ー 

日産ノートのプレミアムバージョン「ノート・オーラ」が初公開。発売は本年秋を予定

Writer:大貫直次郎 

日産が“上質”にこだわった新しいプレミアムコンパクトカーの「ノート・オーラ」を発表。パワーユニットには第2世代のe-POWERを搭載

 日産自動車は2021年6月15日、新型プレミアムコンパクトカーの「ノート・オーラ(NOTE AURA)」を設定し、本年秋に発売すると発表した。

▲本年秋の発売を予定する日産ノート・オーラGレザーエディション 価格:269万9400円 全長4045×全幅1735×全高1525mm ホイールベース2580mm 車重1260kg 乗車定員5名 WLTCモード燃費27.2km/リットル 写真のボディカラーはガーネットレッド/スーパーブラック

車種展開は以下の通り。
■ノート・オーラ2WD
G:261万300円
Gレザーエディション:269万9400円
■ノート・オーラ4WD
G FOUR:286万8800円
G FOURレザーエディション:295万7900円

 新設定のノート・オーラは、作り込んだきめ細かさや上質な素材の肌触り、空間の心地よさといった感性品質にこだわりつつ、美しさと考え抜かれた機能性を両立させた、“少し先の未来”を感じさせる新しいプレミアムコンパクトカーに仕立てたことが特徴である。ちなみに、車名の「オーラ」は気品と独特な雰囲気をもった上質なクルマとして、見る人を惹きつけ、所有する人に悦びを提供する唯一無二の存在になる、との想いを込めて命名した。

▲リアフェンダーにボリュームを持たせたワイドボディ(全幅は現行ノート比で+40mm)や横一文字に点灯するLEDリアコンビネーションランプによって、先進的で個性的な後ろ姿を具現化した

 デザイン面に関しては、コンパクトカーの常識を変えるシンプルで美しい、乗る人が優越感を得られるような洗練された造形を採用する。エクステリアは、精緻なデザインのフロントグリルに伸びやかな曲線を描くルーフライン、そしてリアフェンダーにボリュームを持たせたワイドボディにより、力強くて存在感のあるアピアランスを創出。また、横一文字に点灯するLEDリアコンビネーションランプによって、先進的で個性的な後ろ姿を具現化する。さらに、ライティングで形作られたフロントのVモーションは、シグネチャーLEDポジションランプやアクセントランプ、シーケンシャルターンランプの3つの機能をあわせ持ち、プレミアムな表情を演出。合わせて、細く引き締まったヘッドランプにはアダプティブLED ヘッドライト機能を組み込み、上質さと機能性を融合させた。そして、足もとにはデザイン性と空力、軽量化などの機能を有し、切削加工の上に樹脂パーツの加飾を施した17インチアルミホイールを装着する。

▲ライティングで形作られたフロントのVモーションは、シグネチャーLEDポジションランプやアクセントランプ、シーケンシャルターンランプの3つの機能をあわせ持ち、プレミアムな表情を創出する
▲切削加工の上に樹脂パーツの加飾を施した17インチアルミホイールを装着

 ボディカラーについては、ガーネットレッド/スーパーブラック、ミッドナイトブラック/サンライズカッパー、ビビッドブルー/スーパーブラック、ピュアホワイトパール/スーパーブラック、オペラモーブ/スーパーブラックという2トーンを5色、ピュアホワイトパール、ブリリアントシルバー、ダークメタルグレー、ミッドナイトブラック、オーロラフレアブルーパール、ステルスグレー、バーガンディー、プレミアムホライズンオレンジ、オリーブグリーンというモノトーン9色の全14色をラインアップした。

▲ボディカラーは全14色を設定。写真はミッドナイトブラック/サンライズカッパーの2トーン

 内包するインテリアは、まずシート表皮のアレンジに注目。ファッション性の高い素材感にこだわりつつ、ヘリンボン柄の目付けにも気を配ったツイード調織物と合皮のコンビシートと、クッション材を多用したうえでキルティングラインの向きで身体の滑りを防ぐことにも配慮した上質な本革シートの2種類を設定する。また、人間工学に基づいて疲労が軽減するように設計したゼログラビティシートを全席に採用した。さらに、インストロアとシフトまわりには、表面に微細な凹凸加工を施した高級感のある木目調フィニッシャーを設定。合わせてドアトリムやフロントセンターアームレスト、インストルメントパネルにはツイード調織物を取り入れた。

▲インストロアとシフトまわりには表面に微細な凹凸加工を施した高級感のある木目調フィニッシャーを設定。ドアトリムやフロントセンターアームレスト、インストルメントパネルにはツイード調織物を採用する
▲Gレザーエディションにはクッション材を多用したうえで、キルティングラインの向きで身体の滑りを防ぐことにも配慮した上質な本革シートを装備。カラーリングはブラック(写真・上)とエアリーグレー(同・下)を設定
▲Gはファッション性の高い素材感にこだわりつつ、ヘリンボン柄の目付けにも気を配ったツイード調織物と合皮のコンビシートを装着

