• TOP
  • 「今、乗っていると目立つ名車たち」SUBARU初のスペシャルティ、アルシオーネの名前はプレアデス星団のα星に由来するって知っていましたか!?

 ー 

「今、乗っていると目立つ名車たち」SUBARU初のスペシャルティ、アルシオーネの名前はプレアデス星団のα星に由来するって知っていましたか!?

Writer:岡崎宏司 Photo:小久保昭彦

SUBARUアルシオーネVRターボ(1985年式) 新車時価格:5MT 225万円/3AT 231万5000円 試乗記

SUBARUアルシオーネVRターボ 1stアルシオーネはボディ上面に加え下部もフラットに仕上げたエアロスタイリングを採用 Cd値は4WDのVRターボで0.31(FFのVSターボは0.29) 車名はプレアデス星団のα星に由来
SUBARUアルシオーネVRターボ 1stアルシオーネはボディ上面に加え下部もフラットに仕上げたエアロスタイリングを採用 Cd値は4WDのVRターボで0.31(FFのVSターボは0.29) 車名はプレアデス星団のα星に由来

印象的なルックス。FF車のCd値は0.29をマーク!

 SUBARU(以下スバル)初のスペシャルティカー、アルシオーネがデビューした。
 アルシオーネはいろいろと特徴があるクルマだ。何といっても最大のポイントは、印象的なルックスである。
 薄くシャープなノーズは、まさに空気の壁を「切り裂く」イメージだ。フォルムは、文字どおりの「ウエッジ」である。リトラクタブル式のヘッドライトはノーズと巧みに一体化しており、なかなかいい仕上がりだ。

 空力性能は、もちろんいい。車高の低いFFモデル(4WDモデルより40mm低い)のCd値は実に0.29である。試乗したのは主に4WDのVRターボで、こちらのCd値は0.31くらいだという。こちらも立派なデータだ。

アルシオーネのメカニズムは当時のレオーネがベース ヘッドライトはリトラクタブル形状 エンジンは1.8リッターフラット4

ショーカーを走らせているイメージ、4WDは先進的だった

 インテリアも外観に劣らず斬新だ。インパネは、いわゆるコクピットタイプである。
 メーターパネルと、ステアリングコラムの左右に突き出したウイング状のコントロールパネルは、ステアリングのチルト機構と連動する仕組みになっている。だから、ステアリングホイールの位置をどう動かしても、メーター類が見にくくなったり、スイッチが操作しにくくなる心配がない。なかなか具合がいい。
 ガングリップタイプのシフトレバーや、逆L字型スポークのステアリングホイールなど各部の造形は個性的。何だか〝ショーカー〟に乗っているような気になってくる。

 アルシオーネのエンジンは、1.8リッター水平対向4気筒ターボを積んでいる。最高出力は135ps/5600rpmで、最大トルクは20.0kgm/2800rpmを発生する。
 4WDのVRターボの動力性能は、ターボ車として水準的だ。日常的なスタート、つまりパーシャルスロットルでの発進は、なかなか力強い。走り出してしまえば、あとはドライバーの意志のままに走ってくれる。

 4WD機構は、パートタイム4WDである。だが、ATの場合、MP-Tと呼ぶ独特のトランスファーによって、フルタイム4WDと同様の使い方ができる。このプラスは大きい。
 VRターボの足回りは、電子制御式フルエアスプリング方式を採用している。セッティングは、高速直進性を重視し、乗り心地もよくした、という。ただし操縦性は癖があり、残念だが良好とはいえない。スバルの新しいイメージリーダーとして、ブラッシュアップを期待したい。(カー・アンド・ドライバー:1985年7月26日号掲載)

VRターボの足回りは電子制御式フルエアスプリング方式 キャビンはグラッシーな雰囲気 アルシオーネは1987年7月に2.7リッター水平対向6気筒(150ps)を搭載したVXを追加

1stアルシオーネ購入ガイド

 1stアルシオーネ(AX-4/AX7型)は、SUBARU初のスペシャルティカーとして1985年1月に北米デビュー(車名はXTクーペ)。日本は5月発売。ラインアップは4WDのVRターボとFFのVSターボの2種。水平対向ユニットを筆頭にした独自のメカニズムと世界トップ級の空力性能がアピールポイント。1987年7月には2.7リッターボクサー6(150ps)を積む上級版のVXを追加した。現在は250万〜320万円前後でオリジナル車が取り引きされている。

インパネはスクエア形状 ステアリングは上下50mmのチルトと前後40mmのテレスコピック機構付き チルトはウイングスイッチが一緒に動く機能的な設計
前席はファブリック張りバケット形状 運転席はランバーサポート標準 後席はトランクスルー付きビニール仕上げ

1985年式SUBARUアルシオーネVRターボ 主要諸元

1781cc水平対向4OHCターボ 135ps/5600rpm 20.0kgm/2800rpm エンジンは中低速トルク重視型 トランスミッションは5速MTと3速AT 4WDシステムはセレクティブ式 ATにはFFと4WDが自動的に切り替わるオート機能を標準装備

グレード=VRターボ(1985年式) 
新車時価格=5MT 225万円/3AT 231万5000円
全長×全幅×全高=4450×1690×1335mm 
ホイールベース=2465mm
車重=1340kg(AT10kg増)
エンジン=1781cc水平対向4OHC8Vターボ(135ps/5600rpm 20.0kgm/2800rpm)
サスペンション=フロント:ストラット/リア:セミトレーリングアーム
タイヤ&ホイール=185/70R13+スチール
駆動方式=4WD
乗車定員=4名

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年7月号

  • ・いま、乗っておきたいエンジン車特集
  • ・主要22社電動化戦略オールガイド
  • ・池田直渡「クルマのパースペクティブ」

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る