• TOP
  • 「最新モデル試乗」S660が終了してもN-ONEがある! RSの6速MTモデル、爽快感レポート

 ー 

「最新モデル試乗」S660が終了してもN-ONEがある! RSの6速MTモデル、爽快感レポート

Writer:カー・アンド・ドライバー編集部 Photo:小久保昭彦

ホンダN-ONE・RS 価格:6MT 199万9800円 試乗記

ホンダNーONE・RS 2nd NーONEはスタイリングをそのままに中身を全面刷新 RSはターボ+6速MTを設定したスポーツグレード 足回りは前後スタビライザーを装備した専用セッティング
ホンダNーONE・RS 2nd NーONEはスタイリングをそのままに中身を全面刷新 RSはターボ+6速MTを設定したスポーツグレード 足回りは前後スタビライザーを装備した専用セッティング

ターボ+6速MT。N-ONEのRSはスポーツKのダークホースかも!?

 残念ながらS660はオーダーストップになったが、ホンダにはもう1台、素敵なスポーツKカーが存在する。昨秋モデルチェンジして2ndモデルに移行したN-ONEのRSである。
 RSは、スタイリングをそのままに中身を全面刷新した新型のイメージリーダー。ターボエンジンを搭載し、トランスミッションにはCVTに加え、新たに6速MTを設定した。パワーユニットはS660と共通のS07B型・直列3気筒DOHC12Vターボ。パワースペックは63ps/6000rpm、104Nm/2600rpm。RSは、駆動方式こそS660のMRに対してFFと異なるものの、走りを左右する主要ユニットを共用するBROS車。試乗車の6速MTは、S660用をベースに開発された。

 実際にドライブしても、その爽快感、ビビッドな手応えはオーバーラップする。6速MTのシフトフィールは軽快で確実。アクセルの踏み込みに応じてリニアにパワーが盛り上がるエンジンとのコンビで、変速に応じてリズミカルにスピードが上昇する。
 気分的にはスポーツ感覚満点。パワーが限られているので、絶対的にはさほど速くはないが、クルマのポテンシャルをフルに引き出して走る充実感は格別である。あらためて「ドライビングは楽しい」と実感した。

RSとS660のパワーユニットは共通 駆動方式は違うがスポーツ精神はオーバーラップする部分が多い
全長×全幅×全高3395×1475×1545mm 車重840kg(MT) 全高は一般的なタワーパーキングに対応

RSは「愛着が湧くホビーカー」のイメージ!

 街中から高速道路、そしてワインディングロードを含めパフォーマンスは十分以上。しっかりとしたボディと、しなやかで適度に引き締まった足回りが生むフットワークは高水準。キュートな外観から想像する以上にハイレベルの走りの持ち主である。ミニスーパーカー感覚のS660の走りの充実感には、ちょっぴり負けるが、N-ONE・RSのドライブはワクワクする。6速100km/h走行時の回転数は約3000rpm。静粛性は高く、快適なクルージングが楽しめた。

 実用性もハイレベル。電動パーキングブレーキの採用で、坂道発進を楽々とこなすし、広々した室内&ラゲッジスペースのメリットで、日常ユースはファーストカーとして使える。大型サイズのシートの座り心地も良好だ。

 価格は、S660モデューロXバージョンZ比、115万600円も安い199万9800円。N-ONE・RSには、アバルト595やMINIクーパーに通じる「愛着が湧くホビーカー」のイメージが漂う。手に入れたらコツコツと自分好みにカスタマイズするのも楽しいだろう。
 将来的には、モデューロXの展開も期待したい。

室内はオレンジをアクセントにしたスポーティな仕上げ ステアリングはディンプル本革巻き シフトレバーはインパネに配置
RSのシートはラックススエードとメッシュジャージの組み合わせ 着座位置はアップライト 乗り心地良好 室内長2050mm
速度計を中央配置 RSのメーターはブースト計付き レッドゾーンは7000rpm
6速MTはS660用のリファイン版 軽快&確実なシフトフィール
駐車ブレーキは電気式 アクセルONで自動解除
658cc直3DOHC12Vターボ 64ps/6000rpm 104Nm/2600rpm 吹き上がりスムーズ WLTCモード燃費:21.6km/リッター
ヘッドライトはデイライト&ウインカー内蔵フルLED フォグは薄型形状
165/55R15タイヤ+マットブラック塗装アルミ装着 最小回転半径4.8m

ホンダN-ONE・RS(MT) 主要諸元と主要装備

価格=6MT 199万9800円
全長×全幅×全高=3395×1475×1545mm
ホイールベース=2520mm
トレッド=フロント:1295/リア:1295mm
車重=840kg
エンジン=658cc直3DOHC12Vターボ(レギュラー仕様)
最高出力=47kW(64ps)/6000rpm
最大トルク=104Nm(10.6kgm)/2600rpm
WLTCモード燃費=21.6_km/リッター(燃料タンク容量27リッター)
(市街地/郊外/高速道路:17.6/22.8/23.1km/リッター)
サスペンション=フロント:ストラット/リア:トーションビーム
ブレーキ=フロント:ディスク/リア:ドラム
タイヤ&ホイール=165/55R15+アルミ
駆動方式=FF
乗車定員=4名
最小回転半径=4.8m
●主な燃費改善対策:アイドリングストップ/可変バルブタイミング/電動パワーステアリング
●主要装備=RS専用エクステリア(ダーククロームメッキフロントグリル+ブラックサイドモール+大型カラードテールゲートスポイラーほか)/ラックススエード&メッシュジャ―ジ・コンビシート/前席シートヒーター/スチールヘアライン調インパネガーニッシュ/本革巻きステアリング&シフトノブ/ラックススエードドアアームレスト/マットブラック15インチアルミ/ブースト&Gメーター/フルLEDヘッドライト/LEDフォグランプ/プラズマクラスター技術搭載フルオートAC/PM2.5対応高性能集塵フィルター/スマートキーシステム/ナビ装着用スペシャルパッケージ/充電用USBジャック/360度スーパーUV&IRカットパッケージ/電子制御パーキングブレーキ/オートブレーキホールド機能/リアシートリマインダー/パーキングセンサーシステム/6エアバッグ/ホンダセンシング(衝突軽減ブレーキ+歩行者事故低減ステアリング+先行車発進お知らせ機能+標識認識機能+路外逸脱抑制機能+アダプティブクルーズコントロール+車繊維時支援システム+オートハイビーム)
●ボディカラー=プレミアムイエローパール2&ブラック(op8万2500円)
※価格はすべて消費税込み リサイクル費用は7820円

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年7月号

  • ・いま、乗っておきたいエンジン車特集
  • ・主要22社電動化戦略オールガイド
  • ・池田直渡「クルマのパースペクティブ」

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る