• TOP
  • 「注目モデル試乗」ハイテク技術搭載プラグイン! いま、三菱のPHEVが時代をリードする理由

 ー 

「注目モデル試乗」ハイテク技術搭載プラグイン! いま、三菱のPHEVが時代をリードする理由

Writer:西川淳 Photo:小久保昭彦

三菱エクリプスクロスPHEV(価格:384万8900〜447万7000円)/アウトランダーPHEV(価格:393万9100〜529万4300円) 試乗記

三菱のPHEVはクーペイメージのエクリプスクロスPHEV(写真前方)と上級グランドツアラーという性格のアウトランダーPHEV(写真後方)の2車種 2モーターユニット+ガソリンエンジンと4WD(SーAWC)を組み合わせたメカニズムは両車共通
三菱のPHEVはクーペイメージのエクリプスクロスPHEV(写真前方)と上級グランドツアラーという性格のアウトランダーPHEV(写真後方)の2車種 2モーターユニット+ガソリンエンジンと4WD(SーAWC)を組み合わせたメカニズムは両車共通

電動化は世界的な必然。いま選ぶべきはプラグインHVだ!

 世間は「クルマの電動化」に関する話題で持ちきりだ。拙速な情報が多く、バッテリーEV(BEV)時代がすぐにでも到来するように錯覚させる。地球環境を考えると電動化は必然であることは間違いない。とはいえ、それには相応の時間が必要だ。実際、BEVに興味はあるが、脆弱な充電インフラを考えるとちょっと、と二の足を踏んでいる読者は多いだろう。

 現時点での最適解は、プラグインハイブリッド車(PHV)だ。通常はEVとして走り、電欠の心配がないプラグインハイブリッドシステムこそが最も合理的なパワートレーンである。日常ユースからロングドライブまで、すべての使用シーンで満足度の高いエコカーとして、PHVは理想的だ。

三菱のPHEVは日常ユースをEVとして走り、しかも電欠の心配のない理想的な存在

三菱のPHEVがライバルを圧倒するには裏付けがある!

 各社さまざまなPHVの中で、とくに優れた技術を誇るのが三菱である。「PHV」ではなく「PHEV」を名乗るだけに、その本質はエンジンを「備えたEV」。システムは前後アクスルに高出力電気モーターを1基ずつ置き、駆動方式は4WD。駆動用リチウムイオンバッテリーをフロア下に配し、2.4リッターの高効率アトキンソンサイクルエンジンをフロントに積む。

 満充電でほぼ60km、BEVとして使えるから、日常の近距離使用はガソリンなしで走れる。そしてバッテリー残量が減ってくればエンジンを発電機として使用するシリーズ走行モードへ移行。加速時や上り坂でも同様だ。また、高速走行時などの追い越しで、より力がほしいときにはエンジンパワーがフロントの駆動を担い、リアモーターが補佐するパラレル走行モードも活用する。

 三菱は電動ユニット+ガソリンエンジンを持ち前の4WD技術と組み合わせ、すべてを統合制御するという、極めて高度な技術をすでに実用化しているのだ。2013年にアウトランダーに搭載するや一躍、昨年までの世界で最多の累計販売台数を誇るPHVとなった。三菱の「伝家の宝刀」というべきPHEVシステムが、待望のエクリプスクロスに搭載された。

三菱アウトランダーPHEV・P 価格:447万7000円 2020年12月の改良を機にPHEV新登場
走りはEV感覚 滑らかで力強く圧倒的に静か ロングクルーズでも疲れしらずの快適性

エクリプスクロスにPHEV新登場! すべてが新鮮なキャラクター

 新しいエクリプスクロスを見て、驚いた。さらにハンサム&スマートに変身していたからだ。従来からスペシャルティクーペのような雰囲気だったが、新型のフロントマスクはいちだんと存在感を増し、リアセクションはクーペフォルムをより強調するデザインに変更。PHEVの先進イメージにふさわしいルックスに進化していた。

 走りは期待どおりだった。ツインモーター+4WD技術S-AWCという構成は、兄貴分のアウトランダーと同じ。特徴は路面や走行状況に応じて5種ものドライブモードが選べる点。中でも「ターマック」が選べるのがポイントだ。
 まずはゆっくりと走り出してみる。車重は約1.9トンと重量級。だが、まるで車重を感じさせない加速フィールだ。滑らかで、しかも力強い。モーターで走るEV独特のレスポンスは気持ちよく、圧倒的に静か。エンジンが始動しても、静粛性はそのまま。無粋な唸り音は聞こえてこない。乗り心地もよく、すべての動きが洗練されていた。車体の重心が低く、前後重量配分にも優れるため、ライバルSUVとは一線を画す乗り味が堪能できる。さすがは三菱だ。

エクリプスクロスの満充電時のEV走行距離は57.3km 最新モデルのスタイリングは精悍
充電は急速と普通に対応 全国の充電スポットが利用できる 急速時約25分で80%充電可能
モーター(フロント82ps/リア95ps)+2359cc直4DOHC16V(128ps)でシステムを構成 駆動用バッテリー容量は13.8kWh 床下に搭載する低重心設計 EV走行が基本
エクリプスクロスのインパネはダイナミック シルバー加飾がスポーティな雰囲気 Pは8インチスマートフォン連携ナビ標準 視界はワイド

