ー 

三菱自動車がエクリプス クロスのPHEVモデルをニュージーランドとオーストラリアに投入

Writer:大貫直次郎 

三菱自動車がオセアニア市場でさらに積極攻勢。ニュージーランドとオーストラリアでエクリプス クロスのPHEVモデルを発売

 三菱自動車は2021年5月26日、新型クロスオーバーSUV「エクリプス クロス」のプラグインハイブリッド(PHEV)モデルを6月1日にニュージーランドで、7月にオーストラリアで発売すると発表した。同社は持続可能な社会の実現に向けてプラグインハイブリッドを軸に電動車の普及を世界各地で進めており、今回のエクリプス クロスPHEVモデルの発売によって、オセアニア市場における商品ラインアップのさらなる拡充を目指している。

▲ニュージーランドとオーストラリアで発売される三菱エクリプス クロスのPHEVモデル。ニュージーランドでは先に発売したアウトランダーPHEV(2014年2月に発売)の累計販売台数がプラグインハイブリッドおよび電気自動車カテゴリーの中で同国最多を記録しており、エクリプス クロスPHEVモデルも量販が期待できる

 エクリプス クロスのPHEVモデルは三菱自動車の2車種目となるプラグインハイブリッドEVで、2359cc直列4気筒DOHC16V・MIVECエンジン+フロントモーター+リアモーター+リチウムイオンバッテリーで構成するツインモーター4WD方式のプラグインハイブリッドシステムをアウトランダーPHEVから継承したうえで、スポーティな制御に設定変更。力強く滑らかで、かつ静かな電動車ならではの加速性能と、車両運動統合制御システムS-AWCによる意のままの操縦性や卓越した走行安定性を実現している。また、自ら発電できるため、満充電・満タンの状態であればV2H(Vehicle to Home)機器を経由して一般家庭の最大約10日分に相当する電力を供給することが可能だ。

 エクリプス クロスPHEVモデルのオセアニア市場への新投入に関して、三菱自動車の矢田部陽一郎副社長は「ニュージーランドではアウトランダーPHEVの累計販売台数がプラグインハイブリッドおよび電気自動車カテゴリーの中で同国最多となるなど、当社の環境対応車が高く評価されている」「エクリプス クロスのPHEVモデルは環境性能に加えて、だれでも安心して楽しめる軽快感のあるハンドリングで走りの魅力を高めている。すでに販売を開始している日本と欧州では好評を博しており、ニュージーランドと豪州のユーザーにも自信を持ってお届けできる」とコメントしている。

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年7月号

  • ・いま、乗っておきたいエンジン車特集
  • ・主要22社電動化戦略オールガイド
  • ・池田直渡「クルマのパースペクティブ」

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る