• TOP
  • 「こだわりのエンジン車」FRらしさとGT思想。個性を鮮明化した新型トヨタGR86とSUBARU・BRZの成熟度

 ー 

「こだわりのエンジン車」FRらしさとGT思想。個性を鮮明化した新型トヨタGR86とSUBARU・BRZの成熟度

Writer:山本シンヤ Photo:TOYOTA+SUBARU+小久保昭彦

トヨタGR86/SUBARU・BRZ 試乗記

トヨタGR86 GR86は2021年秋発売予定 2ndモデルはモータースポーツで培ったGRの知見を積極投入 メリハリとFRらしさを鮮明化した走りが魅力 BRZとはエンジン制御/シャシー/サスペンション/EPS設定が異なる
トヨタGR86 GR86は2021年秋発売予定 2ndモデルはモータースポーツで培ったGRの知見を積極投入 メリハリとFRらしさを鮮明化した走りが魅力 BRZとはエンジン制御/シャシー/サスペンション/EPS設定が異なる

新型の開発コンセプトは「継承」と「進化」

SUBARU・BRZ BRZは2021年夏発売予定 「誰もが楽しめる究極のFRスポーツカー」を目指して開発 走りはGR86以上にオールラウンド性を重視したGT感覚 プラットフォームは従来の大幅改良版 0→100km/h加速6.3秒と旧型の7.4秒から大幅に短縮

 2ndトヨタGR86/SUBARU・BRZの開発コンセプトは「継承」と「進化」。2012年の登場から9年にわたる時間で完成形となった1stモデルのバランスを損なわずにレベルアップさせるのは、開発陣にとって至難のワザだったという。
 重要な進化のひとつが、エンジンだ。企画時にはターボエンジン(おそらくレヴォーグ用1.8リッター直噴ターボ)も検討された。だが専用チューニングしても従来モデルの魅力であるレスポンス/自然なフィーリング/伸び感を継承するのは難しいという判断で、自然吸気を選択した。
 排気量は2リッターから2.4リッターへアップ。GR86/BRZはタイムやスペックを競うスポーツカーではない。だが実際に使っている中で「もう少しパワーがあったら……」というユーザーの本音を反映した結果だろう。0→100km/h加速は7.4秒から6.3秒に短縮。トルクも15%向上している。排気量アップは、より厳しさを増す環境規制/燃費規制への対応の側面もある。

 気になるスペックは、1stモデルの207ps/212Nmに対して235ps/250Nm。注目すべきは最大トルクの発生回転数だ。1stモデルの6400~6800rpmに対し新型は3700rpmである。実用域の扱いやすさとドライバビリティは大きく向上した。従来は2速か3速か悩んだコーナーも、新型は躊躇なく3速で駆け抜けられるに違いない。
 排気量アップでシャープな味わいが損なわれていないか気になるファンもいるようだが、レッドゾーン設定は2リッターと共通の7400rpm。エンジン重量もほぼ同等だ。心配は無用だろう。

 トランスミッションは1stモデルと同様に6速MT/6速ATを用意する。進化度が高いのはAT。ドライバーの意志や操作に忠実なシフトプログラムを実現させるアダプティブ制御が採用された。
 6速MTは、具体的な発表はされていないが、シフトフィール向上やノイズ低減を実感した。チューニングやモータースポーツユースで課題となった部分にもメスが入っているのは間違いないだろう。

足回りはフロント:ストラット/リア:ダブルウィッシュボーンの4輪独立 全長×全幅×全高4265×1775×1310mm ホイールベース2575mm
2387cc水平対向4DOHC16V 235ps/7000rpm 250Nm/3700rpm 旧型比18ps/38Nmパワフル シャープなレスポンスと豊かなトルクを追求 レッドゾーンは7400rpm

ボディは剛性大幅アップ。走りは2台の個性が際立つ

 エンジンの高出力化に合わせてシャシー側も大きくレベルアップした。プラットフォーム自体は1stモデル用を継承しているが、スバルの新世代プラットフォーム、SGPで採用されている技術の一部「インナーフレーム構造」や「構造用接着剤」を採用。1stモデル比で「フロント曲げ剛性約60%アップ」、「ねじり剛性約50%アップ」を実現した。シャシーは「ほぼ新世代のSGP」といっていい。

