• TOP
  • 「こだわりのエンジン車」マニア垂涎の4リッター自然吸気フラット6搭載。718ボクスターGTS4.0を最良のポルシェと考える理由

 ー 

「こだわりのエンジン車」マニア垂涎の4リッター自然吸気フラット6搭載。718ボクスターGTS4.0を最良のポルシェと考える理由

Writer:西川淳 Photo:小久保昭彦

ポルシェ718ボクスターGTS4.0 価格:6MT 1152万円/7DCT 1207万2000円 試乗記

ポルシェ718ボクスターGTS4.0 ポルシェのモータースポーツ部門が開発した4リッターフラット6(400ps/420Nm)を搭載したMRオープン 0〜100km/h加速は4.5秒でクリア 最高速度293km/h パワーウェイトレシオ:3.60kg/ps
ポルシェ718ボクスターGTS4.0 ポルシェのモータースポーツ部門が開発した4リッターフラット6(400ps/420Nm)を搭載したMRオープン 0〜100km/h加速は4.5秒でクリア 最高速度293km/h パワーウェイトレシオ:3.60kg/ps

GTS4.0のフラット6はパワーと高効率を両立した新世代

 いまどき自然吸気4リッターエンジンといえば、時代に逆行する存在である。一般的なサルーンに積まれても注目はされない。
 ところが、名門ブランドのミッドシップスポーツが搭載したとなれば、クルマ好きの心をときめかせる選択肢となる。

 718ボクスター(そしてケイマン)に用意されたGTS4.0は、すべてのスポーツカーファンの憧れだ。4ℓエンジンは効率を重視した最新設計の9A2型。走行1km当たりのCO2排出量を最大11g削減する気筒休止システムが導入され、従来の2.5リッターよりも優秀な9.26km/リッターという欧州NEDCコンビ燃費を実現した。最高出力は従来のGTSを35ps上回る400ps、最大トルクは420Nmをマークする。

 トランスミッションは3ペダルの6速MTもしくは2ペダルPDK(7速DCT)の2種。PDKもいいが、この大排気量自然吸気エンジンはMTでこそ味わっておくべきだ。
 マニュアル変速の醍醐味とは自由にエンジンを回せることであり、各種操作とエンジンがダイレクトにつながる感覚である。MTの楽しさは、2ペダルをはっきりと上回る。

全長×全幅×全高4390×1800×1270mm 車重1440kg 電動ソフトトップの開閉時間は約10秒 50km/hまで走行中でも操作できる オープン時の風の巻き込みは適度
ボクスターはエンジンが見えない設計 前後にラゲッジスペースを用意 容量はフロントが120リッター/リアは150リッター

GTS4.0には「ポルシェに期待するすべて」がある!

 キーを捻る。腹に響くサウンドと振動とともにフラット6が目を覚ました。ビッグトルクのおかげで、クラッチをそっとつなぐアイドリングスタートは簡単だ。エンジンの素晴らしさは、4速もしくは5速でクルージングしているだけで実感できる。瞬間的なパワーに誤摩化されることなく、エンジン自体の精緻でスムーズなフィーリングが堪能できるからだ。

 前方がクリアになった状態で右足を踏み込む。加速は強力無比。あっという間に周囲を置き去りにする。0〜100km/h加速は4.5秒、トップスピードは293km/hに達する。
 GTS4.0は、アクセルを踏んで緩めて、を繰り返したときのエンジンの反応が絶品。両足の裏から尻、腰、そして脊髄から脳へとストレートに伝わるフィーリングが素晴らしい。「いいエンジンを買った」という気分になる。自らの呼吸にピタリとリンクするフラット6のレスポンスがたまらない。

 サスペンション設定も絶妙。シャシーの動きがわかりやすく、自信を持って踏んでいける。ハンドリングはスポーツカーとして申し分ない。ワインディングロードはもちろん、サーキットでも十分に楽しめるに違いない。
 ボクスターGTS4.0には、「ポルシェに期待するすべて」がある。抜群に気持ちのいいエンジンと絶妙なハンドリング、そして爽快なオープンエア……スポーツカー好きに向けた“模範回答”かもしれない。

GTS4.0は360mm径スポーツステアリング装着 ギアレシオは15.02〜12.25に変化するバリアブル設定 ハンドリングはシャープ 写真はSportーtexレザーインテリア
シートはサポート性に優れたスポーツ形状 フル電動調節機能はop 乗り心地は良好
回転計を中央に配置した3連デザイン 7800rpmのレブリミットまで全域シャープに回り切る 速度計は320km/h表示
6速MTはフラット6の魅力が堪能できるクロースレシオ設定 駐車ブレーキは電気式
走行モードはコンフォート/スポーツ/スポーツ+など4種 切り替えダイヤルはステアリング部に配置
フロントは235/35ZR20+8.5J/リアは265/35ZR20+10.5Jアルミの組み合わせ 写真のカレラスポーツアルミはop
高速域で自動的に上昇するリアスポイラー標準 写真のブラックカラーはop
排気エンドパイプは左右ツイン 排気音は澄んだ快音 リアエンドは空力特性を重視したディフューザー形状

ポルシェ718ボクスターGTS4.0 主要諸元

グレード=GTS4.0(MT)
価格=6MT 1152万円
全長×全幅×全高=4390×1800×1270mm
ホイールベース=2475mm
トレッド=フロント:1630×リア:1635mm
車重=1440kg
エンジン=3995cc水平対向6DOHC24V(プレミアム仕様)
最高出力=294kW(400ps)/7000rpms
最大トル=420Nm/5000〜6500rpm
WLTCモード燃費=8.4km/リッター(燃料タンク容量82リッター)
(市街地/郊外/高速道路:5.0/8.9/11.2km/リッター)
サスペンション=前後ストラット
ブレーキ=前後ベンチレーテッドディスク
タイヤ&ホイール=フロント:235/35R20/リア:265/35R20+アルミ
駆動方式=MR
乗車定員=2名
最小回転半径=5.5m
主要装着メーカーop=ポルシェセラミックコンポジットブレーキ121万8000円/クルーズコントロール5万4000円/レーンチェンジアシスト9万8000円/ロールオーバーバーエクステリアカラー同色仕上げ8万5000円/パークアシスト17万1000円/電動可倒式ドアミラー4万9900円/BOSEサラウンドサウンドシステム19万7000円/ペイントインテリアパッケージ11万6000円/アダプティブスポーツシートプラス46万9000円/シートヒーター7万円/20インチカレラスポーツアルミ19万1000円/リアウイングブラック塗装5万8000円
ボディカラー=パイソングリーン(op39万1000円)
※価格はすべて消費税込み 
撮影協力/小田急 箱根レイクホテル

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年9月号

  • ・新型フェラーリ296GTB
  • ・新型ロータス・エミーラ
  • ・最新 12テーマ ランキング大公開 2021上半期ベストモデル

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る