ー 

ランドローバーがディフェンダーをベースとする水素燃料電池車の開発を発表

Writer:大貫直次郎 

ジャガー・ランドローバーは水素燃料電池車の企画にも注力! ディフェンダーを使ったFCEVのテスト走行を2021年内に開始すると予告

 ジャガー・ランドローバーは2021年6月15日(現地時間)、同社のアドバンスド・エンジニアリング・プロジェクトとして「PROJECT ZEUS」を立ち上げ、ディフェンダーをベースとした水素燃料電池車(FCEV:Fuel Cell Electric Vehicle)のプロトタイプを開発し、2021年中にテスト走行を開始すると発表した。

▲ランドローバー・ディフェンダーFCEVプロトタイプ。水素燃料電池はより大型で長距離走行が求められる車両や高温および低温の両環境下で使用されるクルマに最適な技術であることから、ディフェンダーが実験車として選ばれた

 今回公開されたディフェンダーFCEVのプロトタイプは、ジャガー・ランドローバーが 2021年2月に発表した「REIMAGINE」戦略に沿って、2036年までに車両からの排出ガスを無くし、2039年までにサプライチェーン、製品、オペレーションのすべてを通じて排出ガス量実質ゼロを達成するという目標に向けた取り組みの一環として企画される。
 基本システムはトヨタやホンダ、BMWなどが開発している機構と基本的に同様で、充填した水素を大気中の酸素と反応させて電気を生成し、モーターを駆動する仕組み。高いエネルギー密度と短時間での燃料補給、そして気温が低い状態でも航続距離のロスを最小限に抑えることができるため、より大型で長距離走行が求められる車両や高温および低温の両環境下で使用されるクルマに最適な技術だ。また、2030年にはFCEVの走行台数が世界で1000万台を超え、水素充填ステーションは1万か所以上に設置される見込み。同社では、BEV(フルバッテリー電気自動車)を補完するシステムとして、FCEVに注目しているという。

▲FCEVの基本システムはトヨタやホンダ、BMWなどが開発している機構と基本的に同様で、充填した水素を大気中の酸素と反応させて電気を生成し、モーターを駆動する仕組み

 今後実施するテスト走行では、航続距離や燃料補給、牽引、オフロード走破能力など、ユーザーが期待するパフォーマンスを提供するためにどのように水素パワートレインを最適化すべきかを、検証していくそうだ。なお、同社の「PROJECT ZEUS」では、デルタ・モータースポーツ、AVL、マレリ・オートモーティブ・システム、英国電池産業化センター(UKBIC)など、世界有数のR&Dパートナーと協力し、FCEVプロトタイプの研究、開発、製造を進めていくという。

▲ディフェンダーFCEVプロトタイプは2021年中にテスト走行を開始。航続距離や燃料補給、牽引、オフロード走破能力など、ユーザーが期待するパフォーマンスを提供するためにどのように水素パワートレインを最適化すべきかを検証していくという

 ジャガー・ランドローバーで水素および燃料電池を担当、統括するラルフ・クレイグ氏は、「FCEVはBEVと並び、ジャガー・ランドローバーがグローバルで展開するモデルラインアップに求められる特有の性能やニーズに対応しながら、ゼロエミッションを実現する新たなソリューションに位置する。“PROJECT ZEUS”におけるパートナーとの共同作業は、次世代のテールパイプから排出ガスを出さないクルマの準備を推し進め、さらに2039年までにビジネス全体を通しても排出ガス量を実質ゼロにするというジャガー・ランドローバーの目標の実現に貢献する」とコメントしている。

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報