• TOP
  • 「今、乗っていると目立つ名車たち」キャッチコピーは「アートフォース」グレード名はトランプに由来するって知っていましたか!?

 ー 

「今、乗っていると目立つ名車たち」キャッチコピーは「アートフォース」グレード名はトランプに由来するって知っていましたか!?

Writer:カー・アンド・ドライバー Photo:小久保昭彦

日産シルビアK's(1988年式) 新車時価格:5MT 214万円/4AT 224万4000円 試乗記

日産シルビアK’s 5thシルビアは1.8リッターターボ(175ps)を搭載するK’sと1.8リッター自然吸気(135ps)のQ’s/J’sの3グレード構成 駆動方式はFR 1991年のマイナーチェンジでエンジンを2リッターに拡大 グレード名はトランプのK=キング、Q=クイーン、J=ジャックに由来した
日産シルビアK’s 5thシルビアは1.8リッターターボ(175ps)を搭載するK’sと1.8リッター自然吸気(135ps)のQ’s/J’sの3グレード構成 駆動方式はFR 1991年のマイナーチェンジでエンジンを2リッターに拡大 グレード名はトランプのK=キング、Q=クイーン、J=ジャックに由来した

高い内外装の品質感。美しい造形は魅力的

 新型シルビアと対面し、そしてじっくりと乗ってみて、強い感銘を受けた。
 印象に残ったのが内外装の品質感の素晴らしさである。カツカツに切りつめたパネル同士のギャップの少なさ、塗装の美しく硬質な感触が、素敵な品質感を演出する。まるでアルミの塊から、名匠が削り出したかのような一体感に感心した。

 インテリアについても同じことがいえる。シルビアのコクピットに座っていること自体に快感があるのだ。インパネの造形の巧妙さ、インテリア全体の居住感のよさなど、実に計算が行き届いている。

Cd値は0.32をマーク 5thモデルは走行状況に応じて後輪を自動操舵する4WS機構「HICASー2」を設定

パワフルなツインカムエンジン。ハンドリングはシャープ

 エンジンは全車ツインカム16Vで、K'sはインタークーラー付きターボ(CA18DET型)を搭載している。燃料はプレミアム指定で、スペックは175ps/23.0kgmである。
 K'sの車重は1120kg(MT)。同じエンジンを搭載しているブルーバード・アテーサより約200kgも軽い。その走りっぷりはスポーティカーとして申し分ない。2500rpm付近からトルクが盛り上がり、3000rpm以上はフラットなトルク感をキープしながらガンガン吹き上がる。
 7000rpmまでは勢いに乗って一気に回り切ってしまう。1.8リッタークラスではもちろん最速である。2リッタークラスを含めても、ギャランVR-4以外にシルビアK'sに追いすがれるクルマは少ないだろう。

 シルビアの走りのハイライトは、進化型HICAS―2(4WS)のオプション設定と、マルチリンク式リアサスペンションの導入だ。新型のHICAS―2は、仮想キングピン軸を中心に車輪だけを転舵する方式に改めた。同相の最大転舵角は1度に増加している。いわば4WSの効果を、より明確に引き出そうというセッティングだ。
 HICAS―2装着車のハンドリングの印象は、標準サス車とは、まったく異なる。まずクルマの挙動が非常にシャープだ。ステアリングを切り込むと即座にフロントノーズが横に振られるように、旋回に入っていく。走り出して最初のカーブを曲がった瞬間に、誰もがスポーティさを感じとれるはずだ。

 そこそこのスピードでワインディングロードを駆け回るようなシーンでは、ゲインの高いハンドリングがたっぷりと味わえる。さらにスピードを上げると、挙動は少しナチュラルさを欠いてくる。コーナリング中の路面のうねりなどを通過するとき、断続的にグリップ感を失う挙動が出やすい。
 標準仕様車のほうは、ずっとクルマの動きはマイルドで、スムーズだ。決して鈍いわけではなく、ステアリングを切ると素直に回頭する。アクセルオフでスムーズにタックインする挙動は、FR車の理想に近かった。(カー・アンド・ドライバー:1988年7月10日号掲載)

5thシルビアは3次元曲面ガラスを採用し滑らかなボディラインと後席ヘッドスペースを確保 足回りはフロントがストラット/リアはマルチリンクの組み合わせ ハンドリングは秀逸

5thシルビア購入ガイド

 5thシルビア(S13型)は1988年5月デビュー。美しいスタイリングとFRレイアウトが生み出す走りで高い人気を獲得する。トップモデルはターボ仕様のK’s。当初1.8リッターのCA18DET型(175ps)だったが1991年のマイナーチェンジで2リッターのSR20DET型(205ps)に変更。オプションのHICASー2装着車のハンドリングはシャープ。走り屋が酷使した車両が多く、流通車のコンディションはさまざま。フルオリジナル車両の相場は350万〜400万円。

室内はラウンディッシュな造形 広いグラスエリアが高い開放感を提供 ステアリング周囲にスイッチを集約した機能設計
前席はファブリック張りモノフォルムバケット 後席はトランクスルー機能付き
メーターは4連式 デジタル式はオプション設定 K’sのレッドゾーンは7500rpm
写真のプロジェクターヘッドライトはオプション 標準は角型ハロゲン仕様

1988年式日産シルビアK's 主要諸元

CA18DET型 1809cc直4DOHC16Vターボ 175ps/6400rpm 23.0kgm/5200rpm K’s用のターボは2500rpm付近からトルクが盛り上がる 0→400m加速は15.3秒(メーカー公表値) Q’s/J’s用の自然吸気(135ps/16.2kgm)も力強かった

グレード=K’s(1988年式) 
新車時価格=5MT 214万円/4AT 224万4000円
全長×全幅×全高=4470×1690×1290mm 
ホイールベース=2475mm
車重=1120kg(AT20kg増)
エンジン=1809cc直4DOHC16Vターボ(175ps/6400rpm 23.0kgm/5200rpm)
サスペンション=フロント:ストラット/リア:マルチリンク 
タイヤ&ホイール=195/60R15+スチール
駆動方式=FR
乗車定員=4名

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年7月号

  • ・いま、乗っておきたいエンジン車特集
  • ・主要22社電動化戦略オールガイド
  • ・池田直渡「クルマのパースペクティブ」

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る