• TOP
  • 「最新モデル試乗」渋滞の首都高で試す! 世界初レベル3自動運転車、ホンダ・レジェンドはどこが優れているか!?

 ー 

「最新モデル試乗」渋滞の首都高で試す! 世界初レベル3自動運転車、ホンダ・レジェンドはどこが優れているか!?

Writer:山本シンヤ Photo:小久保昭彦

ホンダ・レジェンド・ハイブリッドEXホンダセンシング・エリート 価格:7DCT 1100万円(限定100台/リース販売) 試乗記

ホンダ・レジェンドEXホンダセンシング・エリート 世界初のレベル3自動運転車 高速道路の渋滞時など特定の条件でドライバーに代わってクルマが運転操作を行う
ホンダ・レジェンドEXホンダセンシング・エリート 世界初のレベル3自動運転車 高速道路の渋滞時など特定の条件でドライバーに代わってクルマが運転操作を行う

大渋滞の首都高速で「レベル3自動運転」の完成度をチェック

 昨今、世界の自動車メーカーが精力的に開発を進めているのがADAS(先進安全運転システム)。これまでのシステムは分類上「運転支援」だった。レジェンドが採用したホンダセンシング・エリートは、世界で初めて、高速道路渋滞時など特定の走行条件ながら「自動運転」を実現させた点がニュースである。

 リアルワールドで試乗を行ったので報告しよう。今回はホンダセンシング・エリートの機能のひとつトラフィックジャムパイロット(渋滞運転機能)を中心に体感。試乗ステージは大渋滞の首都高速湾岸線、普通の試乗ならガッカリだがホンダセンシング・エリートにとってはベストな状況だ。

ACCのハンズオフドライブ時に渋滞(30km/h以下)に遭遇するとトラフィックジャムパイロット(渋滞運転機能)が作動 スムーズに自動運転に移行する
自動運転時にメーターには周囲の状況が表示される 50km/hを超えると再びハンズオフに戻る 各種制御はスムーズ

ハンズオフから自動運転にスムーズに移行、これは使える!

 料金所を抜けて本線に合流。メインスイッチON、次にSETスイッチONで通常のACC/LKASが作動した(メーター内のステアリングマークが緑に点灯)。その後、自車位置がGNSS/高精度地図/道路の白線などから「高速道路上にいる」と判断すると、まずは運転支援ながらハンズオフドライブが可能になる(メーター内のステアリングマークが青色に変化)。
 この状態で渋滞に突入、30km/h以下で条件が揃うと自動的にトラフィックジャムパイロットがON(メーターが専用表示に変更され、助手席前のLEDランプが青に点灯)となり、運転支援ではなく自動運転……つまり、運転の主体がクルマへと切り替わる。

 一見、運転支援の延長線上に感じるが責任の所在が変わる点は大きな意味を持つ。ドライバーは運転から解放されるので、DVD視聴やナビ設定、さらにはスマホ操作(ホンダは推奨していないが法規上はOK)などが可能に。最初は心配で思わず前方を見てしまったが、加減速やステアリングの操作は的確に行われ、制御はプロドライバー並みに非常に滑らかだ。さらに周囲の状況のセンシング精度の高さから(周囲の状況をメーターに表示)、間もなく「クルマに委ねて問題ない」と実感した。

 とはいえ、「すぐに運転操作に復帰できる状態」が作動条件なので、「目を閉じる」、「席を代わる」などはNGだ。作動領域は50km/hまで、それを超えると再びハンズオフの運転支援に戻る。その切り替えは警告を含めてシームレスでわかりやすい。戸惑うシーンはほとんどなかった。
 試乗前は「レベル3自動運転って意味あるのかな?」と思っていた。実際に体感してみて考えは変わった。いままでの運転支援とは別格のストレスフリーなドライブ環境を実現している。しかも自動運転実現のためのシステム設計は運転支援領域の完成度にも大きく影響し、結果としてユーザーメリットは大きい。

