• TOP
  • 「今、乗っていると目立つ名車たち」ロングノーズの2ndトヨタ・セリカXXの足回りは、ロータス・チューンだって知っていましたか!?

 ー 

「今、乗っていると目立つ名車たち」ロングノーズの2ndトヨタ・セリカXXの足回りは、ロータス・チューンだって知っていましたか!?

Writer:岡崎宏司 Photo:小久保昭彦

トヨタ・セリカXX2800GT(1982年式) 新車時価格:5MT 232万2000円/4AT 240万6000円 試乗記

トヨタ・セリカXX2800GT 2800GTは1stソアラと共通の2.8リッター6DOHC(170ps)搭載 カタログキャッチは「体感ツインカム6」 輸出名称はスープラ 足回りはロータスがチューニングを担当した
トヨタ・セリカXX2800GT 2800GTは1stソアラと共通の2.8リッター6DOHC(170ps)搭載 カタログキャッチは「体感ツインカム6」 輸出名称はスープラ 足回りはロータスがチューニングを担当した

男性的な造形。空気の壁を切り裂くシャープフォルム

 セリカXXのイメージが変わった。新型はシャープで筋肉質の男性的プロポーションに変身している。バリエーションのスター的な存在は、2800GTだろう。積んでいるのはソアラ譲りの2.8リッターツインカムユニット(5M-GEU型)である。

 ハイスピードで疾走するXXの姿は、息をのむほど魅力的だ。ツインカムシックスが唸り、薄く低いノーズが空気の壁を切り裂く。XXのCd値は0.35。大人4名が乗れるキャビンを持つクルマでは、世界のトップに立つ。
 インテリアもガラリと変わった。近ごろ、高めのアイポイントを持っているクルマが多いが、XXは低めだ。また、最近は広々としたコクピットが増えたが、セリカはやや囲まれる感じのレイアウトになっている。このコクピットに座るだけで、スポーツ心のあるドライバーの気分は高まるに違いない。

2ndセリカXXはロングノーズをいちだんと強調するリトラクタブル式ヘッドライト採用 Cd値は当時クラストップの0.35をマーク

速さ鮮烈。コーナリング能力も優秀だった!

 2800GTの走りは鮮烈だ。ソアラより65kg軽く、さらに空力性能が優れているセリカに5M-GEU型ユニットを組み合わせたのだ。いっそうパワフルになっている。ソアラ2800GTの速度制限装置を外したテスト車では、205km/hをマークし、ゼロヨンを15.9秒(2人乗り)で駆け抜けた、XXなら、さらにトップスピードは伸びるだろうし、ゼロヨンもあと0.3秒は短縮できるはずだ。

 ところで、ソアラでは5000rpmを超えるあたりからパワーが少し低下し、トップエンドの伸びが落ちたが、セリカXXではそのクセが少し良くなっている。基本的に同じエンジンだが、車重差と、排ガス浄化システム変更の効果だろうか。
 サスペンションはフロントがストラット、リアがセミトレーリングアームの4輪独立。ステアリングはパワーアシスト付きのラック&ピニオン式だ。足回りの最終仕上げは英国の名門、ロータスが担当したという。

 コーナリング能力は優秀だ。ちょっと飛ばす程度なら、適度なアンダーステア傾向で、実に扱いが楽だ。そのうえ、シャープな切れ味が楽しめる。さらにスピードを上げていくと、アンダーステアの度合は強まるが、過度にはならない。フロントのグリップ力が残るうちに、リアがスライドしだす。バランスのとれたハンドリングだ。前後バランスもいい。
 コントローラブルな性格は、2800GTを思い切って振り回せる、楽しいスポーツ車にした。ワインディングロードやサーキットで、フルに5M-GEU型のパワーを引き出しながら走っても、足回りは、そのパワーをしっかり支える能力があり、存分に愉快に駆け回らせてくれた。ブレーキ能力はソアラに勝っている。メーカーの「新しいセリカXXは、スポーツマインドをいっそう高めた」という説明は事実だった。XX2800GTは、ルックス同様、走りは男性的なスポーツ派に変身している。(カー・アンドドライバー:1981年9月号掲載)

ボディタイプは大型リアゲート付きのリフトバック 足回りはフロントがストラット/リアセミトレーリングアームの4輪独立 ハンドリングはコントローラブルな設定 駆動方式はFR

2ndセリカXX購入ガイド

 2ndセリカXX(MA61/GA61型)は1981年7月に登場。スポーツマインドを鮮明にしたシャープなフォルムが話題を呼ぶ。トップモデルは2.8リッター直6ツインカム(170ps)の2800GT。2リッターシリーズも設定された。82年2月に2リッターターボ、8月に2リッターツインカム(160ps)の2000GTが登場。83年8月に一部改良を実施。市場ではGT系の5MT車が中心。オリジナル状態を維持したモデルが240万~400万円前後で取り引きされている。欠品パーツは多い。

インパネは高機能設計 中央部の計器は設定した目的地の方向を表示する「ナビコン」  カセット付きラジオとのセットオプションだった 着座位置は低めの設定
GTはハイバック形状のスポーツシート標準 運転席は8ウェイ調節機構付き 定員は5名だが実質4シーター

1982年式トヨタ・セリカXX2800GT 主要諸元

5M-GEU型 2759cc直6DOHC12V 170ps/5600rpm 24.0kgm/4400rpm 軽量な車重と優れた空力特性によりソアラ以上のハイパフォーマンス実現 

グレード=2800GT
新車時価格=5MT 232万5000円/4AT 240万6000円
全長×全幅×全高=4660×1685×1315mm 
ホイールベース=2615mm
車重=1235kg(MT/AT1250kg)
エンジン:2759cc直6DOHC12V(170ps/5600rpm 24.0kgm/4400rpm)
サスペンション=フロント:ストラット/リア:セミトレーリングアーム 
ブレーキ=前後ベンチレーテッドディスク
タイヤ&ホイール=195/70HR14+アルミ
駆動方式=FR
乗車定員=5名

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年7月号

  • ・いま、乗っておきたいエンジン車特集
  • ・主要22社電動化戦略オールガイド
  • ・池田直渡「クルマのパースペクティブ」

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る