• TOP
  • 「最新モデル試乗」オーダーストップは悲しすぎる! ホンダS660モデューロXバージョンZは日本の宝物

 ー 

「最新モデル試乗」オーダーストップは悲しすぎる! ホンダS660モデューロXバージョンZは日本の宝物

Writer:河村康彦 Photo:小久保昭彦

ホンダS660モデューロXバージョンZ 価格:6MT 315万400円 試乗記

ホンダS660モデューロX・バージョンZ 2023年3月に生産を終了するS660の「究極バージョン」 S660は注文が殺到 残念ながらすでにオーダーストップ状態 新車で手に入れるのは難しい
ホンダS660モデューロX・バージョンZ 2023年3月に生産を終了するS660の「究極バージョン」 S660は注文が殺到 残念ながらすでにオーダーストップ状態 新車で手に入れるのは難しい

なぜS660は、生産が終了するのか? その理由

 軽自動車は、税制や道路通行料金などに恩恵が与えられる一方で、ボディサイズや排気量に厳しい制約が課されている。S660は日本固有の枠組みの中で、2シーターのミッドシップという大胆なレイアウトを採用、スーパーカーを彷彿させる魅惑のスタイリングにまとめ上げたモデルだ。2015年春にデビューした。

 見ても乗ってもゴキゲンな「日本の宝もの」のS660に、今年3月、突然の「悲報」が届いた。厳しさを増す安全性や環境性能への適合が困難な状況から、「生産を2022年3月で終了する」と発表されたのだ。
 正確に記せば、各種のレギュレーションに合致させることは、技術的には不可能ではないはず。問題は、現在の時代状況である。多額のコストと開発マンパワーをそこに費やす選択が、合理的であるか否かだ。「環境性能向上のための電動化」という動きが一気に加速する中、わずかな販売台数しか見込めない「趣味のクルマ」のために、開発リソースを割くことが困難なのは、自明である。

 S660のマーケットは日本国内のみ。もし海外市場もターゲットにした、「S900」や「S1000」として開発されていれば、その運命はまた違うものとなっていたのかもしれない……。

写真のソニックグレーパールはバージョンZ特別色 足回りは5段階減衰力ダンパーを装備した専用セッティング ブレーキはドリルドディスク仕様 レッドアクセントがレーシー
658cc直3DOHC12Vターボ 64ps/6000rpm 104Nm/2600rpm エンジンは標準モデルと共通 レッドゾーン7700rpm以上
アルミはスーパーGT参戦マシン用と共通イメージ タイヤは前後異径アドバン・ネオバ

「究極のS660」、モデューロXバージョンZの価値

 ホンダが忸怩たる思いで、誕生から「わずか6年」で生産終了する決断を下したことは容易に想像がつく。しかし悲しいニュースだけではなかった。じつに魅力的な「置き土産」を残してくれたのだ。開発陣が「究極のS660」と語るモデューロXバージョンZである。

 ネーミングが示すように、ベース車はホンダの100%子会社、ホンダアクセスが手掛けたS660モデューロXというコンプリートスポーツ。「究極」を目指したというバージョンZは「さらにストイックなスポーツの世界観を表現」するため、シックな専用ボディカラーとホイールやエンブレムのブラック化で「特別感」を強調。内装はカーボン調パネルを採用するなど、300万円超という価格に見合う「大人のスポーツモデル感」を実現した。

 機能面も充実している。街乗りシーンから実感できる実効空力を獲得するために、床下まで入念に整流された専用の空力デザインや、5段階の可変減衰力ダンパーを採用したサスペンション、スピニング製法を用い、横力が入った際の「しなり」をコントロールすることで接地面圧を高めたアルミホイールなど本格派だ。ブレーキはドリルドローターとスポーツパッドで強化した。いずれもモデューロXに採用実績があり、完成度の高さはすでに確認済み。「ベースのモデューロXに準じた」バージョンZの走りには期待が高まる。

フロントグリルはブラック仕上げ バンパーはボディ下面の空気を整流するエアロ形状
ロールトップはボルドーレッド 取り外すと爽快なオープンエアが楽しめる
リアスポイラーはガーニーフラップ付きアクティブ式 高速時に上昇
リア回りは実用速度域から効果を実感できる空力デザイン 排気エンドパイプは中央配置

すべてが本格スポーツの味わい、ドライビングが楽しい!

