• TOP
  • 「こだわりのエンジン車」スーパーカー乗りも一目置くオープンスポーツ、マツダ・ロードスターが世界的に評価される理由

 ー 

「こだわりのエンジン車」スーパーカー乗りも一目置くオープンスポーツ、マツダ・ロードスターが世界的に評価される理由

Writer:西川淳 Photo:小久保昭彦

マツダ・ロードスターS 価格:6MT 260万1500円 試乗記

マツダ・ロードスターS 現行ND型4thモデルは軽量&コンパクト設計を徹底 写真のソフトトップとRHT仕様の2シリーズ構成 Sはシリーズ最軽量(990kg)グレード エンジンは1.5リッター直4(132ps) パワーウェイトレシオ:7.5kg/ps
マツダ・ロードスターS 現行ND型4thモデルは軽量&コンパクト設計を徹底 写真のソフトトップとRHT仕様の2シリーズ構成 Sはシリーズ最軽量(990kg)グレード エンジンは1.5リッター直4(132ps) パワーウェイトレシオ:7.5kg/ps

クルマはバランスの産物、と教えてくれる傑作

 エンジンを楽しむ、というと個人的にはつい大排気量のマルチシリンダーNAを3ペダルマニュアルトランスミッションで、などと考えてしまう。だが、クルマはバランスの産物である。車体との絶妙なマッチングがあれば、実用エンジンだって十分に楽しめる。

 その好例がロードスターだ。評価は世界的に高い。よくできたスポーツカーの代表である。それは量産オープンスポーツカーを消滅の危機から救った歴史的なモデル=ユーノス・ロードスターをルーツに持つだけに、当然の仕上がり(もちろん、当然へと仕上げる開発には苦労が多かったに違いない)というものだろう。

 4thロードスター(ND型)には1.5リッター直4DOHC16Vが積まれている。専用セッティングが施されているとはいえ、ベースは実用ユニットだ。132ps/7000rpm、152Nm/4500rpmのスペッエクも平均的である。
 ところが、ロードスターで走り始めると抜群の小気味よさが味わえる。6速MTであればなおさらで、クラッチミートと同時に感じる後輪駆動ならではの「押し出し感」が心地いい。リミットの7000rpmまで淀みなく吹き上がる。

全長×全幅×全高3915×1735×1235mm 駆動方式はコントローラブルなFR 前後重量配分は理想的な50対50の設定
1496cc直3DOHC16V 132ps/7000rpm 152Nm/4500rpm MT車は軽量フライホイール採用

乗り手とクルマが結合していく感覚。これこそロードスターらしさ!

 チューニングは低中速トルク重視型。アクセル操作に対してダイレクトで力強い駆動力が得られる。ミッションとデフを一体化するパワープラントフレームが、駆動の応答遅れを防いでいることもプラスをもたらしているのだろう。
 前後重量バランスは理想的な50対50。操縦性は「意のまま」だ。クイックにも滑らかにも、ステアリングの操作と、アクセルの踏み込みの連携で姿勢を操れる。リニアな応答感は、腕に覚えのあるドライバーを唸らせる。まさに「人車一体」のドライビング感覚である。

 ロードスターは、パフォーマンスのよりどころが決してエンジン頼りではない分、構えて操る必要はまるでない。ほどよくエンジンを味わい、シャシーの動きをコントロールすることが、結果的にロードスターすべてを楽しむことにつながっていく。この連鎖。乗り出して徐々に乗り手とクルマが結合していく感覚こそが、ロードスターらしさだ。
 自分らしく走ることが、なにより楽しいと感じる稀有な魅力の持ち主である。ライトウェイトスポーツの原点に回帰した最新4thモデルは、そのキャラクターがいちだんと鮮明になった。

 ロードスターは、スポーツカーを生かすもダメにするのも、決め手は「全体のバランス」であるということを改めて教えてくれる。トップを開け放ち、オープンエアを満喫すると、クルマって素晴らしい!と実感する。

室内は適度にタイトな2シーター構成 ステアリングはチルト&テレスコピック機構付き ハンドリングは意のまま感覚 自在に操れる Sの装備はシンプル
Sのシートはサポート性に優れたファブリック張り オープン時の爽快感は格別
メーターは3眼デザイン 回転計を中央にレイアウト 速度計は200km/hスケール 回転計内にギアポジションを表示
6速MTはショートストローク設計 軽快な操作フィールが魅力 本革巻きシフトノブ標準
ヘッドライトはシャープなデザイン 左右各12のLEDを自動調節するアダプティブ機能付き
195/50R16タイヤ+6.5Jダークカラーアルミ装着 アルミ製フロントサスペンションアーム採用
ソフトトップは室内からワンタッチで開閉できる手動式 リアウィンドウはガラス製

マツダ・ロードスターS 主要諸元と主要装備

グレード=S
価格=6MT 260万1500円
全長×全幅×全高=3915×1735×1235mm
ホイールベース=2310mm
トレッド=フロント:1495×リア:1505mm
車重=990kg
エンジン=1496cc直4DOHC16V(プレミアム仕様)
最高出力=97kW(132ps)/7000rpm
最大トルク=152Nm(15.5kgm)/4500rpm
WLTCモード燃費=16.8km/リッター(燃料タンク容量40リッター)
(市街地/郊外/高速道路:12.0/17.7/19.5km/リッター)
サスペンション=フロント:ダブルウィッシュボーン/リア:マルチリンク
ブレーキ=フロント:ベンチレーテッドディスク/リア:ディスク
タイヤ&ホイール=195/50R16+アルミ
駆動方式=FR
乗車定員=2名
最小回転半径=4.7m
主な燃費改善対策=ミラーサイクルエンジン/筒内直接噴射/可変バルブタイミング/充電制御/電動パワーステアリング
主要装備=アドバンストスマートシティブレーキサポート/リアパーキングセンサー/ヒルローンチアシスト/LEDヘッドライト/ハイビームコントロールシステム/ガラス製リアウィンドウ付きソフトトップ/インテリジェントドライブマスター/セグメント液晶オーディオディスプレイ/本革巻きステアリング&シフトノブ/エアロボード(脱着式)/軽量タイプサンバイザー/マニュアルAC/ブラックメタリック塗装16インチアルミ/アルミ製パワープラントフレーム/大径エレキスロットル/アルミ製ボンネット&トランクリッド&フロントフェンダー/鍛造クランクシャフト/フロントスタビライザー/デュアルピニオン式電動パワーステアリング
ボディカラー=アークティックホワイト
※価格はすべて消費税込み リサイクル費用は1万740円

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年11月号

  • ・新型SUBARUレガシィ・アウトバック
  • ・Driving Report Special 新型トヨタ・ランドクルーザー、ライバル比較付き
  • ・SPECIAL FEATURE 国産スポーツ新世界

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る