• TOP
  • プジョー508がラインアップを刷新。PHEVモデルの「508GTハイブリッド」「508SW GTハイブリッド」を新設定

 ー 

プジョー508がラインアップを刷新。PHEVモデルの「508GTハイブリッド」「508SW GTハイブリッド」を新設定

Writer:大貫直次郎 

プジョーが旗艦ファストバック&ワゴンの508シリーズにプラグインハイブリッドモデルの「508GTハイブリッド」「508SW GTハイブリッド」を追加。車種展開も「GT」グレードに統一

 グループPSAジャパンは2021年6月2日、プジョー・ブランドのフラッグシップサルーン/ワゴンの508シリーズにプラグインハイブリッド(PHEV)モデルの「508GTハイブリッド」および「508SW GTハイブリッド」を新設定し、合わせて従来のラインアップを変更して、同日より発売した。

▲プジョー508GTハイブリッド 価格:607万8000円 全長4750×全幅1860×全高1420mm ホイールベース2800mm 車重1790kg 乗車定員5名 WLTCモード燃費15.5km/リットル

車種展開は以下の通り。
508GT:513万1000円
508GT・ブルーHDi:547万1000円
508GTハイブリッド:607万8000円
508SW GT:538万9000円
508SW GT・ブルーHDi:572万9000円
508SW GTハイブリッド:633万6000円

▲プジョー508SW GTハイブリッド 価格:633万6000円 全長4790×全幅1860×全高1420mm ホイールベース2800mm 車重1820kg 乗車定員5名 WLTCモード燃費15.5km/リットル

 まずは新設定の508GTハイブリッド/508SW GTハイブリッドから解説しよう。肝心のパワートレインは、“PureTech”1598cc直列4気筒DOHC直噴ガソリンターボエンジン(180ps/300Nm)+モーター(81kW/320Nm)という総出力225ps/360Nmの動力源に、容量11.8kWhのリチウムイオンバッテリー、トルクコンバーターに代わり湿式多板クラッチを配したe-EAT8(電子制御8速AT)を組み合わせて、ハイブリッドシステムを構成する。また、減速時の運動エネルギーでバッテリーを充電、残量を回復する回生ブレーキシステムも導入し、DモードとBモードの2つのエネルギー回生パターンを採用。燃費面はWLTCモードで15.5km/リットルを成し遂げる。さらに、エレクトリックモードでの航続距離(EV走行距離)はWLTCモードで56kmを実現した。

▲“PureTech”1598cc直列4気筒DOHC直噴ガソリンターボエンジン(180ps/300Nm)+モーター(81kW/320Nm)という総出力225ps/360Nmの動力源に、容量11.8kWhのリチウムイオンバッテリー、トルクコンバーターに代わり湿式多板クラッチを配したe-EAT8(電子制御8速AT)を組み合わせてハイブリッドシステムを構成
▲減速時の運動エネルギーでバッテリーを充電、残量を回復する回生ブレーキシステムを組み込む

 シチュエーションに合わせて走行性能を最適化する4つのドライブモード、ハイブリッド/コンフォート/スポーツ/エレクトリックモードを設定したことも訴求点だ。ハイブリッドモードは、エンジンとモーターを活用しながら総合的に効率を高める仕組み。コンフォートモードは、駆動系の制御をハイブリッドモードのままとしたうえでアクティブサスペンションの減衰力セッティングをコンフォートに設定し、快適な乗り心地と静粛性、走行安定性を実現する。スポーツモードは、主にエンジンを動力源としながら、状況に応じてモーターのパワーも活用して高出力を引き出し、ダイナミックな走りを演出。そしてエレクトリックモードは、電動モーターのみで走行するゼロエミッションパターンで、EVならではの静かで振動の少ない走りを達成。最高速度は135km/hに設定した。

▲バッテリーへの充電は普通充電のみに対応し、満充電に要する時間は付属の充電ケーブルを使った3kW/200Vで約5時間、ウォールボックスタイプの6kW/200Vで約2.5時間でこなす

