ー 

SUBARU XVにシンプルで先進性を感じさせる内外装と人気アイテムを採用した特別仕様車を追加

Writer:大貫直次郎 

SUBARUがクロスオーバーSUVのXVに特別仕様車の「2.0e-Lアイサイト・スマートエディション」を設定。個性が光るボディカラーや専用17インチアルミホイール、シルバーステッチ&ブラックを配したインテリアなどを特別装備

 SUBARUは2021年6月17日、クロスオーバーSUVのXVに特別仕様車の「2.0e-Lアイサイト・スマートエディション(2.0e-L EyeSight Smart Edition)」を追加した。車両価格は270万6000円(ルーフレール装着車は276万1000円)に設定する。

▲SUBARU XV 2.0e-Lアイサイト・スマートエディション ルーフレール装着車 価格:7CVT276万1000円 全長4485×全幅1800×全高1595mm ホイールベース2670mm 車重1540kg 乗車定員5名 写真のボディカラーは特別設定色のラグーンブルーパール

 今回の特別仕様車は、通常モデルの2.0e-Lアイサイトをベースに、シンプルで先進性を感じさせる内外装や人気アイテムを採用したことが特徴である。

▲LEDハイ&ロービームランプ+ステアリング連動ヘッドランプ+アダプティブドライビングビームを標準装備
▲ダークグレーメタリック塗装の専用17インチアルミホイールを特別装備

 まずエクステリアでは、LEDハイ&ロービームランプ+ステアリング連動ヘッドランプ+アダプティブドライビングビームやクリアビューパック(フロントワイパーデアイサー/ヒーテッドドアミラー/撥水加工フロントドアガラス)、専用17インチアルミホイール(ダークグレーメタリック塗装)を特別装備。また、ボディカラーにはアドバンス・グレード専用だったラグーンブルーパールを導入したほか、クリスタルホワイトパールとクールグレーカーキをラインアップした。

▲ボディカラーはクリスタルホワイトパール(写真・上)とクールグレーカーキ(同・下)も選択可

 インテリアに関しては、シルバーステッチ内装(本革巻ステアリングホイール/シフトブーツ/インパネアッパートリム/表皮巻センタートレイ加飾/フロアコンソールリッド/フロント&リアドアアームレスト)を基調に、ピアノブラック調メーターバイザーリングやピアノブラック調加飾付パワーウィンドウスイッチ、ブラックで仕立てたドアミラースイッチ/ベンチレーショングリルサイド/前席カップホルダーを特別装備。また、シートにはシルバーステッチを施したトリコット/トリコット表皮を採用した。

▲インテリアはシルバーステッチを配したモノトーンのカラーコーディネートを基調に仕立てる
▲ピアノブラック調のメーターバイザーリングを装着
▲シルバーステッチを施したトリコット/トリコット表皮のシートを特別装備

 パワートレインは基本的にベース車と共通で、「e-BOXER」のFB20型1995cc水平対向4気筒DOHC16V直噴ガソリンエンジン(145ps/19.2kg・m)+MA1型モーター(10kW/65Nm)+リチウムイオンバッテリー(容量4.8Ah)で構成するマイルドハイブリッドを搭載している。

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年9月号

  • ・新型フェラーリ296GTB
  • ・新型ロータス・エミーラ
  • ・最新 12テーマ ランキング大公開 2021上半期ベストモデル

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る