 限定100台、ベース車に対して375万円高のプライスに疑問を持つユーザーもいると思うが、多くの人が夢に見たTVドラマ『ナイトライダー』の世界が一部とはいえ現実になった事実に拍手を送る。それを世界で初めてモノにしたのが、日本のホンダであることを誇りたい。

リアには自動運転装置装着車を示す専用の国交省認定ステッカーを装着
ACCスイッチはステアリング部にレイアウト 操作簡単
カメラは2系統 片側が故障しても機能を守るシステム
エアダム部のブルーLED灯が自動運転車の特徴
3471cc・V6OHC24V(314ps/371Nm)+前後モーターのハイブリッド仕様 WLTCモード燃費:12.4km/リッター 駆動方式は4WD 走りはパワフル&滑らか
シートは本革標準 リラックスしたクルージングが楽しめる設定 カラーはアイボリー(写真)/黒/茶が選べる

ホンダ・レジェンド・ハイブリッドEXホンダセンシング・エリート 主要諸元と主要装備

グレード=ハイブリッドEXホンダセンシング・エリート
価格=7DCT 1100万円(限定100台/リース販売)
全長×全幅×全高=5030×1890×1480mm
ホイールベース=2850mm
トレッド=フロント:1630/リア:1630mm
車重=2030kg
エンジン=3471cc・V6OHC24V(プレミアム仕様)
最高出力=231kW(314ps)/6500rpm
最大トルク=371Nm(37.8kgm)/4700rpm
モーター最高出力=フロント:35kW(48ps)/リア1基当たり27kW(37ps)
モーター最大トルク=フロント:148Nm(15.1kgm)/リア:1基当たり73Nm(7.4kgm)
WLTCモード燃費=12.4km/リッター(燃料タンク容量57リッター)
(市街地/郊外/高速道路:9.4/13.4/13.6km/リッター)
サスペンション=フロント:ダブルウィッシュボーン/リア:ウィッシュボーン
ブレーキ=フロント:ベンチレーテッドディスク/リア:ディスク
タイヤ&ホイール=245/40R19+アルミ
駆動方式=4WD
乗車定員=5名
最小回転半径=6.0m
●主な燃費改善対策:ハイブリッドシステム/直噴エンジン/可変バルブタイミング/可変シリンダーシステム/アイドリングストップ/電動パワーステアリング
●主要装備:ホンダセンシングエリート(ハンズオフ機能付き車線内運転支援機能+ハンズオフ機能付き車線変更支援機能+ハンズオフ機能付き高度車線変更機能+トラフィックジャムパイロット(渋滞運転機能)+緊急時停止支援機能+車線変更時衝突抑制機能ほか)/ホンダセンシング・エリート表示灯/Hondaパーキングパイロット/アジャイルハンドリングアシスト/モーションアダプティブEPS/ジュエルアイLEDヘッドライト/エレクトリックギアセレクター/スポーツモードスイッチ/12.3インチフル液晶グラフィックメーター/ヘッドアップディスプレイ/マルチインフォメーションディスプレイ/オンデマンドマルチユースディスプレイ/9インチHondaインターナビ+車載通信機+ETC2.0車載器/Krellオーディオシステム/プログレッシブコマンダー/トリプルゾーン・フルオートAC/チルトアップ機能付き電動サンルーフ/ドライビングポジションメモリー/本革シート/専用デザインバンパー/アクセサリーランプ/熱線入りⒻウインドウ/エンジン&フロアアンダーカバー/19インチノイズリデューシングアルミ/振幅感応型ダンパー/電動サーボブレーキシステム
●ボディカラー:オプシダンブルーパール
※価格はすべて消費税込み

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年7月号

  • ・いま、乗っておきたいエンジン車特集
  • ・主要22社電動化戦略オールガイド
  • ・池田直渡「クルマのパースペクティブ」

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る