ZR20 105YサイズのピレリP-ZERO CORSAを装着したうえで、空気圧を監視してタイヤのパフォーマンスを最適化するピレリCyber Tyreシステムを組み込む。一方、制動機構にはカーボンセラミックディスクブレーキ(ディスク径は前390mm/後380mm)と軽量なアルミニウム製キャリパーを装備した。

▲インテリアは従来のマクラーレン車以上にドライバーを中心とした、ステアリングから手を離さずに主要コントロールの操作が可能なレイアウトで構成

 内包するインテリアは、従来のマクラーレン車以上にドライバーを中心とした、ステアリングから手を離さずに主要コントロールの操作が可能なレイアウトで構成する。メーターナセルやセレクターはステアリングコラムと組み合わせて配置し、コラムと連動した調整が可能。また、操作スイッチ類はメーターナセル周囲とコラム部に配し、ステアリング自体は操舵に集中するためのシンプルなデザインで仕立てる。さらに、8インチHDタッチスクリーンなどの新インフォテインメントシステムにより先進運転支援システム(ADAS)の導入が可能となったほか、スマートフォンのミラーリング機能も装備。最新のインターネット接続システム(MISⅡ)も組み込んだ。一方でシートについては、高さや背もたれの調節時にシート全体が一体となって楕円の弧を描いてピボットする新しいクラブスポーツシートを設定。オプションでコンフォートシートの選択も可能だ。また、カーボンファイバー製シェルやダッシュボードを採用し、合わせてドアをスリムにデザインして、キャビン空間の余裕を創出した。

▲高さや背もたれの調節時にシート全体が一体となって楕円の弧を描いてピボットする新しいクラブスポーツシートを装着

 ADASに関しては、ストップ&ゴー機能付きインテリジェントアダプティブクルーズコントロールやレーンデパーチャーウォーニング、自動ハイビームアシスト、ロードサインレコグニションなど、最新の機構を設定。また、オーバー・ジ・エア(OTA)によるソフトウェアのアップデートも可能としている。

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年11月号

  • ・新型SUBARUレガシィ・アウトバック
  • ・Driving Report Special 新型トヨタ・ランドクルーザー、ライバル比較付き
  • ・SPECIAL FEATURE 国産スポーツ新世界

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る