• TOP
  • 「最新モデル試乗」まじめで上質。より高機能に変身したVWパサートからドイツ車の本質が見えた!

 ー 

「最新モデル試乗」まじめで上質。より高機能に変身したVWパサートからドイツ車の本質が見えた!

Writer:河村康彦 Photo:小久保昭彦

VWパサートTDIエレガンス・アドバンスト 価格:7DCT 534万9000円 試乗記

VWパサートTDIエレガンス・アドバンス マイナーチェンジした最新パサートはセダン/ヴァリアント(ワゴン)/オールトラックの3シリーズ構成 エンジンは2リッターディーゼル(TDI/190ps)と1.5リッターガソリン(TSI/150ps)の2種
VWパサートTDIエレガンス・アドバンス マイナーチェンジした最新パサートはセダン/ヴァリアント(ワゴン)/オールトラックの3シリーズ構成 エンジンは2リッターディーゼル(TDI/190ps)と1.5リッターガソリン(TSI/150ps)の2種

VWの上級モデルが大幅グレードアップ、その内容

 パサートは、端正なデザインと実直な作り込みで根強い人気を持つVWの上級モデル。4月にマイナーチェンジを実施し、内外装の化粧直しに加え、ADASやコネクティビティ機能のアップデート、ディーゼルモデルのトランスミッション変更(6速DCTを7速 DCTに)、ガソリンエンジンの排気量変更(1384ccを1497ccに)を行った。

 ラインアップは、セダンと、「ヴァリアント」を名乗るステーションワゴン。そして各部をSUVイメージに仕上げ、4WDシャシーを組み合わせた「オールトラック」の3シリーズ。今回テストドライブしたのは、ディーゼルエンジンを搭載したセダンの上級グレード、エレガンス・アドバンスである。

 デザインはバンパー部の造形がリファインされ、いちだんとハンサムな印象。オーソドックスな造形は、飽きることなくつきあえそうだ。ボディサイズは全長×全幅×全高4790×1830×1470mm。大人4名に十二分な居住空間と、驚くほど広いトランクスペースを確保するなど、パッケージングは優秀。セダンらしい理詰めの設計の持ち主である。
 これまでVW車に親しんで来たユーザーの目を引きそうなポイントが、フロントグリルやトランクリッド、そしてステアリングホイール中央にレイアウトされたVWの新しいロゴマーク。デジタルメディアとの親和性を狙ったという新デザインは、なかなか目立つ。

バンパーとフロントグリル形状は新デザイン VWロゴも新意匠になった
全長×全幅×全高4790×1830×1470mm 車重1560kg 新型は同一車線全車速運転支援システム(トラベルアシスト)標準

豊かなトルクが印象的。運転支援機構は使いやすい!

 走りは頼もしい。2リッター直4ディーゼルターボ(190ps/400Nm)を搭載する試乗車の車重は1560kg。同等装備のガソリンモデル比で110kg重い。スタート時こそわずかに「重さ」を意識させられるが、一瞬の後にターボブーストが高まり、その先はディーゼルならではの太いトルク感が味わえる。日常域の豊かな力感は印象的だ。静粛性も悪くない。ただし「際立って静か」という印象ではない。自らが発するノイズよりも、サイドウィンドウを透過した外部音が目立つのが惜しい。

 優れた4輪の接地感や高速時のフラットネスは、VW車らしくハイレベル。注意喚起のゼブラ舗装が施された路面でややバタ付き感が強めに現れるのは、パンク時の自己補修性を持たせたシール剤入りタイヤを採用する影響かもしれない。
 マイナーチェンジの目玉のひとつ、同一車線内の全車速運転支援システム「トラベルアシスト」は、ステアリングホイール上のスイッチをワンタッチするだけで即座に作動を開始する。非常に扱いやすい。最新のパサートは、総合的な完成度がいちだんと高まった。

