• TOP
  • 「最新モデル試乗」プレミアムサルーンの新基準。新型メルセデス・ベンツSクラスの頭抜けた完成度

 ー 

「最新モデル試乗」プレミアムサルーンの新基準。新型メルセデス・ベンツSクラスの頭抜けた完成度

Writer:河村康彦 Photo:小久保昭彦

メルセデス・ベンツS400d・4マチック 価格:9SATC 1293万円 試乗記

メルセデス・ベンツS400d・4マチック 写真はAMGライン(99万8000円)装着車 新型はクリーンなラインで堂々とした存在感を表現 駆動方式は4WD 速度と走行状況に応じて後輪を操舵するリアアクスルステアリング標準
メルセデス・ベンツS400d・4マチック 写真はAMGライン(99万8000円)装着車 新型はクリーンなラインで堂々とした存在感を表現 駆動方式は4WD 速度と走行状況に応じて後輪を操舵するリアアクスルステアリング標準

堂々のスタイリング、インテリアはモダンで大胆に変身

 メルセデス・ベンツSクラスは、プレミアムブランドが世に問うフラッグシップサルーンにあって、知名度やライバルに与える影響力、そして実力といった点で圧倒的な存在感を放つ。最新7thモデルが、いよいよ日本の道を走りはじめた。
 標準とロングの2タイプが用意されたボディは、前者でも全長5210mm(AMGライン装着車)と堂々たる大きさ。後者は全長とホイールベースが、110mmずつ長い。1930mm(同)の全幅も含めてボディサイズは、従来型よりわずかに大型化された。
 スタイリングはSクラスの伝統造形。テールランプ形状は大きく変更されたものの、全体的に「従来型の延長線上」と感じた。

 エクステリアに比べ、フルモデルチェンジをより大きく実感するのがインテリアである。
 ダッシュボードからは、いわゆるメータークラスターが姿を消した。ドライビングに必要となるさまざまな情報は、ステアリングコラム上にレイアウトされた、横長タブレット状の「メーターディスプレイ」内に表示される。
 中央部には、センターコンソールから連続する大きな縦型のセンターディスプレイをレイアウト。従来型ではそこに横一線に並んでいた空調関係の物理スイッチが消滅したこともあって、モダンな感覚が一気に高まった。

フロントマスクは「スリーポインテッドスター」をボンネット上に配置した伝統形状 Cd値は世界トップ級の0.22
全長×全幅×全高5210×1930×1505mm(AMGライン装着車) ロング仕様は全長110mm拡大

日本仕様は全車3リッター直6搭載。駆動方式は4WD

 新型の室内は、確かに新鮮だ。しかし、必ずしも操作性が向上したとは思えない。これはタッチ式スイッチを多用する昨今のモデルに共通する難点。一部にハプティック技術を導入して振動による応答を実現させた新型Sクラスでも、各種の入力操作をブラインドタッチだけでは行えない。中でもパワーシート調節スイッチは、固定の静電式に改められたことで微妙な調整がしにくくなったのは残念だ。

 現時点で日本で販売されるモデルは、2種類のボディにターボ付き3リッターエンジンを搭載したガソリン(S500・4マチック/435ps/520Nm)とディーゼル(S400d・4マチック/330ps/700Nm)。どちらのエンジンも直列6気筒レイアウトで、ガソリンのS500は48V方式のスタータージェネレーター(16kW/250Nm)を加えた、いわゆるマイルドハイブリッドシステムになる。

 日本仕様車はすべてが「4マチック」を謳う4WDシャシーとの組み合わせ。右ハンドル仕様の場合、おそらくその影響でドライバーの“左足置き場”を狭めていた。前輪に動力を伝えるシャフトがトランスミッション後端から出力された後に右側を「Uターン」していくレイアウトゆえだ。右ハンドルの場合、それを避けるケースの膨らみが、ドライバーの足元スペースを奪っている。

「先進ともてなし」を追求したインパネは新鮮な印象 メーターはタブレット状フル液晶 中央の12.3インチ有機ELディスプレイは日中でも優れた視認性を実現
シートは本革標準 写真はレザーエクスクルーシブ仕様(op66万円) 前席ヘッドレストはソフト仕様 乗り心地は超快適

ディーゼルの走りは圧巻! ワインディング路が楽しい

 試乗車はディーゼルの400d・4マチックと、ガソリンのS500・4マチック・ロングの2台。いずれも威風堂々として上質、まさにフラッグシップと呼ぶにふさわしい乗り味の持ち主だった。
 動力性能面でより好印象を抱いたのは、低い回転数から圧倒的に太いトルクを発揮するディーゼルだった。車内はもとより、車外でも際立つ静粛性は驚きの水準。紛れもなく“世界一静かなディーゼル車”と断言できる。
 トランスミッションは9速AT。100km/h走行時のエンジン回転数は1300rpmほど。これは8速ギアでのデータ。この速度では9速には入らない。120km/h時にどうなるかは未確認だが、せっかくの9速ATも、日本では「宝の持ち腐れ」感が漂う。

 試乗車はAMGライン装着車。標準比で2インチ増しとなる 20インチタイヤを組み合わせていた。その影響か、高速道路上のパッチ補修跡などでは、極めて上質な乗り味の中にも、ややばね下の重さを意識させられるシーンがあった。
 一方、大柄な重量級モデルでありながら、ワインディングロードでは「ドライバーズカー」としての身軽さを実感した。このフットワークには、60km/h以下の領域では逆位相制御を行うリアアクスルステアリングの貢献もあったはず。パーキングスピードではその威力はさらに明確で、最小回転半径は何と5.4mをマークする。

