ー 

【速報】トヨタの新しい電気自動車、新型bZ4Xコンセプトを中国・上海モーターショーで初披露

Writer:カー・アンド・ドライバー編集部 

トヨタは上海モーターショーで電動車のフルラインアップ化の一環として新EVシリーズ「TOYOTA bZ」を発表。

第一弾となるTOYOTA bZ4Xのコンセプトを初披露した。

トヨタは2025年までにbZシリーズ7車種を含むEV15車種をグローバルで導入することをあわせて発表した。

新EVシリーズ「TOYOTA bZ(トヨタ ビーズィー)」のシリーズ第一弾となる「TOYOTA bZ4X(トヨタ ビーズィーフォーエックス)」コンセプトは、SUBARUとの共同開発によるSUVタイプのEV。トヨタ、SUBARUで共同開発したe-TNGA EV専用プラットフォームを採用。電動化を得意とするトヨタと、すぐれたAWD技術を持つSUBARUが互いに強みを持ち寄り、快適かつ楽しめる走りを実現するEVとして完成させた。

TOYOTA bZ4Xは、日本と中国での生産を予定しており、2022年年央までにグローバルでの販売を開始する計画。

インテリアは特徴的なステアリングが目を引く。

操舵時に持ち変える必要がなく、広々としたスペースの演出にも寄与する異形ステアリングホイールと、スムーズな運転感覚をもたらすステアバイワイヤを採用。

低いインストルメントパネルやステアリングホイール上方に配置したメーターによる開放感や視認性の向上とともに、更に安心・安全なドライビングに貢献するという。

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報