 公表車重は1270kg。剛性アップによる重量増はライトウェイトスポーツには気になる点だが、心配は無用。ルーフ/エンジンフード/フロントフェンダーのアルミ化と細かい部品の見直しで、1stモデルとほぼ同等の車重を実現した。低重心化も徹底され、従来比で5mm下げられた。
 サスペンションはフロントがストラット、リアはダブルウィッシュボーンと形式は従来と共通。だが、体幹を鍛えた車体に合わせてセットアップは全面刷新。タイヤは1stモデルの16/17インチから17/18インチへとサイズアップしている。

 多くのユーザーが気になっているのは「GR86/BRZ」の走りの差〟だろう。新型はエンジン制御、シャシー、サスペンション(バネ/ダンパー/スタビライザー)、EPS制御が両車で異なる。変更部位が増加し、各車のキャラクターがいっそう明確になった。
 テストカーをドライブした印象は、素晴らしかった。両車の魅力は、コントロール性の高さと懐の深さ。そのうえで絶対的なスタビリティとコーナリング性能が向上している。しかも新型では、限界に至る過程に違いがあり、両車の目指した「味」になっている。

 その差を簡単に説明すると、GR86は「メリハリ/FRらしさ/モータスポーツ直系」、BRZは「シームレス/0対100のAWD/GT思想」といったところ。走りの個性は1stモデル以上で誰でも実感できるレベルにある。
 2ndモデルもロングライフモデルになるだろう。仮に従来と同じ9年だとすると3rdモデルの登場は2030年ごろ……そのときには何らかの電動パワートレーンが採用される可能性が高い。そう考えると、ピュアなガソリンエンジン、それもすでに貴重になりつつある高回転型NAを、いま体感しておかない理由はないと思う。

2ndモデルはフロントフェンダー/エンジンフード/ルーフが軽量アルミ製 車重は1270kg パワーウェイトレシオ:5.4kg/ps
ボディはフロントの曲げ剛性約60%/ねじり剛性約50%アップ 従来モデル以上に低重心が徹底されハンドリングが向上した
GR86のフロントマスクはファンクショナル形状 ヘッドライトは両車ともフルLED
BRZはSUBARU車共通のヘキサゴングリル採用 ラウンディッシュなイメージ
タイヤは17インチと18インチを設定 18インチは215/40R18ミシュラン スポーク形状アルミは両車で色味が異なる
エグゾーストエンドは大径左右ツイン 中央にリアフォグ配置
インパネはGR86/BRZ共通上面をフラットに成型した水平基調デザイン 写真はGR86 駐車ブレーキはスポーツ走行に適したレバータイプ
新設計シートはサポート性/座り心地を大幅リファイン 後席シートバックは前倒し可能 乗車定員は4名
メーターはフル液晶 回転計重視デザイン 速度はデジタル トラックモードで表示が変化
6速MTはシフトフィールが改善されギアノイズを低減 ギア比はアップテンポな走りに適したクロースレシオ設定
6速ATはアダプティブ制御を新採用 スポーツ走行をサポートする最適なシフトプログラムを導入 パドルシフト標準
コンソール部に走行モードとVSC解除ボタンをレイアウト

トヨタGR86/SUBARU・BRZ 主要諸元

発売時期=GR86:2021年秋/BRZ:2021年夏
全長×全幅×全高=4265×1775×1310mm
ホイールベース=2575mm
トレッド=フロント:1520×リア:1520mm
車重=1270kg
エンジン=2387㏄水平対向4DOHC16V(プレミアム仕様)
最高出力=173kW(235ps)/7000rpm
最大トルク=250Nm(25.5kgm)/3700rpm
燃料タンク容量=50リッター
サスペンション=フロント:ストラット/リア:ダブルウィッシュボーン
ブレーキ=前後ベンチレーテッドディスク
タイヤ&ホイール=215/40R18+アルミ
駆動方式=FR
乗車定員=4名

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2022年1月号

  • ・新型SUBARU・WRX・S4
  • ・NEWマツダCX-5
  • ・特集 2022版最新Kカー選び

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る