ー 

ダイハツ・キャストが安全性のさらなる向上を狙った一部改良を敢行

Writer:大貫直次郎 

ダイハツの軽スタイリッシュワゴンのキャストが一部改良を実施。全モデルのオートライトを常時作動する機構に変更

 ダイハツは2021年5月10日、軽スタイリッシュワゴンのキャストを一部改良し、同日より発売した。
車種展開は以下の通り。
スタイルX“SAⅢ”:2WD131万4500円/4WD144万1000円
スタイルX“リミテッドSAⅢ”:2WD132万円/4WD144万6500円
スタイルG“SAⅢ”:2WD144万1000円/4WD156万7500円
スタイルG“VS SAⅢ”:2WD140万2500円/4WD152万9000円
スタイルG“プライムコレクションSAⅢ”:2WD150万7000円/4WD163万3500円
スタイルGターボ“SAⅢ”:2WD154万5500円/4WD167万2000円
スタイルGターボ“VS SAⅢ”:2WD151万2500円/4WD163万9000円
スタイルGターボ“プライムコレクションSAⅢ”:2WD161万1500円/4WD173万8000円

▲ダイハツ・キャスト・スタイルG“プライムコレクションSAⅢ”(2WD) 価格:CVT 150万7000円 全長3395×全幅1475×全高1600mm ホイールベース2455mm 車重840kg 乗車定員4名 標準装備するオートライトを運転中常に作動する仕組みに変更した

 今回の一部改良は、安全性のさらなる向上がメインメニューだ。最新のスマートアシストⅢを全モデルに採用したうえで、標準装備するオートライトを運転中常に作動する仕組みに変更し、走行の際の安全性をいっそう引き上げた。

▲スタイルG“プライムコレクションSAⅢ”の内装。ブラウン&ブラックで彩ったプライムインテリアを採用する

 パワーユニットは基本的に従来と共通で、KF型658cc直列3気筒DOHC12Vの自然吸気エンジン(52ps/6.1kg・m)とインタークーラー付ターボエンジン(64ps/9.4kg・m)の2機種を採用。トランスミッションには、エンジンの回転をタイヤに伝えるCVTにスプリットギアを組み込んだD-CVTを組み合わせる。また、駆動レイアウトには2WD(FF)とフルタイム4WDの2タイプを設定した。

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報