• TOP
  • 「今、乗っていると目立つ名車たち」風を味方にした流面形フォルムは、世間に衝撃を与えたって、知っていましたか!?

 ー 

「今、乗っていると目立つ名車たち」風を味方にした流面形フォルムは、世間に衝撃を与えたって、知っていましたか!?

Writer:岡崎宏司 Photo:小久保昭彦

トヨタ・セリカ2000GT-R(1985年式) 価格:5MT 207万7000円/4AT 217万8000円 試乗記

トヨタ・セリカ2000GTーR 4thセリカは従来のFRからFFレイアウトに変更し1985年8月に登場 ボディタイプは3ドアクーペに統一された ツインカムエンジンを搭載するGT系は2リッター(160ps)と1.6リッター(130ps)が選べた
トヨタ・セリカ2000GTーR 4thセリカは従来のFRからFFレイアウトに変更し1985年8月に登場 ボディタイプは3ドアクーペに統一された ツインカムエンジンを搭載するGT系は2リッター(160ps)と1.6リッター(130ps)が選べた

Cd値0.31、スタイリッシュで機能的な造形

 ニュー・セリカは、どこから見てもビシッとカッコよく決めている。リアオーバーハングの非常に短いプロポーションが、いかにも軽快でスポーティだ。世界に通用するファッショナブルな新しさだ。ボディサイドの滑らかなウェーブは美しい。とてもセクシーなイメージを創造している。

 空力的にもセリカの造形は優れている。Cd値は0.31と立派な数値である。空力性能を洗練させようとフラッシュサーフェス化をはじめ、ボディ回りをていねいに仕上げているのが品質感向上にも大いに役立っている。

スタイリングはフラッシュサーフェス化を徹底した「流面形」  Cd値は0.31をマーク ヘッドランプはリトラクタブル式

刺激的なパフォーマンス。ハンドリングも一級品だった

 試乗車は2000GT-R。2リッターの3S-GEU型エンジンは、さすがにパワフルだ。160ps/6400rpm、19 .0kgm/4800rpmのパワースペックを誇る。フルに実力を引き出せば0〜400m加速を16秒フラット(2名乗車)で走り切るという。潜在能力は、ラクに200km/hを超える実力を持っている。文句なく一級品の性能の持ち主だ。
 レッドゾーンの6700rpmまでスムーズに、そしてパワフルに回る。各ギアのスピードは、 1速で50km/h、2速で85km/h、3速で135km/hといったところ。スポーツ車らしくエンジンパワーをフルに活用するギアリングだ。

 低速性もいい。4速・40km/hは約1500rpmだが、これが十分に実用ゾーンに入る。なんのストレスもなく流せるし、アクセルを踏み込めば、軽快な加速を開始してくれる。
 レスポンスの良さも、このエンジンの魅力である。ターボエンジンのパワフルさもいいが、ボクは自然吸気のシャープなレスポンスが、やはり好きである。

 足回りは、フロントがL型ロアアームを持つストラット式、リアはデュアルリンク式のストラット式だ。このところ日本のFF車の足回りは、ハイピッチで進化している。中でもトヨタはFF車革新の先陣を切っている。
 ハイパワーエンジンを載せたFFセリカは、1速で不用意に深くアクセルを踏み込んで発進しようとすると、激しく前輪が空転する。このあたりは宿命的な現象だが、トラクションレベルは決して低くはない。発進さえこなせば、あとは遠慮なくパワーを掛けて大丈夫だ。前輪は忠実にハイパワーを路面に伝える。

 コーナーで不整な路面や、うねりに出会っても挙動の乱れは少ない。フルストロークしたときの安定感もいい。
 操縦性は、とりたててシャープではないが、軽快で素直な身のこなしを見せる。誰が乗っても安心してポテンシャルを引き出せるだろう。
 FFに大変身したセリカは、実力としても速いが、高度な足回りが支える安心感によって、速く走れる点でも一級品である。(カー・アンド・ドライバー:1985年10月26日号掲載)

足回りは4輪ストラット式 トラクション能力はハイレベル セリカは1986年10月にWRC(世界ラリー選手権)用に開発されたフルタイム4WDのGTーFOURを追加設定

4thセリカ購入ガイド

 4thセリカ(ST160/ST162/AT160型)は1985年8月デビュー。FRからFFに刷新したメカニズムと斬新デザインが話題を集める。主力モデルは2リッターツインカム(160ps)を積む2000GT系だったが、1.6リッター(130ps)の1600GTもバランスのよさで人気が高かった。1986年10月に4WDスポーツのGT-FOURを追加、1987年8月にマイナーチェンジし、同年10月にはコンバーチブルも加わった。市場では稀少車扱い。流通量はごく少ない。

インパネは機能的な造形 操縦性ハイレベル デジタルメーターはopアイテム エンジン回転数感応型パワーステアリング標準 空調はプッシュボタン式 エアコンはop
前席はハイバックのスポーツタイプ 運転席は8ウェイ調節機構付き 後席は+2スペース シートバックは左右分割可倒式

1985年式トヨタ・セリカ2000GT-R 主要諸元

3SーGEU型 1998cc 直4DOHC16V 160ps/6400rpm 19.0kgm/4800rpm レッドゾーンは6700rpmの設定 0→400m加速は16秒でクリア 動力性能はクラストップ級

グレード=2000GT-R 
新車時価格:5MT 207万7000円/4AT 217万8000円
全長×全幅×全高=4365×1690×1295mm 
ホイールベース=2525mm
車重=1120kg(AT30kg増)
エンジン=1998cc直4DOHC16V(160ps/6400rpm 19.0kgm/4800rpm)
サスペンション=前後ストラット
ブレーキ=フロント:ベンチレーテッドディスク/リア:ディスク
タイヤ&ホイール=195/60HR14+アルミ
駆動方式=FF
乗車定員=5名

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年10月号

  • ・新型トヨタ・アクア・オールガイド
  • ・新型日産ノート・オーラNISMO
  • ・新型ホンダ・シビック試乗&ライバル比較

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る