• TOP
  • 「こだわりのエンジン車」速い、楽しい、リーズナブル! スズキ・スイフトスポーツは知れば知るほど魅力的

 ー 

「こだわりのエンジン車」速い、楽しい、リーズナブル! スズキ・スイフトスポーツは知れば知るほど魅力的

Writer:河村康彦 Photo:小久保昭彦

スズキ・スイフトスポーツ 価格:6MT 201万7400円/6SAT 208万8900円 試乗記

スズキ・スイフトスポーツ エキサイティングな走りを追求した本格モデル 最新モデルは1.4リッターターボ(140ps)搭載 車重は1トンを切る軽量設計 動力性能は痛快無比
スズキ・スイフトスポーツ エキサイティングな走りを追求した本格モデル 最新モデルは1.4リッターターボ(140ps)搭載 車重は1トンを切る軽量設計 動力性能は痛快無比

最新モデルはパワフル&シャープな1.4リッターターボ搭載

 スイフトスポーツは、ベーシックカーのスポーティバージョンという立ち位置ながら、日本を代表するスポーツモデルとしてのブランド性を確立した希有な1台である。現行4thモデルは、2017年に発表された。

 最新スイフトスポーツは、歴代モデルとして初めてターボエンジンを搭載した。1.4リッターDOHC16Vターボは、140ps/5500rpm、230Nm/2500~3500rpmを発揮する。
 自然吸気ユニットゆえのリニアな出力特性が高く評価されてきたスイフトスポーツだけに、デビュー当初はそれを惜しむ声が聞かれたのは事実。
 けれども、いざ走り初めてみるといい意味でターボらしさは薄い。「スポーツエンジン」を実感する高回転域にかけてのシャープな伸び感を味わわせてくれる。その一方で、1000rpm以下にまで回転が落ち込んでも、そこからジワジワとリカバリーが可能な柔軟性もしっかり備えている。

 当初危惧されたターボ化がもたらす不安、すなわちフィーリング変化は、デビュー後はきれいに払拭された。それどころか、ターボならではのパワフルな動力性能が大きなセールスポイントとなったのである。

全長×全幅×全高3890×1735×1500mm 車重970kg(MT) パワーウェイトレシオ:6.93kg/ps ボディ色は全9タイプ
1371cc直4DOHC16Vターボ 140ps/230Nm シャープな吹き上がりと豊かなトルクが印象的 加速は全域で強力 WLTCモード燃費:17.6km/リッター(MT)

軽やかで自在なフットワークは大きな魅力

 スイフトスポーツの魅力はパワーユニットだけではない。1トンを切る軽量設計や、それでいながら十分な剛性感を発揮するボディがもたらす、軽やかで自在なハンドリング感覚も、走りの見どころだ。
 足回りは欧州を中心とした実走テストでセッティングを煮詰めたスポーツ設定。ダンパーはモンロー製で、タイヤは195/45R17サイズのコンチネンタル製を装着する。

 日本で日常的に遭遇するタイトなワインディングロードで大きな武器となるのが、そのコンパクトなボディ。全長×全幅×全高3890×1735×1500mmというスリーサイズは急峻な山道でも走りの自在度を高めてくれる。さらに、最小回転半径も5.1mにすぎない。不慣れな市街地に迷い込んでしまった場合でも、手に余る感覚を抱かない点はうれしい。

 トランスミッションは6速MTと6速ステップATを用意する。ドライバーの意思にリニアに応える走りを味わうのなら、やはりMTがお勧め。ただし、上り坂発進時の後ずさりを防止する「ヒルホールドコントール」は、AT仕様にしか装備されていない。
 それにしても、さまざまな規制への対応などから新車価格が高騰する中で、スイフトスポーツのコストパフォーマンスは圧倒的に高い。プライスは超お買い得。内容を知れば知るほど、魅力が実感できる1台である。

室内はレッドアクセントでスポーティに演出 ステアリングはディンプル本革巻き 昨夏の改良で操舵フィールを改善 ナビはディーラーop フルオートAC標準
前席はサポート性を重視したバケット形状 運転席はヒーターとハイト調節付き 乗り心地は適度に固めの設定 コンパクトボディながら室内の余裕は十分
メーターは2眼式 タコメーターはレッド仕上げ 速度計は260km/hスケール
6速MTと6速ATを設定 MTはクロースレシオ設定 軽快な操作フィール
195/45R17コンチネンタル製タイヤ+切削光輝アルミ 足回りは欧州セッティング
リアバンパーはエアロ形状 エグゾーストエンドは左右ツイン 排気音は心地いい

スズキ・スイフトスポーツ 主要諸元と主要装備

グレード=スポーツ(MT)
価格=6MT 201万7400円
全長×全幅×全高=3890×1735×1500mm
ホイールベース=2450mm
トレッド=フロント:1510×リア:1515mm
車重=970kg
エンジン=1371cc直4DOHC16Vターボ(プレミアム仕様)
最高出力=103kW(140ps)/5500rpm
最大トルク==230Nm(23.4kgm)/2500〜3500rpm
WLTCモード燃費=17.6km/リッター(燃料タンク容量37リッター)
(市街地/郊外/高速道路:13.8/18.8/19.2km/リッター)
サスペンション=フロント:ストラット/リア:トーションビーム
ブレーキ=フロント:ベンチレーテッドディスク/リア:ディスク
タイヤ&ホイール=195/45R17+アルミ
駆動方式=FF
乗車定員=5名
最小回転半径=5.1m
主な燃費改善対策:可変バルブタイミング/電動パワーステアリング/筒内直接噴射
主要装備:デュアルセンサーブレーキサポート/リアパーキングセンサー/車線逸脱抑制&警報機能/アダプティブクルーズコントロール/ブラインドスポットモニター/リアクロストラフィックアラート/標識認識機能/ハイビームアシスト/LEDヘッドライト/前後フォグランプ/モンロー(テネコ社製)フロントストラット&リアダンパー/スポーツ専用エクステリア(フロントバンパー&グリル&サイドスポイラー)/ルーフエンドスポイラー/デュアルエキゾーストパイプ/リア3面スモークガラス/17インチ切削加工&ブラック塗装アルミ/キーレスプッシュスタートシステム/本革巻きステアリング/チルト&テレスコピック機構/スポーツ専用メーター/マルチインフォメーションディスプレイ/専用セミバケットシート/ステンレス製ペダル/フルオートAC/イモビライザー
装着メーカーop:全方位モニター用カメラパッケージ5万2800円
ボディカラー:チャンピオンイエロー4
※価格はすべて消費税込み リサイクル費用は7760円

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年9月号

  • ・新型フェラーリ296GTB
  • ・新型ロータス・エミーラ
  • ・最新 12テーマ ランキング大公開 2021上半期ベストモデル

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る