 ADASやコネクティビティ機能は最先端。ともに高い完成度を誇り、クルマとしての魅力を高める要素になっていた。
 新型Sクラスは、走り、快適性、先進性など、すべての面でフラッグシップサルーンの新基準といえる。世界のライバルを突き放しにかかるモデルだ。

2924cc直6DOHC24Vディーゼルターボ 330ps/3600〜4200rpm 700Nm/1200〜3200rpm 怒濤のトルク 静粛性高水準 WLTCモード燃費:12.5km/リッター
ヘッドライトは片側130万画素のモジュールを制御する新タイプ 走行状況に応じて緻密な配光を実現
リアランプは視認性に優れた三角形状LED リアバンパー下部はディフューザー形状
6個のカメラ/5基のレーダー/12の超音波センサーで周囲の状況を把握し制御
AMGラインはフロント:255/40R20/リア:285/35R20タイヤ+マルチスポークアルミの組み合わせ
リアアクスルステアリングは60km/h以下で後輪を前輪と逆位相(最大4.5度)に操舵 60km/h以上では同位相(最大3度)に制御
メーターは各種表示モードが選択可能 美しく見やすい
トランスミッションはコラムセレクター式9速SAT
ACCをはじめ各種操作スイッチはステアリングに配置

メルセデス・ベンツS400d・4マチック 主要諸元と主要装備

グレード=S400d・4マチック
価格=9SATC 1293万円
全長×全幅×全高=5180×1920×1505mm
ホイールベース=3105mm
トレッド=フロント:1645×リア:1675mm
最低地上高=120mm
車重=2090kg
エンジン=2924㏄直6DOHC24Vディーゼルターボ(軽油仕様)
最高出力=243kW(330ps)/3600〜4200rpm
最大トルク=700Nm(71.4kgm)/1200〜3200rpm
WLTCモード燃費=12.5km/リッター(燃料タンク容量76リッター)
(WLTC市街地/郊外/高速道路:8.8/12.5/15.5km/リッター)
サスペンション=フロント:4リンク/リア:マルチリンク
ブレーキ=前後ベンチレーテッドディスク
タイヤ&ホイール=255/50R18+アルミ
駆動方式=4WD
乗車定員=5名
最小回転半径=5.4m
●主な燃費改善対策:アイドリングストップ/筒内直接噴射/コモンレール高圧噴射/電子制御式燃料噴射/ターボチャージャー/水冷式インタークーラー/電動パワーステアリング
●主要装備:レーダーセーフティパッケージ(アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック+アクティブステアリングアシスト+アクティブレーンチェンジアシスト+アクティブエマージェンシーストップアシスト+緊急回避補助システム+PRE-SAFE+PRE-SAFEインパルスサイド+PRE-SAFEサウンド+アクティブブラインドスポットアシスト+アクティブレーンキープアシストほか)/アダプティブハイビームアシストプラス/DIGITALライト/アテンションアシスト/360度カメラシステム/パークトロニック/シームレスドアハンドル/プライバシーガラス(リア3面)/ブラウンウォールナットウッドインテリアトリム/本革シート/前席メモリー付きパワーシート+電動ランバーサポート+シートヒーター/AIRマティックサスペンション/リアアクスルステアリング/パドルシフト付きマルチファンクションステアリング/ダイレクトステアリング/12.3インチコクピットディスプレイ/ヘッドアップディスプレイ/クロージングサポーター(ドア&トランクリッド)/MBUX/12.8インチ有機ELメディアディスプレイ(ナビゲーション機能付き)/クライメートコントロール
●装着メーカーop:ベーシックパッケージ(パノラミックスライディングルーフ+アクティブアンビエントライト+前席シートヒータープラス&ベンチレーター+後席シートヒーター+エアバランスパッケージ+MBUXインテリアアシスタンス+赤外線反射&ノイズ軽減ガラス)70万円/レザーエクスクルーシブパッケージ(ナッパレザーシート+前席ラグジュアリーヘッドレスト+Burmester3Dサラウンドサウンドシステム+前席アクティブマルチコントロールシートバックパッケージ+ウォームコンフォートパッケージ+前席エナジャイジングパッケージ)66万円/AMGライン(AMGスタイリングパッケージ+20インチAMGマルチスポークアルミ+ノイズ軽減タイヤ+スポーツブレーキシステム+ステンレス製ペダル+本革巻きウッドステアリング+ハイグロススレートポプラウッドインテリアトリム)99万8000円/3Dコクピットディスプレイ13万円
●ボディカラー:ルビーライトレッド
※価格はすべて消費税込み
※AMGライン装着車の全長×全幅は5210×1930mm
※AMGライン装着車のタイヤはフロント:255/40R20/リア:285/35R20
撮影協力●マースガーデンウッド御殿場

MBUXシステムは生体認証で個別設定が呼び出せる最新タイプ
ドア部にライトやシートなどのコントロール系をレイアウト
トランクは535リッターの大容量 深さ/奥行きとも広い リッドはハンズフリー電動タイプ
足回りは連続可変ダンパーとエアサスペンションを電子制御

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報