ー 

BMWジャパン設立40周年を記念した特別限定モデル「40thアニバーサリーエディション」が発売

Writer:大貫直次郎 

BMWジャパンの設立40周年の節目を祝う3/5/7シリーズの記念限定車「40thアニバーサリーエディション」が登場。各モデルの伝統を想起させるアレンジに、記念ロゴをあしらった専用装備を採用

 BMWジャパンは2021年5月24日、同社の設立40周年を記念した3/5/7シリーズの限定モデル「40thアニバーサリーエディション(40th Anniversary Edition)」を発売した。
車種展開および販売台数は以下の通り。
318i 40thアニバーサリーエディション:580万円(300台限定)
523d xドライブ Mスポーツ 40thアニバーサリーエディション:858万円(100台限定)
745Le xドライブ 40thアニバーサリーエディション:1600万円(2台限定)
740Ld xドライブ 40thアニバーサリーエディション:1614万円(2台限定)
750Li xドライブ 40thアニバーサリーエディション:2114万円(6台限定)

▲BMWジャパンの設立40周年を記念した専用ロゴ。日本を象徴する太陽の円弧モチーフとBMWの丸形のエンブレムを掛け合わせ、BMWジャパンが新たな未来へと向かっていく“日の出”を表現している

 今回の限定モデルは、BMWジャパンの設立40周年を記念したブランドキャンペーンの一環として企画された特別仕様車群で、40年という歴史において3/5/7シリーズそれぞれが歩んできた伝統を想起させるアレンジを施しながら、記念ロゴをあしらった専用装備を豊富に採用したことが特徴である。

▲全モデルのセンターコンソールにシリアルナンバーを刻んだホワイトシルバーの限定バッジを装備
▲ドアを開けると40周年記念ロゴが足下を照らすLEDドアプロジェクターを特別装備
▲Bピラー部には40周年記念ロゴの専用レタリングを配備
▲40周年記念ロゴを型押ししたイタリア製レザーの専用キーケースを設定

 全モデルに共通する専用装備から見ていこう。まず内装では、センターコンソールにシリアルナンバーを刻んだホワイトシルバーの限定バッジを貼付。また、ドアを開けると40周年記念ロゴが足下を照らすLEDドアプロジェクターを特別装備する。さらに、Bピラー部には40周年記念ロゴの専用レタリングを配備。そして、40周年記念ロゴを型押ししたイタリア製レザーの専用キーケースを設定した。

▲BMW 318i 40thアニバーサリーエディション 価格:8SAT580万円 写真のボディカラーはアルピンホワイト
▲外装にはクロームエレメントや17インチアロイホイール・ダブルスポークスタイリング771を装備

 各モデルの内容に話を移そう。まず318i 40thアニバーサリーエディションは、外装にクローム加飾を施したウィンドウモールやキドニーグリル、エアインテークを配備したうえで、フロントバンパーの下部をブラックハイグロスで塗装するとともに、繊細なスポークが細かく入る17インチアロイホイール・ダブルスポークスタイリング771を装着し、初代3シリーズを彷彿とさせる精悍なデザインを創出する。

▲ガルバニック仕上げのスイッチ類やヴァーネスカレザー表皮のスポーツシートを特別装備。日本導入モデルのハンドル位置は右

 一方、内装にはガルバニック仕上げのスイッチ類やヴァーネスカレザー表皮のスポーツシートおよびセンサテックダッシュボードなどを採用して、スポーティかつ上質なキャビン空間に仕立てた。
 外装色/内装色の組み合わせに関しては、アルピンホワイト/コニャク(限定200台)、グレイシャーシルバー/ブラック(オプション価格10万円、限定80台)、メルボルンレッド/キャンベラベージュ(オプション価格10万円、限定20台)という3タイプを設定している。

