ー 

モーガンPLUS Four/PLUS Sixの2022年モデルが本国デビュー。ソフトトップやシートを刷新

Writer:大貫直次郎 

モーガンがPLUS FourとPLUS Sixをマイナーチェンジ。使いやすさや耐候性を引き上げたソフトトップ、座り心地を向上させたシート、ロック機構付きの収納コンパートメントなどを採用して訴求力をアップ

 英国モーガン モーター カンパニーは2021年5月27日(現地時間)、1998cc直列4気筒DOHCツインパワーターボエンジン(6MT258ps/350Nm、8AT258ps/400Nm)を搭載する「PLUS Four(プラス・フォー)」と、2997cc直列6気筒DOHCツインパワーターボエンジン(8AT340ps/500Nm)を搭載する「PLUS Six(プラス・シックス)」の2022年モデルを発表した。

▲モーガンPLUS Four 2022年モデル 全長3830×全幅1650×全高1250mm パワーユニットにはBMW製の1998cc直列4気筒DOHCツインパワーターボエンジンを専用チューニング(6MT258ps/350Nm、8AT258ps/400Nm)で搭載。LEDヘッドライトにはキーを抜いてから30秒間点灯し続けるコンシェルジュ機能を組み込む

 2022年モデルは、新設計のソフトトップやシート、アクティブスポーツエキゾーストシステムなどを採用したほか、機能装備のバージョンアップを図って、2シータースポーツカーとしての魅力度をいっそう引き上げたことが特徴である。

▲新設計のソフトトップを採用。フードレールファスナーを省いた新フレーム構造と、ドアおよびサイドスクリーンまわりのシールパッケージの改良などを実施する

 まず外装では、新設計のソフトトップに注目。フードレールファスナーを省いた新フレーム構造と、ドアおよびサイドスクリーンまわりのシールパッケージの改良などによって、開閉に要する時間の短縮やトップ自体の耐久・耐候性の向上、キャビンの遮音性のアップを実現した。また、約10年ぶりにデザイン変更されたモーガンの“ウィング エンブレム”を装着し、さらにオプション設定のブラック仕上げメッシュグリルとのカラーコーディネートも可能とする。LEDヘッドライトにキーを抜いてから30秒間点灯し続けるコンシェルジュ機能を組み込んだことも、2022年モデルのトピックだ。

▲スポーティな排気音を追求したアクティブスポーツエキゾーストシステムをオプション設定

 スポーティな排気音を追求したアクティブスポーツエキゾーストシステムをオプション設定したことも訴求点。排気管内にアクティブバイパスバルブを組み込み、都市部の走行ではジェントルに、オープンロードでは“スポーツモード”(AT車)または“スポーツプラスモード”の選択によって刺激的な排気ノートを発生する。さらに、テールパイプはポリッシュシルバーまたはブラックを選べるようにアレンジした。

▲車内エンターテインメントに貢献するデュアルUSBコンセントを標準で設定
▲快適性をいっそう追求した新設計のシートを装備。PLUS Fourには調整式ランバーサポートを備えたコンフォートシートを採用する
▲新オプションとしてシート後方のラゲッジ部に配するロック機構付きの収納コンパートメントを設定

 インテリアに関しては、快適性をいっそう高めた新設計のシートを装備したことがアピールポイント。ベース部とバックレストは最新の人間工学に基づいて形状を決定したほか、横と縦の両方向のサポート性をさらに強化する。また、調整式ランバーサポートを備えたコンフォートシートをPLUS Fourに標準で、シートベースの弾力性を引き上げたうえでサイドおよび大腿部ボルスターの空気圧調整機能を追加したコンフォートプラスシートをPLUS Sixに標準、PLUS Fourにオプションで設定した。

▲モーガンPLUS Six 2022年モデル 全長3890×全幅1756×全高1220m パワーユニットにはBMW製 の2997cc直列6気筒DOHCツインパワーターボを専用チューニング(8AT340ps/500Nm)で搭載
▲ソフトトップの改良によって開閉に要する時間の短縮やトップ自体の耐久・耐候性の向上、キャビンの遮音性のアップを成し遂げる
▲約10年ぶりにデザイン変更されたモーガンの“ウィング エンブレム”を装着

 機能装備の向上を図った点も見逃せない。新オプションとして、シート後方のラゲッジ部に配するロック機構付きの収納コンパートメントを用意。また、リアのバルクヘッドにはLEDランプを装備する。さらに、車内エンターテインメントに貢献するデュアルUSBコンセントを標準で採用した。

▲1950年代の航空機器類からヒントを得た内装デザイン。リアのバルクヘッドにはLEDランプを新たに組み込んだ
▲PLUS Sixはシートベースの弾力性を引き上げたうえでサイドおよび大腿部ボルスターの空気圧調整機能を追加したコンフォートプラスシートを標準装備

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年7月号

  • ・いま、乗っておきたいエンジン車特集
  • ・主要22社電動化戦略オールガイド
  • ・池田直渡「クルマのパースペクティブ」

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る