ー 

日産リーフが仕様変更を実施。合わせて新グレード「アーバンクロム」を設定

Writer:大貫直次郎 

日産のピュアEVのリーフが内外装を一部仕様向上。上質感漂うスタイルに仕立てた新グレードの「アーバンクロム」も追加

 日産自動車は2021年4月19日、“ニッサン インテリジェント モビリティ”の象徴であるリーフの商品改良を行い、今夏に発売すると発表した。

▲日産リーフ・アーバンクロム 価格:411万8400円 全長4480×全幅1790×全高1560(可倒式ルーフアンテナ装着時1540)mm ホイールベース2700mm 車重1520kg 乗車定員5名

車種展開は以下の通り。
■バッテリーサイズ40kWh
S:332万6400円
X:382万5800円
X・Vセレクション:406万3400円
G:419万3200円
NISMO:429万8800円
アーバンクロム:411万8400円
■バッテリーサイズ62kWh
e+X:441万7600円
e+G:499万8400円
e+アーバンクロム:471万200円

 今回の商品改良は、内外装の一部仕様向上や新グレード「アーバンクロム」の追加設定などがメインメニューだ。

▲新設定のアーバンクロムは漆黒フロントグリル(写真・上)やブラックカラーのサイドターンランプ付電動格納式リモコンブラックドアミラー(同・下)を専用装備

 新設定の「アーバングレード」から見ていこう。
 ベースモデルはX・Vセレクションおよびe+Xグレードで、外装には漆黒フロントグリルやブラックカラーのサイドターンランプ付電動格納式リモコンブラックドアミラー(ドアロック連動格納機能付)、17インチダークアルミホイール(タイヤは215/50R17 91V)などを専用装備して、従来グレードとはひと味違う上質でシックなスタイルを創出。一方、内装ではエアコン吹き出し口にシルバーフィニッシャーの加飾を施すなど、細部にまでこだわったデザインに仕立てた。

▲足もとには専用17インチダークアルミホイール+215/50R17 91Vタイヤを装着
▲エアコン吹き出し口にシルバーフィニッシャーの加飾を施す

 シリーズ全体の仕様向上に関しては、ボディカラーにバーガンディー/スーパーブラックと暁-アカツキ-サンライズカッパー/スーパーブラックという2タイプの2トーンカラーを追加したことがトピック。また、新ブランドロゴへの刷新やVモーショングリルのブラック化なども実施した。

▲ボディカラーにバーガンディー/スーパーブラック(写真・上)と暁-アカツキ-サンライズカッパー/スーパーブラック(同・下)という2タイプの2トーンカラーを追加設定

 内包するインテリアは、新たにJIS/ISO規格に沿って抗菌効果が実証された素材を使用した抗菌仕様シートや抗菌仕様ステアリングなどをX系グレード、XV系グレード、G系グレード、アーバンクロムに標準装備したことが訴求点。また、プラズマクラスター技術搭載フルオートエアコンや高性能フィルター(花粉・におい・アレルゲン対応タイプ)を設定して、快適性をいっそう向上させた。

▲JIS/ISO規格に沿って抗菌効果が実証された素材を使用した抗菌仕様シートや抗菌仕様ステアリングなどをX系グレード、XV系グレード、G系グレード、アーバンクロムに標準装備
▲プラズマクラスター技術搭載フルオートエアコンを設定

 パワートレインは基本的に従来と共通で、標準仕様に110kW/320Nmを発生するEM57型モーターと総電力量40kWhの駆動用リチウムイオンバッテリー、e+モデルに160kW/340Nmを発生するEM57型モーターと総電力量62kWhの駆動用リチウムイオンバッテリーを搭載している。

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年9月号

  • ・新型フェラーリ296GTB
  • ・新型ロータス・エミーラ
  • ・最新 12テーマ ランキング大公開 2021上半期ベストモデル

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る