ー 

内外装の刷新や機能装備の拡充を図ったジャガーXFの2021年モデルが日本上陸

Writer:大貫直次郎 

ジャガーのラグジュアリーサルーン&ワゴンのXFがMHEVディーゼルエンジンの採用や内外装デザインの変更を実施して日本での受注を開始

 ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2021年5月11日、ラグジュアリーサルーンのXFとラグジュアリーワゴンのXFスポーツブレイクの2021年モデルを発表し、同日より予約受注を開始した。

▲ジャガー・XF・Rダイナミック・HSE P250 価格:8SAT813万円 全長4970×全幅1880×全高1455m ホイールベース2960mm 車重1780kg 乗車定員5名 ジャガーヘリテージロゴを想起させるダイヤモンド形状のフロントグリルメッシュや新デザインのバンパーなどを採用する

車種展開は以下の通り。
■2リットル直列4気筒INGENIUMディーゼルエンジン(204ps、MHEV)搭載車
XF・S D200:677万円
XF・Rダイナミック・SE D200:753万円
XFスポーツブレイク・S D200:722万円
XFスポーツブレイク・Rダイナミック・SE D200:798万円
■2リットル直列4気筒INGENIUMガソリンエンジン(250ps)搭載車
XF・S P250:697万円
XF・Rダイナミック・SE P250:756万円
XF・Rダイナミック・HSE P250:813万円
XFスポーツブレイク・S P250:742万円
XFスポーツブレイク・Rダイナミック・SE P250:801万円
XFスポーツブレイク・Rダイナミック・HSE P250:858万円
■2リットル直列4気筒INGENIUMガソリンエンジン(300ps)搭載車
XF・Rダイナミック・SE P300:838万円

▲ジャガーXF・S D200 価格:8SAT677万円 パワーユニットにはマイルドハイブリッドテクノロジー(MHEV)を採用した “INGENIUM”1997cc直列4気筒DOHC直噴ディーゼルターボエンジン(204ps)を搭載

 XFおよびXFスポーツブレイクの2021年モデルは、マイルドハイブリッドシステム(MHEV)を組み込んだディーゼルエンジンの搭載や内外装デザインの変更、機能装備の拡充などを実施して、ラグジュアリーサルーン&ワゴンとしてのキャラクターをいっそうレベルアップさせたことが特徴である。

▲ジャガーXFスポーツブレイク・S D200 価格:8SAT722万円 全長4975×全幅1880×全高1495m ホイールベース2960mm 車重1940kg 乗車定員5名 写真はオプションの20インチアロイホイール“スタイル5036”5スプリットスポーク装着車

 まずパワーユニットには、最新の“INGENIUM”1997cc直列4気筒DOHC直噴コモンレール式ディーゼルターボエンジン(最高出力204ps/3750~4000rpm、最大トルク430Nm/1750~2500rpm)に、減速時のエネルギーロスを減らすために小型統合電気モーターを組み合わせたマイルドハイブリッドシステム(MHEV)を新設定。トランスミッションには専用セッティングの電子制御8速オートマチックを組み込み、駆動システムにはAWDを採用する。一方、ガソリンエンジンは “INGENIUM”1995cc直列4気筒DOHC直噴ガソリンターボの250ps/365Nm(P250)仕様と300ps/400Nm(P300)仕様を設定。いずれも電子制御8速オートマチックのトランスミッションを組み込み、P250は後輪駆動、P300は4輪駆動(AWD)で仕立てた。

▲ジャガーXFスポーツブレイク・Rダイナミック・SE P250 価格:8SAT801万円 全長4975×全幅1880×全高1495m ホイールベース2960mm 車重1810kg 乗車定員5名

 エクステリアに関しては、ダイナミックで存在感のあるデザインに変更したことがトピックだ。フロント部はジャガーヘリテージロゴを想起させるダイヤモンド形状のグリルメッシュ、ロアベントを大きくして視覚的によりワイドな造形としたバンパー、“ダブルJ”グラフィックの10mmスリム化したプレミアムLEDヘッドライトを採用。サイドビューには、リーパーエンブレムを配したサイドベントを装備する。そしてリアセクションには、よりスタイリッシュさを増した新デザインのバンパーやエグゾーストフィニッシャー、新グラフィックのLEDテールライトを装着した。また、全モデルにブラックエクステリアパックを設定。さらに、足もとには新造形のアロイホイールを3種類追加する。ボディカラーについては、新色のブルーファイヤーブルー/ハクバシルバー/ブリティッシュレーシンググリーンのほか、ナルヴィックブラック/フジホワイト/サントリーニブラック/ユーロンホワイト/フィレンツェレッド/アイガーグレイ/ポルトフィーノブルー/カルパチアングレイ/シリコンシルバーという計12タイプをラインアップした。

▲インテリアには新デザインのスプリットリムステアリングホイールや11.4インチのカーブドタッチスクリーンなどを新たに組み込む。最新インフォテインメントシステム「Pivi Pro」も標準装備。日本導入モデルのハンドル位置は右
▲シートフォームの見直しを図って座り心地をいっそう向上させた

 内包するインテリアは、ドライバーにフォーカスした改良を加えつつ、よりモダンで高級な演出を施したことが訴求点だ。まず、インストルメントパネルやセンターコンソール、ドアケーシングといったドライバーを取り囲む装備をより洗練された造形に刷新。また、ステアリングホイールには新デザインのスプリットトリムタイプを、ドライブセレクターにはクリケットボールを思わせるステッチを採用する。さらに、操作性と視認性に優れる11.4インチのカーブドタッチスクリーンも新装備。そして、シートフォームの見直しを図って座り心地をいっそう向上させ、合わせてSグレードには新内装色のキャラウェイを追加設定した。

▲スポーツブレイクのラゲッジスペースは745リットルの容量を確保。後席には40:20:40分割可倒機構を内蔵する

 先進安全システムの拡充も見逃せない。ドライバー支援システムとして3Dサラウンドカメラやブラインドスポットアシスト、アダプティブクルーズコントロール、クリアイグジットモニター、リアコリジョンモニター、リアトラフィックモニター、トラフィックサインレコグニション、アダプティブスピードリミッターを標準で採用。さらに、オプションとしてスマートフォンのワイヤレスデバイスチャージング、第2世代のアクティビティキー、アクティブ・ロードノイズ・キャンセレーション(MERIDIANサウンドシステムまたはMERIDIANサラウンドサウンドシステム選択時)、ClearSightインテリア・リアビューミラー(サルーンのみ)、空気イオン化テクノロジー(PM2.5フィルター付)を新規に設定した。
 一方でエンターテインメント関連では、最新インフォテインメントシステム「Pivi Pro」を標準採用。Pivi Proに付帯するオンラインパックには専用の通信データプランを用意し、ナビゲーション(施設情報のオンライン検索/ガソリン価格のオンライン取得/マップデータのオンラインアップデート)やメディア(Spotify/Deezer/TuneInRadio、天気予報のAccuWeather)、カレンダー(Google Suite/Microsoft Office 365)のアプリがデータ容量を気にすることなく使用できるようにした。

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年11月号

  • ・新型SUBARUレガシィ・アウトバック
  • ・Driving Report Special 新型トヨタ・ランドクルーザー、ライバル比較付き
  • ・SPECIAL FEATURE 国産スポーツ新世界

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る