• TOP
  • 「詳細解説」2.4リッターボクサー4搭載に期待が高まる! エモーショナルに変身したトヨタGR86とSUBARU・BRZ

 ー 

「詳細解説」2.4リッターボクサー4搭載に期待が高まる! エモーショナルに変身したトヨタGR86とSUBARU・BRZ

Writer:山本シンヤ Photo:小久保昭彦+トヨタ+SUBARU

トヨタGR86(2021年秋発売予定)/SUBARU・BRZ(2021年夏発売予定) 新車ニュース

トヨタGR86 新型は86らしい進化を追求 BRZとは異なる「スポーツ性能に特化したダイレクトで気持ちのいい走り」を目指して開発 発売は2021年秋
トヨタGR86 新型は86らしい進化を追求 BRZとは異なる「スポーツ性能に特化したダイレクトで気持ちのいい走り」を目指して開発 発売は2021年秋

トヨタとSUBARUがワンチームで開発。GR86は秋、BRZは夏に発売予定!

SUBARU・BRZ BRZの発売は2021年夏を予定 2ndモデルは「誰もが楽しめる究極のFRピュアスポーツカー」を目指して開発 独自の走りの個性を追求

 2021年4月5日、TOYOTA GAZOO Racing(TGR)とSUBARU(スバル)が共同でオンラインイベント「いっしょにいいクルマつくろう! トークセッション」を実施し、2ndモデルとなるGR86とスバルBRZを披露した。

 新型も「トヨタ×スバル」の共同開発で生まれたFRスポーツである。今回は従来以上に一体感のある「ワンチーム」で開発を進めた。1stモデルはトヨタが企画・デザイン、スバルが開発・生産と役割を分担していた。今回も基本は同じだが、両者の垣根を大きく超えるやり取りがあったそうだ。

2ndモデルは走りの個性を明確化 GR86はサーキットを射程に収めたホット指向 BRZはワインディング重視
新型のエンジンは従来の2リッターから2.4リッターに拡大した専用設計 「もう少しパワーがほしい」という現行型ユーザーの声を反映して排気量を変更 パワースペックは235ps/250Nm

造形は一段とエモーショナルに変身!

 エクステリアは、「よりFRらしく」、「よりエモーショナル」なスタイルになった。Aピラーからトランクまでのラインやドア回りには従来の面影が残る。ボディサイズは両車ともに全長×全幅×全高4265×1775×1310mm。事実上、従来(同4240×1775×1320mm)と同じだ。

 GR86とBRZの違いはフロント回り。GR86はGRブランド共通のファンクショナルマトリックスグリル、BRZはスバル共通のヘキサゴングリルを組み合わせた。ヘッドライトの基本形状は共通。デイタイムライトで独自性(GR86はL字、BRZはコの字)を持たせており、グリルと合わせて各々のブランドにふさわしいマスクに仕上げている。

 サイドビューの特徴は、フロントフェンダーのエアアウトレット。タイヤ/ホイール周辺に発生する乱気流を抑えて操縦安定性を高める効果を持つ。サイドシルスポイラーもロール抑制や安定性を高める機能アイテムだ。
 リア回りは絞り込まれたデザインが新鮮。オーバーハング長は従来とほぼ同じだが、実際に見ると凝縮感が生まれたように感じた。

 インテリアは、高い機能性と「令和のスポーツ」らしいデジタルを上手に融合。インパネは運転集中できるよう水平基調が強調され、上部はフラット仕上げ。メーターバイザーは突起を抑えた形状だ。開発陣はスポーツカーにふさわしい環境作りを優先したという。
 メーターは新デザイン。7インチ液晶+セグメント多機能型デジタルタイプである。表示は2種類あり、ノーマルモード時は従来の発展型、トラックモード時はレーシングカーのイメージに変化する。

 シートは全面的に刷新。実際に座ると、ホールド性やフィット感の向上に加えてフレームを含めた剛性が高まっていると実感した。2+2のパッケージングは従来とほぼ同じ。1stモデルでこだわった「タイヤ4本搭載可能」なラゲッジスペースも継承する。
 細かい部分だが、ふた付きに変更されセンターコンソールはMT/ATで別形状。MTはシフト操作を重視するために低め、ATはアームレストとして使用できるように高めに設計されている。

プラットフォームは従来の大幅改良版 旧型比10mm低い全高とアルミルーフで低重心化と回頭性を計算 足回りはフロントストラット/リアダブルウィッシュボーンの4輪独立 GR86はどんな速度域でも「走りの楽しさ」が味わえるハンドリングを追求
BRZとGR86の基本プロポーションは共通 識別点はフロントマスク形状と細部のディテールのみ BRZのアルミカラーはマットグレーメタリック塗装(GR86はマットブラック) 全長×全幅×全高4265×1775×1310mm ホイールベース2575mm 車重1270kg
インパネ形状はGR86/BRZ共通 写真はGR86 上面をフラットに成型した水平基調デザインでまとめ広い視界を実現 各部の質感は従来比で大幅アップ
シートはサポート性/座り心地を改良した新設計 写真はレザーとスエード調素材のコンビ仕様 GR86とBRZとも形状は同一 細部のカラーコーディネートが異なる
AT車はアイサイトを新装備 安全・運転支援機能充実
ルーフは中央を凹状に仕上げたエアロ形状 風の流れを計算
エアアウトレットはモータースポーツ経験を生かした造形
リアスポイラーはビルトイン形状 優れた空力と精悍さを両立
排気エンドパイプは左右ツイン 中央に後退灯/リアフォグ配置

トヨタGR86 & SUBARU・BRZ 主要諸元

全長×全幅×全高=4265×1775×1310mm
ホイールベース=2575mm
トレッド=フロント:1520/リア:1520mm
車重=1270kg
エンジン=2387cc水平対向4DOHC16V
最高出力=173kW(235ps)/7000rpm
最大トルク=250Nm(25.5kgm)/3700rpm
燃料タンク容量=50リッター
サスペンション=フロント:ストラット/リア:ダブルウィッシュボーン
ブレーキ=前後:ベンチレーテッドディスク
タイヤ&ホイール=215/40R18+アルミ
駆動方式=FR
乗車定員=4名

GR86のドアミラーはブラック塗装 BRZはボディ同色仕上げ

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年10月号

  • ・新型トヨタ・アクア・オールガイド
  • ・新型日産ノート・オーラNISMO
  • ・新型ホンダ・シビック試乗&ライバル比較

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る