ー 

ポルシェ・カイエンに高性能モデルの「ターボGT」を新設定。車両価格は2725万円

Writer:大貫直次郎 

ポルシェの新しいハイパフォーマンスSUVとなるカイエン・ターボGTが日本での予約受注を開始。パワーユニットには最高出力640psを発生する4.0L・V8ツインターボエンジンを搭載

 ポルシェ ジャパンは2021年6月30日、SUVのカイエンに高性能モデルのターボGTをラインアップし、予約受注を開始した。車両価格は2725万円に設定している。

▲ポルシェ・カイエン・ターボGT 価格:8SAT2725万円 全長4942×全幅1995×全高1636mm ホイールベース2895mm 車重2220kg ボディカラーは写真のムーンライトブルーMのほか、ジェットブラックM/キャララホワイトM/マホガニーMを用意

 卓越したドライビングダイナミクスと日常での使いやすさを高度に融合させたというカエン・ターボGTは、パワーユニットに最高出力640ps/6000rpm、最大トルク850Nm/2300~4500rpmを発生し、最高回転数を6800rpmに設定した3996cc・V型8気筒DOHC直噴ツインターボエンジンを搭載。排気系にはチタン製スポーツエグゾーストシステム(センターレイアウト・テールパイプ付)を装備する。トランスミッションには専用セッティングの8速ティプトロニックSを組み合わせ、駆動系にはやはり専用セッティングを施したポルシェ・トラクション・マネージメント(PTM)やマップ制御の電子制御式マルチプレートクラッチを備えたアクティブ4WD、自動ブレーキディファレンシャル(ABD)、アンチスリップレギュレーション(ASR)を採用。0→100km/h加速は3.3秒、最高速度は300km/hを達成する。また、ドイツのニュルブルクリンク・ノルドシュライフェ(1周20.832km)におけるタイムアタックでは、SUVの公式レコードとなる7分389秒のラップタイムを記録した。

▲パワーユニットには最高出力640ps/6000rpm、最大トルク850Nm/2300~4500rpmを発生する3996cc・V型8気筒DOHC直噴ツインターボエンジンを搭載
▲専用セッティングの8速ティプトロニックSおよびポルシェ・トラクション・マネージメント(PTM)を採用

 強力エンジンを支えるシャシー面では、よりスポーティな設定のポルシェ・アクティブ・サスペンション・マネジメント(PASM)を含むアダプティブ・エアサスペンション(カイエン・ターボ比で17㎜低く設定)を採用。また、3チャンバーエアサスペンションの剛性を15%ほど引き上げたうえで、ポルシェ・ダイナミック・シャシー・コントロール(PDCC)やポルシェ・トルク・ベクタリング・プラス (PTV Plus)、リアアクスル・ステアリング(パワーステアリング・プラスを含む)などにも専用セッティングを施した。シューズには前10.5J×22/後11.5J×22サイズの鍛造GTデザインアルミホイール(サテン ネオジム塗装)と、前285/35ZR22/後315/30 ZR22サイズの専用開発ピレリPゼロ・コルサ22インチパフォーマンスタイヤを装着。また、制動機構にはポルシェ・セラミック・コンポジット・ブレーキ(PCCB)を標準装備し、キャリパーはイエローで彩った。

▲よりスポーティな設定のポルシェ・アクティブ・サスペンション・マネジメント(PASM)を含むアダプティブ・エアサスペンション(カイエン・ターボ比で17㎜低く設定)を装備
▲鍛造GTデザインアルミホイール(サテン ネオジム塗装)と専用開発のピレリPゼロ・コルサ22インチパフォーマンスタイヤを装着

 外装に関しては、高強度のクロスメンバーと2つの変形エレメントで構成した専用バンパーやカーボン製ルーフを組み込んだうえで、フロント部にはターボGT専用フロントエンド(マットブラック)や大型エアインテーク、インレイおよびハイグロスブラックのバーティカルストラット、パワードームを配したボンネットなどを採用。また、サイドビューではハイグロスブラック仕上げのスポーツデザイン・エクステリアミラーやサイドウィンドウトリム、エアカーテン付きのホイールアーチおよびホイールアーチ・エキステンション(ブラック)などを専用装備する。そしてリアセクションでは、カーボン製サイドブレード付きルーフスポイラーやカーボン製リアディフューザーなどをセットした。さらに、空力特性を高めるポルシェ・アクティブ・エアロダイナミックス(PAA)やエアロダイナミック・アンダーボディプロテクションなども採用。“PORSCHE”ロゴ や“turbo GT”バッジは、精悍なマットブラックで仕上げた。

▲ルーフスポイラーにはカーボン製サイドブレードを組み込む
▲チタン製スポーツエグゾーストシステムとカーボン製リアディフューザーを専用装備

 内装については、ネオジムまたはアークティックグレーのコントラストカラーを配したGTインテリアパッケージやカーボンインテリアパッケージを採用。具体的には、前後のヘッドレストに“turbo GT”ロゴのステッチを刻印したアダプティブ・スポーツシート(8ウェイ、電動、フロント)およびアルカンターラのパーフォレーテッド・シートセンター(コントラストカラーのアクセント付)、コントラストカラー・シートベルト、アルカンターラ仕様のダッシュボード上部/ドアウエスト/ドアアームレスト/センターコンソールアームレスト、アルカンターラ巻きマルチファンクション・スポーツステアリングホイール(レーシングイエロー・センターマーク付)、アルカンターラ仕上げルーフライニング、カーボントリムパネルなどを装備する。また、後席にはスポーツリアシートシステム(2シート、2ウェイヘッドレスト、手動式背もたれ角度調整、40:20:40分割可倒式シートバック)を設定。さらに、バージョンアップしたポルシェコミュニケーションマネジメント(PCM)および高解像度フルHD 12.3インチタッチスクリーンディスプレイを標準で組み込んだ。

▲ネオジムまたはアークティックグレーのコントラストカラーを配したGTインテリアパッケージやカーボンインテリアパッケージを採用。日本導入モデルのハンドル位置は右
▲前後のヘッドレストに“turbo GT”ロゴのステッチを刻印したアダプティブ・スポーツシートおよびアルカンターラのパーフォレーテッド・シートセンターを採用

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2022年1月号

  • ・新型SUBARU・WRX・S4
  • ・NEWマツダCX-5
  • ・特集 2022版最新Kカー選び

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る