ー 

「最新モデル解説」ホットなトヨタGR86、クールなSUBARU・BRZ。新型の個性と進化

Writer:山本シンヤ Photo:小久保昭彦+トヨタ+SUBARU

トヨタGR86(2021年秋発売予定)/SUBARU・BRZ(2021年夏発売予定) 新車ニュース

ボディタイプは従来と同じ2ドアクーペ 新型は「低重心/軽量/コンパクト」というキャラクターを継承 ボディ剛性は従来比で大幅に向上した
ボディタイプは従来と同じ2ドアクーペ 新型は「低重心/軽量/コンパクト」というキャラクターを継承 ボディ剛性は従来比で大幅に向上した

エンジンは2.4リッター(235ps)。レッドゾーンは7400rpmの設定

2387cc水平対向4DOHC16V 235ps/7000rpm 250Nm/3700rpm ボア×ストローク94×86mm 旧型比18ps/38Nmパワフル シャープな吹き上がりと低重心を追求した専用開発ユニット

 新型GR86とBRZの走りの進化はどうか? 2ndモデルの開発コンセプトは「継承と進化」。まさに直球勝負のFRスポーツである。9年にわたるリファインで完成形となった1stモデルの優れたバランスをいっさい崩さず、新たな魅力をプラスした。

 86/BRZは絶対的な速さよりも愉しさを重視したモデルである。新型はそのアイデンティティを守った。一方、ユーザーの「もう少しこうだったら」という部分をアップデートしている。一般的に「ネガつぶし」の手法は、クルマのコンセプトを曖昧にしてしまう危険性がある。そのため、2ndモデルは全方位でのアップデートが行われた。つまり弱点を補うだけでなく、魅力をいちだんと鮮明にする全面刷新を行ったのである。

 エンジンはレスポンス/自然なフィーリング/伸び感を重視して自然吸気を継承。排気量は2リッターから2.4リッターにアップされた。出力/トルクは235ps/7000rpm、250Nm/3700rpm。GR86/BRZは数値だけを誇るスポーツカーではない。しかし現行型ユーザーの本音「もう少し力がほしい」を反映したのだ。排気量拡大は、厳しさを増す環境規制/燃費規制への対応の側面もある。
 排気量2.4リッター、ボア×ストローク94×86mmのスペックを見ると、北米専売の3列シートSUV、アセント用がベースエンジンと思われがちだが、共通点は基本諸元のみ。GR86/BRZ専用設計だ。実力は1stモデルの207ps/212Nmから235ps/250Nmに大幅アップ。「実用域の扱いやすさを高めたうえで、高回転のキレのよさは2リッターと変わらない」と開発陣は語る(レッドゾーンは新旧とも7400rpm)。

 トランスミッションは6速MTと6速AT。進歩が著しいのはAT。ドライバーの意志と操作に忠実なシフトプログラムを実現するアダプティブ制御を新採用した。6速MTはシフトフィールの向上やノイズ低減、チューニング/モータースポーツユースで課題となった部分をリファインしたようだ。

 エンジンに合わせてシャシー側も大きく発展している。基本構造は従来型を大幅改良。そのうえで、スバルの次世代プラットフォーム、SGPで採用された「インナーフレーム構造」と「構造用接着剤」を水平展開。1stモデル比で「フロント曲げ剛性約60%アップ」、「ねじり剛性約50%アップ」を達成した。新型は従来のウイークポイントだったリア回りの剛性が大きく向上しているもようだ。

 剛性アップによる重量増は軽微。ルーフ/エンジンフード/フロントフェンダーをアルミ製に変更すると同時に細かい部品の見直しで、従来とほぼ同等の車両重量に仕上げた。公表値は1270kgである。
 サスペンションはフロントがストラット、リアはダブルウィッシュボーンと変更はない。タイヤは17/18インチと、1サイズアップした。

2ndモデルはフロントフェンダー/フード/ルーフが軽量アルミ製 ボディは強靭なインナーフレーム構造 フロント横曲げ剛性約60%/ねじり剛性約50%アップ
GR86/BRZは世界的にも稀少なライトウェイトFRスポーツ 価格は従来と同様(約267万〜350万円)のもよう 開発者は「多くの人に手が届く価格で提供する」と明言

個性明快! ホットなGR86、BRZはクール指向

 GR86とBRZのセットアップはエンジン制御、シャシー、サスペンション(バネ/ダンパー/スタビライザー)、EPS制御など1stモデル以上に変更項目が多い。
 テストカーに試乗したが2台の差は歴然。キャラクターの違いがより明確になっていた。GR86は「ホット/野性味」、BRZは「クール/GT思想」が強いと感じた。

 運転支援システムはATモデルにアイサイトを標準装備。カメラの形状から推測するとバージョン3相当だが機能は限定のようだ。MTモデルは年次改良のタイミングで対応する可能性が高い。
 新型GR86/BRZは、車両全体で大幅なレベルアップを実現した。気になる価格は、「より多くの方に手が届く価格で提供する」と開発責任者は語る。発売はGR86が秋、BRZは夏の予定。「2代目のジンクス」覆す絶妙な仕上がりなのは間違いない。2台ともに、新時代のFRスポーツと呼ぶにふさわしい自信作である。

駐車ブレーキはスポーツ走行に適した通常レバータイプ 新型は旧型比でヒップポイントが低くなりドライビングポジションを改善
BRZの室内カラーはブラックのみ 本革巻きステアリングは操作性に優れた小径デザイン
6速MTはクロースレシオ設定 シフトフィールを改善しギアノイズを低減
6SATはアダプティブ制御を新採用 スポーツ走行に最適なシフトプラグラム設定 パドル標準
コンソール部に走行モードとVSC解除スイッチをレイアウト
上級グレードは左右独立温度調節式オートAC スイッチは円形タイプ
タイヤは17インチと18インチを設定予定 18インチは215/40R18サイズ(ミシュラン・パイロットスポーツ4)
2ndモデルはGR86が正式名称  「レースで培った技術やノウハウを量産車に活かす」というGRイズムを色濃く反映 キャッチコピーは「直感ハンドリングFR」
2nd BRZはコントロール性を重視した「誰もが楽しめる究極のFRスポーツ」 開発現場のレベルアップを反映したハンドリングの持ち主 意のままに操れる

トヨタGR86 & SUBARU・BRZ 主要諸元

全長×全幅×全高=4265×1775×1310mm
ホイールベース=2575mm
トレッド=フロント:1520/リア:1520mm
車重=1270kg
エンジン=2387cc水平対向4DOHC16V
最高出力=173kW(235ps)/7000rpm
最大トルク=250Nm(25.5kgm)/3700rpm
燃料タンク容量=50リッター
サスペンション=フロント:ストラット/リア:ダブルウィッシュボーン
ブレーキ=前後:ベンチレーテッドディスク
タイヤ&ホイール=215/40R18+アルミ
駆動方式=FR
乗車定員=4名

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年9月号

  • ・新型フェラーリ296GTB
  • ・新型ロータス・エミーラ
  • ・最新 12テーマ ランキング大公開 2021上半期ベストモデル

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る