ー 

レッドナッパレザーシートやウッドデコレーションを纏ったプジョー5008の特別仕様車が登場

Writer:大貫直次郎 

プジョーの7シーターSUV「5008」のブルーHDiモデルにレッドナッパレザーシートやウッドデコレーションを採用した特別仕様車「5008レッドナッパ」を新設定

 グループPSAジャパンは2021年7月20日、プジョー・ブランドの7シーターSUV「5008」に特別仕様車の「5008レッドナッパ(5008 Red Nappa)」を設定し、同日より発売した。

▲プジョー5008GTブルーHDi・レッドナッパ(ボディカラー:ペルラネラ・ブラック) 価格:8SAT567万6500円 全長4640×全幅1840×全高1650mm ホイールベース2840mm 車重1720kg 乗車定員7名

車種展開は以下の通り。
5008GTブルーHDi・レッドナッパ(ボディカラー:パール・ホワイト):569万8500円
5008GTブルーHDi・レッドナッパ(ボディカラー:ペルラネラ・ブラック):567万6500円

▲ボディカラーはパール・ホワイトも選択可。価格は569万8500円

 今回の特別仕様車は、パワーユニットに“BlueHDi”1997cc直列4気筒DOHCコモンレール式直噴ディーゼルターボエンジン(177ps/400Nm)+EAT8(電子制御式8速AT)を採用する通常モデルの5008GTブルーHDiをベースに、華やかさと上質さをいっそう高めた7シーターSUVに仕立てたことが特徴である。

▲シート表皮には鮮やかで深みのあるレッドのナッパレザーを採用

 最大の訴求点は、インテリアの特別な演出だ。シート表皮には、鮮やかで深みのあるレッドのナッパレザーを採用。これは、新型508の日本デビュー記念として設定された508 ファーストエディションと同様の特別なアレンジを施している。また、運転席にはメモリー付き電動調整機構やマルチポイントランバーサポート、シートヒーターを装備。さらに、インストルメントパネルとドアトリム上部には、品のあるオープンポア仕上げのウッドデコレーションを特別装備した。

▲インストルメントパネルとドアトリム上部にはオープンポア仕上げのウッドデコレーションを配備

 快適装備として、リアシート頭上にまで広がるガラスルーフを配したパノラミックサンルーフを標準で採用したこともトピック。また、駐車時のステアリング操作を自動で行うパークアシストや周囲の俯瞰映像を映し出す360°ビジョンなどの先進テクノロジーも標準で組み込む。ボディカラーについては、パール・ホワイトとペルラネラ・ブラックの2色をラインアップした。

▲リアシート頭上にまで広がるガラスルーフを配したパノラミックサンルーフを標準装備
▲駐車時のステアリング操作を自動で行うパークアシストを標準で採用する

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年10月号

  • ・新型トヨタ・アクア・オールガイド
  • ・新型日産ノート・オーラNISMO
  • ・新型ホンダ・シビック試乗&ライバル比較

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る