 バージョンZをサーキットでテストドライブした。
 エンジンは通常カタログモデルと共通。「究極」を目指したとはいえ「64psまで」という最高出力の自主規制の影響で、エンジン回転数の上昇に伴ってターボブースト圧が早期に頭打ちを迎える。「どうにも実力を出し切っていない」という感触を伴うのは、相変わらず残念。
 一方、手首の動きで決まるシフトフィールはいかにも「スポーツカーを操っている」という感覚だし、ブレーキは連続で周回を重ねてもペダルタッチと制動感が変わらないタフネスぶり。「本格スポーツカー」ならではのゴキゲンなテイストをたっぷり味わえた。

 ハンドリングは素晴らしい。ミッドシップながらもリアの接地感がすこぶる高く、コーナー頂点でさらにステアリングを切りこんでいく気になる。ここも、「本格度」の高さにつながっている。コースには意図的に散水ポイントが設定されていたが、ウエット路面でも危機感は少なかった。このあたりが、単なるドレスアップモデルに留まらないモデューロXの真髄だ。
 残念なことに、モデューロXバージョンZだけでなく、S660全体が生産終了の報が流れた後に注文が殺到。たちまちにして、受注上限台数に達してしまったという。多くのユーザーが「もうこんなモデルは現れないのでは」という思いで、居ても立っても居られずにオーダーしたのだろう。2021年は「F1参戦終了」とともに、まだ上半期にして残念なニュースが続いてしまった。

室内はボルドーレッドを大胆にあしらった上質仕様 高価格モデルにふさわしいイメージ ステアリングは操作性に優れた本革とアルカンターラのコンビ仕様
シートは本革とラックススェードで仕上げたスポーツ形状 サポート性良好 ロールトップを外した状態の開放感は抜群 風の巻き込みは軽微
メーターはモデューロXのロゴ入り 回転計を中央にレイアウト 速度計はデジタル
バージョンZは6MTのみ シフトフィールは軽快 ノブはチタン製 シフトブーツにはグレーのステッチが入る
走りは本格スポーツ 中でもハンドリングは素晴らしい S660はホンダらしい「走り」を追求 復活を期待する

ホンダS660モデューロXバージョンZ 主要諸元と主要装備

グレード=モデューロX・バージョンZ
価格=6MT 315万400円
全長×全幅×全高=3395×1475×1180mm
ホイールベース=2285mm
トレッド=フロント:1300/リア:1275mm
車重=830kg
エンジン=658cc直3DOHC12Vターボ(レギュラー仕様)
最高出力=47kW(64ps)/6000rpm
最大トルク=104Nm(10.6kgm)/2600rpm
WLTCモード燃費=20.6km/リッター(燃料タンク容量25リッター)
(市街地/郊外/高速道路:16.0/21.6/22.7km/リッター)
サスペンション=前後ストラット
ブレーキ=前後ディスク
タイヤ&ホイール=フロント:165/55R15/リア:195/45R16+アルミ
駆動方式=MR
乗車定員=2名
最小回転半径=4.8m
●主な燃費改善対策:可変バルブタイミング/電動パワーステアリング
●バージョンZ特別装備:ブラックエンブレム/ステルスブラック塗装アルミ/専用アクティブスポイラー/カーボン調インテリアパネル/専用ドアライニングパネル/アルミ製コンソールプレート/ロゴ入りシートセンターバッグ
●主要装備:軽量アルミ/専用サスペンション(5段階減衰力調整機構付き)/ディスクロータードリルドタイプ/スポーツブレーキパッド/グリル一体型フロントバンパー/LEDフォグランプ/ブラックドアミラー/ボルドーレッドロールトップ/ガーニーフラップ付きアクティブスポイラー/リアロアバンパー/スポーツレザーシート(本革+ラックススェード)/アルカンターラ&本革巻きステアリング/チタン製シフトノブ/専用サイドブレーキカバー/ボルドーレッド・インパネソフトパッド/専用フロアカーペットマット/アジャイルハンドリングアシスト/前後異径専用タイヤ(ADVAN NEOVA)/260mm径前後ディスクブレーキ/ミッドモード付きフルオートAC/シートヒーター/ステンレス製スポーツペダル
●ボディカラー:ソニックグレーパール
※価格はすべて消費税込み リサイクル費用は8080円 ※燃費データはαグレードの数値

S660ネオクラシック ホンダアクセスがデザインしたS660カスタムモデル 東京カスタムカーコンテスト2016でグランプリを獲得したプロトタイプの市販版 ボディパーツとライトがセットになったキットをベース車に架装する キット価格は132万円(塗装・装着費用別/2021年5月31日・受付終了)

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報