ー 

BMW X1・xドライブ18dが仕様変更を実施して商品力を引き上げ

Writer:大貫直次郎 

BMWの人気コンパクトSUVのX1・xドライブ18dが装備内容を拡充。X1シリーズ全体のラインアップ見直しも実施

 BMWジャパンは2021年4月30日、コンパクトSUVのX1・xドライブ18dの仕様変更を実施し、合わせてX1シリーズ全体のラインアップ見直しを図って、同日より発売した。

車種展開は以下の通り。
X1・sドライブ18i・xライン:467万円
X1・xドライブ18d・xラインEdition Joy+:503万円
X1・xドライブ18d・xライン:528万円
X1・xドライブ18d・MスポーツEdition Joy+:521万円
X1・xドライブ18d・Mスポーツ:546万円

▲BMW X1・xドライブ18d・xライン 価格:8SAT528万円 全長4455×全幅1820×全高1610mm ホイールベース2670mm 乗車定員5名 ドライビングアシスト・プラスやACC/アクティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付)などを標準装備化する

 今回のX1・xドライブ18dの仕様変更は、人気の高いオプション装備品を標準装備化し、同時に魅力的な新価格に据えて商品力をアップさせたことが特徴である。
 装備に関しては、機能面の向上を図るアイテムをメインに採用。具体的には、ドライビングアシスト・プラス、ACC/アクティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付)、電動フロントシート(運転席メモリー機能付)、オートマチックテールゲートオペレーション(オープン/クローズ)を標準で組み込んだ。
 パワートレインに関しては基本的に従来と共通で、1995cc直列4気筒DOHC直噴ディーゼルターボエンジン(150ps/350Nm)+電子制御式8速AT+xドライブ(インテリジェント4輪駆動システム)を搭載している。

 車種展開については、従来設定していたsドライブ18i、sドライブ18i・Mスポーツ、xドライブ18d Edition Joy+、xドライブ18d、xドライブ20i・xライン、xドライブ20i・Mスポーツをカタログから削除。今後導入を予定する新世代の電動化モデルに注力する方策を打ち出している。

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報