走り愉快・痛快! 三菱PHEVは給電と蓄電にも威力発揮する

 愉快だったのが「ターマック」モード。ターマックとは舗装路のこと。走行状況に応じて4輪の駆動力を自在に制御する三菱独自のS-AWCの効果で、ドライバーの思いどおりに面白いように曲がっていく。しかも安定感が高く、SUVを駆っていることを忘れそうになる。

 エクリプスクロスPHEVの走りは、スタイリング同様にスポーティな味付け。大人のグランドツーリングSUVといった雰囲気のアウトランダーPHEVとは、はっきりと違う。同じシステムを搭載しながらも、キャラクターをそれぞれ際立たせた点は見事だ。

 もうひとつ、三菱PHEVの大きなメリットを記しておこう。それは給電と蓄電だ。最大出力1500WのACコンセントがあり、通常の電気製品が使える。また、一般家庭の約1週間分、家庭とつなぐV2H機器を介せば、最大10日分相当の蓄電能力を持つ。
 日常から非常時まで、オールマイティなSUVである。先進性、環境性能、走り味、快適性、これら、すべての面で高い満足感が得られる。

本革シート(op20万9000円)は座り心地に優れた上質仕様 室内スペースは前後とも余裕たっぷり 室内長1890mm
荷室は広い 最大長1540mm 後席を立てた状態で9.5インチゴルフバッグが3個積める
三菱のPHEVは1500WのACコンセント装備 災害などで停電した時には電気製品の動力源として生活を支援 V2H機器を経由すると一般家庭約10日分の電力が供給可能

三菱エクリプスクロスPHEV・P 主要諸元と主要装備

グレード=PHEV・P
価格=447万7000円
全長×全幅×全高=4545×1805×1685mm
ホイールベース=2670mm
トレッド=フロント:1540/リア:1540mm
最低地上高=185mm
車重=1920kg
エンジン=2359cc直4DOHC16V(レギュラー仕様)
最高出力=94kW(128ps)/4500rpm
最大トルク=199Nm(20.3kgm)/4500rpm
モーター最高出力=フロント:60kW(82ps)/リア:70kW(95ps)
モーター最大トルク=フロント:137Nm(14.0kgm)/リア:195Nm(19.9kgm)
WLTCモードEV走行換算距離=57.3km
WLTCモードハイブリッド燃費=16.4km/リッター(燃料タンク容量43リッター)
(市街地/郊外/高速道路:15.7/16.8/16.5km/リッター)
サスペンション=フロント:ストラット/リア:マルチリンク
ブレーキ=フロント:ベンチレーテッドディスク/リア:ディスク
タイヤ&ホイール=225/55R18+アルミ
駆動方式=4WD
乗車定員=5名
最小回転半径=5.4m
●主な燃費改善対策:可変バルブタイミング/アイドリングストップ/プラグインハイブリッド/電動パワーステアリング
●主要装備:S-AWC/AYC(アクティブヨーコントロール)/ASC(アクティブスタビリティコントロール)/e-Assist(衝突被害軽減ブレーキ+車線逸脱警報+レーダークルーズコントロール+オートマチックハイビーム+前後誤発進抑制機能+後側方車両検知警報+後退時車両検知警報)/LEDヘッドライト/LEDデイタイムランニングランプ/グロスブラックフロントグリル/前後スキッドプレート/ルーフスポイラー/ハイコントラストメーター/ヘッドアップディスプレイ/ドライブモードセレクター/本革巻きステアリング/回生レベルセレクター(パドル式)/フルオートAC/スエード調素材&合成レザーコンビシート/運転席パワーシート/前席シートヒーター/スマートフォン連携ナビゲーション/寒冷地仕様/自動防眩ルームミラー/100V・AC電源(1500W)/充電機能(普通+急速充電+充電口ロック)/充電口照明
●装着メーカーop:ルーフレール+電動パノラマサンルーフ15万9500円/本革シート+助手席電動調節機能+後席シートヒーター20万9000円/ミツビシパワーサウンドシステム(8スピーカー)9万3500円/三菱リモートコントロール5万5000円/電気温水式ヒーター11万円
●ボディカラー:ホワイトダイヤモンド(op7万7000円)
※価格はすべて消費税込み リサイクル費用は1万140円
※三菱エクリプスクロスPHEVとアウトランダーPHEVは全グレードCEV補助金の対象です

アウトランダーPHEV・Gプレミアムパッケージ 価格:499万1800円 アウトランダーPHEVはワールドワイドで高い支持を集めるベストセラーPHV 満充電時のEV走行距離は57.6km 走り味は大人のグランドツーリングカーのイメージ 快適性&静粛性は特筆レベル ラインアップは全4グレード構成 写真のGプレミアムパッケージは本革シート標準の上級モデル 全長×全幅×全高4695×1800×1710mm

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年9月号

  • ・新型フェラーリ296GTB
  • ・新型ロータス・エミーラ
  • ・最新 12テーマ ランキング大公開 2021上半期ベストモデル

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る