 ドライブ中のプライベート空間の快適性にも徹底的にこだわる。ルーフやドア、フロントドアのガラスなどには入念な遮音対策を施し、走行時の高い静粛性を確保。また、BOSEと共同開発した、国内初採用となる「BOSEパーソナルプラスサウンドシステム」を用意し、運転席と助手席のヘッドレストにスピーカーを配したうえで、BOSE独自のアドバンスド シグナル プロセッシング テクノロジーがもたらす広がりのあるプレミアムな音響を実現した。

▲BOSEと共同開発した、国内初採用となる「BOSEパーソナルプラスサウンドシステム」を用意

 一方で計器盤には、フルTFTで視認性に優れた、先進感のある「アドバンスドドライブアシストディスプレイ(12.3インチカラーディスプレイ)」を装備。9インチの「NissanConnectナビゲーションシステム」と一枚に繋がり、美しさと機能性を両立させる。また、フロントセンターアームレスト部には、腕を置いたまま、指先だけで楽に操作することができる電動シフトを配備した。

▲フルTFTで視認性に優れた、先進感のある「アドバンスドドライブアシストディスプレイ(12.3インチカラーディスプレイ)」を装備

 パワーユニットについては、力強い加速やなめらかさ、静粛性などを向上させた第2世代の「e-POWER」を採用する。2WD(FF)は、HR12DE型1198cc直列3気筒DOHCエンジン(最高出力82ps/6000rpm、最大トルク10.5kg・m/4800rpm)+EM47型フロントモーター(最高出力100kW/3183~8500rpm、最大トルク300Nm/0~3183rpm)+リチウムイオンバッテリーでシステムを構成。4WDは2WDのシステムにMM48型リアモーター(最高出力50kW/4775~1万24rpm、最大トルク100Nm/0~4775rpm)が加わる。フロントモーターの出力は、現行ノートの85kW/280Nmよりもアップ。また、低速走行時のエンジン始動回数を削減するとともに、タイヤ回転数の変動から路面状態を推定し、ロードノイズが大きくエンジン音が分かりにくい荒れた路面で発電を行う機構を組み込んだ。また、ドライブモードにはSPORT/ECO/NORMALの3種類を設け、SPORTモードではより力強い加速感を強調。ECOモードは制御の改良を図り、日常走行もほぼECOモードだけでストレスなく走れるようにセッティングする。さらに、NORMALモードに加えてSPORTとECOの両モードにもクリープを設定し、駐車時などでの速度調整をしやすくした。

▲力強い加速やなめらかさ、静粛性などを向上させた第2世代の「e-POWER」を採用
▲タイヤ回転数の変動から路面状態を推定し、ロードノイズが大きくエンジン音が分かりにくい荒れた路面で発電を行う機構を採用

 一方、前後独立モーター方式で4WDを構成するe-POWER 4WDは、アイスバーンや深雪のほか、ウェット、さらにはドライなどあらゆる路面状況に応じて前後モーターの出力・トルクを瞬時に調節して安定走行を実現。減速時にはリアモーターの回生制御を加えることで、エネルギー回収効率を高めながら、積極的に車両姿勢をコントロールする。コーナリングにおいては、前後の駆動力の配分を自在かつ最適に変えることで安定した旋回性能を具現化した。

▲e-POWER 4WDは前後モーターによる緻密なトルクコントロールにより、滑りやすい路面でもスムースに力強く発進することが可能

 先進安全運転支援システムに関しては、5個のカメラ、3個のミリ波レーダー、8個のソナーにより周囲を検知する最先端の全方位運転支援技術を標準装備。運転支援技術の「プロパイロット(ナビリンク機能付)」は「NissanConnect ナビゲーションシステム」との連動機能で地図情報を取り込むことで、前方のコーナーの大きさなどを事前に把握することができるため、スムースに曲がれるように車速をコントロールし、自然な感覚の運転支援を行う。また、「NissanConnect ナビゲーションシステム」では9インチのWXGA高解像度モニターを配備。スマートフォンのワイヤレス充電器やApple CarPlayのワイヤレス接続を可能としている。

▲5個のカメラ、3個のミリ波レーダー、8個のソナーにより周囲を検知する最先端の全方位運転支援技術を標準装備。写真はRCTA(後退時車両検知警報)のイメージ
▲高速道路の運転がより快適になる運転支援技術の「プロパイロット(ナビリンク機能付)」をオプション設定
▲「NissanConnect ナビゲーションシステム」では9インチのWXGA高解像度モニターを配備。スマートフォンのワイヤレス充電器やApple CarPlayのワイヤレス接続を可能とする

 なお、関連会社のオーテックジャパンでは、ライフケアビークル(LV)シリーズの「ノート・オーラ 助手席回転シート」(2WD:270万9300円/4WD:296万7800円)を設定。発売は通常モデルと同様に本年秋を予定している。

▲オーテックジャパン製造のノート・オーラ 助手席回転シート。車両価格は2WD:270万9300円/4WD:296万7800円に設定

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年11月号

  • ・新型SUBARUレガシィ・アウトバック
  • ・Driving Report Special 新型トヨタ・ランドクルーザー、ライバル比較付き
  • ・SPECIAL FEATURE 国産スポーツ新世界

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る