ー 

商用バンの日産「NV150AD」が車名を「AD」に変更。合わせて一部仕様向上を実施

Writer:大貫直次郎 

日産の定番ビジネスバンの「NV150AD」が車名を「AD」に回帰。同時に機能装備の拡充をメインとした商品改良を実施

 日産自動車は2021年5月24日、商用バンの「NV150AD」を「AD」に車名変更するとともに一部仕様向上を図って、同日より発売した。

▲日産ADエキスパートGX(2WD) 価格:CVT182万3800円 全長4395×全幅1695×全高1500mm ホイールベース2600mm 車重1150kg 乗車定員2(5)名 アイドリングストップを組み込んで燃料消費率を改善した

車種展開は以下の通り。
■2WD車(HR15DEエンジン搭載)
SD:157万1900円
SV:160万500円
DX:165万円
VE:167万8600円
エキスパートLX:175万1200円
エキスパートGX:182万3800円
■4WD車(HR16DEエンジン搭載)
DX:184万8000円
VE:187万6600円
エキスパートLX:193万4900円
エキスパートGX:200万7500円

▲日産AD VE 価格:CVT167万8600円 全長4395×全幅1695×全高1500mm ホイールベース2600mm 車重1140kg 乗車定員2(5)名

 今回の仕様変更は、燃費性能の向上や機能装備の拡充などを図ったことが特徴である。
 まず燃費性能では、2WD車にアイドリングストップを組み込み、燃料消費率を改善(WLTCモード燃費16.1km/リットル)。また、先進安全装備として先行車または対向車や周囲の明るさなどに応じて自動的にヘッドライトの上向きと下向きを切り替える「ハイビームアシスト」を設定したほか、足を踏み替える間はクルマがブレーキ力を2秒間維持し、ゆっくり落ち着いて坂道発進ができる「ヒルスタートアシスト」を採用した。

▲先行車または対向車や周囲の明るさなどに応じて自動的にヘッドライトの上向きと下向きを切り替える「ハイビームアシスト」を設定
▲ゆっくり落ち着いて坂道発進ができる「ヒルスタートアシスト」を採用

 機能面では、ビジネスシーンでも便利な「USB電源ソケット」を全車に標準装備。また、寒冷地のユーザーに向けて「シートヒーター」を4WD車に標準で組み込んだ。

▲ビジネスシーンでも便利な「USB電源ソケット」を全車に標準装備
▲4WD車に「シートヒーター」を標準採用。写真の赤い部分がヒーターエリア

 パワーユニットは基本的に従来を踏襲し、2WD車にHR15DE型1498cc直列4気筒DOHCエンジン(110ps/14.9kg・m)+エクストロニックCVTを、4WD車にHR16DE型1597cc直列4気筒DOHCエンジン(113ps/15.3kg・m)+電子制御4速ATを搭載している。

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年7月号

  • ・いま、乗っておきたいエンジン車特集
  • ・主要22社電動化戦略オールガイド
  • ・池田直渡「クルマのパースペクティブ」

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る