インパネ形状は従来モデルを踏襲 常時コネクテッドの9.2インチナビゲーションシステム(ディスカバープロ)新採用 画面は全面タッチスクリーン式
エレガンス・アドバンスはナパレザー・スポーツコンフォートシート標準 広さは前後席とも余裕たっぷり
メーターはフル液晶タイプ 全面地図表示などデザインが選べる
TDIのトランスミッションは従来の6速から7速DCTに多段化された
ACCスイッチはステアリングに配置 簡単に操作できる
バック時は後方と俯瞰情報を表示 空調スイッチは新形状
後席用空調ルーバー下にAC100V電源ソケットを装備
トランクスペースは586リッターの大容量 通常サイズのゴルフバッグが4個積める広さ リッドはバンパーレベルまで大きく開口
後席シートバックは6対4分割トランクスルー機能付き 長尺物の積み込みに対応
ヘッドライトはマトリックスLED仕様 ウインカーはシーケンシャルタイプ
235/45R18タイヤ+新デザインアルミ装着 足回りは適度に引き締まった印象
1968cc直4DOHC16Vディーゼルターボ 190ps/400Nm スペックは従来と共通 WLTCモード燃費:16.4km/リッター

VWパサートTDIエレガンス・アドバンスト 主要諸元と主要装備

グレード=TDIエレガンス・アドバンス
価格=7DCT 534万9000円
全長×全幅×全高=4790×1830×1470mm
ホイールベース=2790mm
トレッド=フロント:1580×リア:1560mm
車重=1560kg
エンジン=1968cc直4DOHC16Vディーゼルターボ(軽油仕様)
最高出力=140kW(190ps)/3500〜4000rpm
最大トルク=400Nm(40.8kgm)/1900〜3300rpm
WLTCモード燃費=16.4km/リッター(燃料タンク容量66リッター)
(市街地/郊外/高速道路:12.7/16.1/18.9km/リッター)
サスペンション=フロント:ストラット/リア:4リンク
ブレーキ=フロント:ベンチレーテッドディスク/リア:ディスク
タイヤ&ホイール=235/45R18+アルミ
駆動方式=FF
乗車定員=5名
最小回転半径=5.4m
●主な燃費改善対策:アイドリングストップ/筒内直接噴射/電子制御式燃料噴射/過給器/インタークーラー/コモンレール高圧噴射/電動パワーステアリング/4バルブ・センターノズル化/DSG
●主要装備:アダプティブクルーズコントロール(全車速追従機能付き)/レーンキープアシスト/同一車線全車速運転支援システム/レーンチェンジアシストシステム/スタティックコーナリングライト/ダイナミックコーナリングライト/リアビューカメラ/駐車支援システム/デイタイムランニングライト/ドライバー疲労検知システム/前後パークディスタンスコントロール/リアトラフィックアラート/プリクラッシュブレーキ/LEDマトリックスヘッドランプ/前後フォグランプ/ダークティンテッドガラス(リア3面)/レインセンサー/3ゾーンフルオートAC/アレルゲン除去機能付きフレッシュエアフィルター/VW純正インフォテイメントシステム・ディスカバープロ/デジタルメータークラスター/ヘッドアップディスプレイ/ETC2.0対応車載器/モバイルオンラインサービス/ブルーモーションテクノロジー/AC100V電源ソケット/電動サンブラインド/ナパレザー・スポーツコンフォートシート/運転席マッサージ機能/ウッドデコラティブパネル/電子制御デファレンシャルロック(XDS)/18インチアルミ(10ダブルスポーク)/パドルシフト/マルチファンクション本革巻きステアリング
●ボディカラー:パイライトシルバーメタリック
※価格はすべて消費税込み

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2022年2月号

  • ・トヨタ/レクサス 新型BEV 16モデル公開
  • ・日産アンビション 2030 始動
  • ・NEWトヨタ・ライズ/ダイハツ・ロッキー

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る