• TOP
  • オーストラリア発のサーフブランドとコラボレートしたシトロエンC3エアクロスSUVの特別仕様車が日本上陸

 ー 

オーストラリア発のサーフブランドとコラボレートしたシトロエンC3エアクロスSUVの特別仕様車が日本上陸

Writer:大貫直次郎 

シトロエンが人気コンパクトSUVのC3エアクロスSUVにサーフブランドのリップカールとのコラボから生まれた特別仕様車「サーフエディション・バイ・リップカール」を新設定

 グループPSAジャパンは2021年4月30日、シトロエンのコンパクトSUVのC3エアクロスSUVに特別仕様車の「C3エアクロスSUV・サーフエディション・バイ・リップカール(C3 AIRCROSS SUV SURF EDITION by RIP CURL)」をラインアップし、5月1日より発売した。車両価格は305万9000円に設定する。

▲シトロエンC3エアクロスSUV・サーフエディション・バイ・リップカール 価格:6SAT305万9000円 全長4160×全幅1765×全高1630mm ホイールベース2605mm 車重1290kg 乗車定員5名 リップカール・アルマイト・オーカー・カラー(マットイエロー)で彩ったヘッドライトユニットベゼル&ドアミラーを特別装備

 今回の特別仕様車は、オーストラリア発の有名サーフブランドのリップカール(RIP CURL)とコラボレートして開発。シトロエンとリップカールという2つのブランドに共通する、ウェルビーイング、レジャー、そして“ここではないどこか”へと人を誘うエスケープというエレメントを、人気BセグメントSUVのC3エアクロスSUVを使って大胆に表現したことが特徴だ。ちなみに、シトロエンとリップカールは5年あまりに渡って提携を続けているが、そのコラボモデルが日本に投入されるのは初である。

▲グリ アルタンスのボディカラーにノアール ペルラネラのルーフおよびルーフレールを採用。リップカールステッカーをフロントドアとリアクォーターパネルに配する

 まず外装色には、グリ アルタンスのボディカラーにノアール ペルラネラのルーフおよびルーフレールを採用。ここに、サーフィンの世界で見られる砂丘や太陽の光からインスピレーションを得たリップカール・アルマイト・オーカー・カラー(マットイエロー)で彩ったヘッドライトユニットベゼル&ドアミラーを組み込む。また、足もとの16インチブラックアロイホイールのセンター部にもイエローのアクセントを配備。さらに、リップカールステッカーをフロントドアとリアクォーターパネルに特別装備した。

▲16インチブラックアロイホイールのセンター部にはイエローのアクセントを配備

 内包するインテリアには、専用のダークグレーファブリックにブラックテップレザーとマットイエローのアクセントを入れ、エクステリアと呼応するかのようにグラフィカルに仕上げたシート表皮を採用。また、通常モデルではファブリック張りとなるダッシュボードはダークグレーのテップレザーを張り、タフなイメージをより強調した。

▲上質な風合いのテップレザーダッシュボードを標準で採用。日本導入モデルのハンドル位置は右
▲マットイエローのアクセントを入れたブラックテップレザー&グレーファブリック・コンビネーションシートを装着

 機能面では、アドバンスドグリップコントロール(ヒルディセントコントロール付き)を標準で組み込んだことがトピック。サンドモードを選ぶことで、サーフスポットまでの移動をいっそう確実なものとした。パワートレインは基本的にベース車と共通で、進化版の“PureTech”1199cc直列3気筒DOHC直噴ガソリンターボエンジン+EAT6(6速AT)を搭載している。

▲サーフスポットまでの移動をより確実なものとするグリップコントロール(ヒルディセントコントロール付き)を標準で装備

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報