 バッテリーへの充電は普通充電のみに対応し、満充電に要する時間は付属の充電ケーブルを使った3kW/200Vで約5時間、ウォールボックスタイプの6kW/200Vで約2.5時間。ソケット脇にはLEDのインジケーターを設け、スタンバイ(白)、充電中(緑の点滅)、充電完了(緑の点灯)、充電予約中(青)など状態を表示する。また、無料のスマートフォン用アプリ“MyPeugeot”をダウンロードすれば、離れた場所からでの充電予約と状況の確認、そしてエアコンのプリコンディショニングの操作が可能だ。

▲無料のスマートフォン用アプリ“MyPeugeot”をダウンロードすれば、離れた場所からでの充電予約と状況の確認(写真・上)、エアコンのプリコンディショニングの操作(同・下)が可能

 ラインアップの刷新に話を移そう。グレード体系は、508と508SWともに「GT」に一本化。パワートレインは従来と同仕様の“BlueHDi”1997cc直列4気筒DOHCコモンレール式直噴ディーゼルターボエンジン(177ps/400Nm)+EAT8(電子制御8速オートマチックトランスミッション)と、燃費改善(WLTCモードで14.9km/リットルから15.6km/リットルに向上)を図って平成30年排出ガス基準50%低減(4つ星)に対応した“Pure Tech”1598cc直列4気筒DOHC直噴ガソリンターボエンジン(180ps/250Nm)+EAT8を採用する。

▲プジョー508GT・ブルーHDi 価格:547万1000円 全長4750×全幅1860×全高1420mm ホイールベース2800mm 車重1630kg 乗車定員5名
▲“BlueHDi”1997cc直列4気筒DOHCコモンレール式直噴ディーゼルターボエンジンは最高出力177ps、最大トルク400Nmを発生
▲プジョー508SW GT 価格:538万9000円 全長4790×全幅1860×全高1420mm ホイールベース2800mm 車重1550kg 乗車定員5名
▲“Pure Tech”1598cc直列4気筒DOHC直噴ガソリンターボエンジン(180ps/250Nm)は燃費改善を図って平成30年排出ガス基準50%低減に対応した

 内装については、従来オプション設定だったナッパレザーシートを全車に標準装備化したことがトピック。また、新パッケージオプションとしてナイトビジョン、フルパークアシスト、360°カメラ、パノラミックサンルーフのセットを設定する。一方、先進運転支援システム(ADAS)に関しては、二輪車および夜間での検知精度をアップした最新世代アクティブセーフティブレーキやストップ&ゴー機能付きのアクティブクルーズコントロール、左右の車線のどちらかをドライバーが任意に選び、その白線から一定の距離を保ったまま走行可能なレーンポジショニングアシストなど、フラッグシップに相応しい安全機構を標準で組み込んだ。

▲従来オプション設定だったナッパレザーシートを全車に標準装備化。日本導入モデルのハンドル位置は右
▲新パッケージオプションとしてナイトビジョン(写真・上)、フルパークアシスト(同・下)、360°カメラ、パノラミックサンルーフのセットを設定
▲二輪車および夜間での検知精度をアップしたアクティブセーフティブレーキなど、最新の先進運転支援システム(ADAS)を採用する

 ボディカラーは508が専用色のアルタンスグレーのほか、パールホワイト/ダークブルー/ペルラネラブラック/セレベスブルー/エリクサーレッドという全6色を設定。一方、508SWは専用色のプラチナグレーのほか、パールホワイト/ダークブルー/ペルラネラブラック/セレベスブルー/エリクサーレッドという全6色を用意している。

▲508は専用色のアルタンスグレー(写真)のほか、パールホワイト/ダークブルー/ペルラネラブラック/セレベスブルー/エリクサーレッドという全6色のボディカラーを設定
▲508SWは専用色のプラチナグレー(写真)のほか、パールホワイト/ダークブルー/ペルラネラブラック/セレベスブルー/エリクサーレッドという全6色のボディカラーを用意

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年7月号

  • ・いま、乗っておきたいエンジン車特集
  • ・主要22社電動化戦略オールガイド
  • ・池田直渡「クルマのパースペクティブ」

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る