▲BMW 523d xドライブ Mスポーツ 40thアニバーサリーエディション 価格:8SAT858万円 写真のボディカラーはカーボンブラック
▲Mリアスポイラーや20インチMライトアロイホイール・Yスポーク846Mバイカラー(ジェットブラック)を標準装備

 次に523d xドライブ Mスポーツ 40thアニバーサリーエディションは、外装にヘッドライトのリフレクター部分がブラックになるMライト シャドーラインを組み込み、第2世代5シリーズにも採用された伝統の丸型4灯ライトを彷彿させるとともに、最新のシャープなフロントライトが際立つデザインに仕立てる。また、Mスポーツパッケージとして当時人気のあったオプション装備のMリアスポイラーを標準で装備。足もとには20インチMライトアロイホイール・Yスポーク846Mバイカラー(ジェットブラック)を組み込んだ。ボディカラーはアルピンホワイトとカーボンブラック(オプション価格10万円)の2種類を、それぞれ50台限定で用意している。

▲ブルーステッチ付きのダコタレザーシートやMスモークグレー・アルミニウムインテリアなどを標準で組み込む。日本導入モデルのハンドル位置は右

 内装に関しては、ブルーステッチ付きのダコタレザーシートやMシートベルト、Mスモークグレー・アルミニウムインテリアなど、Mスポーツならではの装備を標準で採用。また、Mロゴ付ドアシルプレートも標準で組み込んでいる。

▲BMW 750Li xドライブ 40thアニバーサリーエディション 価格:8SAT2114万円 ボディカラーにはBMW Individual の特別色であるアズライトブラックを採用
▲足もとにはポリッシュ仕上げの20インチWスポーク・スタイリング646バイカラーアロイホイールを装着

 そして7シリーズについては、745Le xドライブ 40thアニバーサリーエディション/740Ld xドライブ 40thアニバーサリーエディション/750Li xドライブ 40thアニバーサリーエディションの3タイプを用意する。
 最上級の750Li xドライブ 40thアニバーサリーエディションは、BMW Individualの装備を多数導入する。ボディカラーには、BMW Individualの特別色であるアズライトブラックを採用。アズライトは別名「藍銅鉱(らんどうこう)」と称する、日本の伝統絵画に用いられてきた高貴な色であり、その深みのある藍の色合いによって多くの日本人を魅了し続けている。また、足もとにはポリッシュ仕上げの20インチWスポーク・スタイリング646バイカラーアロイホイールを装着した。

▲BMW Individualフルレザー・メリノシートのスモークホワイト&ナイトブルー・バイカラーやグレー・ポプラウッド・インテリアトリムなどを特別装備。日本導入モデルのハンドル位置は右

 内包するインテリアは、BMW Individualフルレザー・メリノシートのスモークホワイト&ナイトブルー・バイカラーやBMW Individualアルカンタラルーフライナーのナイトブルー、グレー・ポプラウッド・インテリアトリム、エグゼクティブラウンジシートなどを標準で採用。BMWジャパンが提供しうる最上級のおもてなし空間を演出した。

▲BMW 745Le xドライブ 40thアニバーサリーエディション(写真・右) 価格:8SAT1600万円 BMW 740Ld xドライブ 40thアニバーサリーエディション(同・左) 価格:8SAT1614万円 日本導入モデルのハンドル位置は右

 745Le xドライブ 40thアニバーサリーエディション/740Ld xドライブ 40thアニバーサリーエディションに関しては、ブラックサファイアのボディカラーに20インチW スポーク・スタイリング646アロイホイールを採用し、上質で落ち着いたスタイリングを具現化。一方で内装には、ブラックのエクスクルーシブ・ナッパレザーシートやグレー・ポプラウッド・インテリアトリムなどを装備して、優雅でプレステージな室内スペースに仕上げた。

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年7月号

  • ・いま、乗っておきたいエンジン車特集
  • ・主要22社電動化戦略オールガイド
  • ・池田直渡「クルマのパースペクティブ」

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る