• TOP
  • デザイン変更やエンジン出力の向上を果たした改良版ポルシェ・マカンの日本における予約受注がスタート

 ー 

デザイン変更やエンジン出力の向上を果たした改良版ポルシェ・マカンの日本における予約受注がスタート

Writer:大貫直次郎 

ポルシェのミドルサイズSUVのマカンが商品改良を実施して日本での予約受注を開始。内外装の仕様変更やエンジン出力の引き上げなどによって魅力度をアップ

 ポルシェ ジャパンは2021年7月20日、商品改良を果たしたミドルサイズSUVのマカンの予約受注を開始した。

▲ポルシェ・マカンGTS 価格:7DCT1188万円 全長4726×全幅1927mm ホイールベース2807mm 車重1960kg 乗車定員5名 性能面では最高速度272km/h、0→100km/h加速4.3秒(スポーツクロノパッケージ装着時)を達成

車種展開および車両価格は以下の通り。
マカン:754万円
マカンS:977万円
マカンGTS:1188万円

 今回の改良は、内外装の仕様変更やエンジンの出力向上、機能装備のバージョンアップなどを実施して、ミドルサイズSUVとしての訴求力をいっそう高めたことが特徴である。

▲ブラックで彩った新造形のディフューザーや彫りの深いリアエンドおよびLEDテールライトストリップを採用。GTSにはサテンブラック仕上げのサイドブレードを装着する
▲マカンGTSはGTSレザーパッケージとRace-Texを装備。日本導入モデルのハンドル位置は右
▲マカンGTSにはオプションでメモリーパッケージ付18Wayアダプティブスポーツシートを設定。ヘッドレスト部にはGTSのロゴを配する
▲マカンGTSに搭載する2894cc・V型6気筒DOHCガソリンツインターボエンジンは、従来比60ps/30Nmアップの最高出力440ps/5700~6600rpm、最大トルク550Nm/1900~5600rpmを発生

 まず外装では、各部のディテールデザインを刷新する。フロントビューは立体構造を用いたバンパーおよびエプロンに新アレンジのエアインテークを配したうえで、LEDヘッドランプのポルシェダイナミックライトシステム(PDLS)を標準で採用して、スポーティで印象的なマスクを創出。一方、サイドビューはスポーツデザインのエクステリアミラーや3Dテクスチャーのサイドブレードを設定し、合わせて足もとにはマカンに19インチ、マカンSに20インチ、マカンGTSに21インチの大径化したホイールを装着する。7種類の新デザインホイールも、オプションで選択可能だ。そしてリアビューは、ブラックで彩った新造形のディフューザーや彫りの深いリアエンドおよびLEDテールライトストリップを採用して、パワフルな美しさを強調した。ボディカラーについては、パパイヤメタリックとゲンチアンブルーメタリック、そしてGTSスポーツパッケージを備えたマカンGTSのパイソングリーンを含む、合計14色をラインアップしている。

▲ポルシェ・マカンS 価格:7DCT977万円 全長4726×全幅1927mm ホイールベース2807mm 車重1930kg 乗車定員5名 性能面では最高速度259km/h、0→100km/h加速4.6秒(スポーツクロノパッケージ装着時)を発揮
▲タッチパネル式の新しいセンターコンソールや高解像度の10.9インチタッチスクリーンディスプレイ、コンパクト化したシフトセレクターレバーなどを配備。日本導入モデルのハンドル位置は右
▲マカンSに搭載する2894cc・V型6気筒DOHCガソリンツインターボエンジンは、従来比26ps/40Nmアップの最高出力380ps/5200~6700rpm、最大トルク520Nm/1850~5000rpmを発生

 内包するインテリアは、タッチパネル式の新しいセンターコンソールや高解像度の10.9インチタッチスクリーンディスプレイ、コンパクト化したシフトセレクターレバー、新デザインのマルチファンクションGTスポーツステアリングホイールなどによって、ポルシェ アドバンストコックピットを大きく進化させる。シートには電動調節機能付8Wayコンフォートシート、メモリーパッケージ付14Wayコンフォートシート、メモリーパッケージ付18Wayアダプティブスポーツシートを設定。サウンドシステムは10個のスピーカーと出力150Wによるサウンドパッケージプラスのほか、サブウーファーとセンタースピーカーを含む計14個のスピーカーと出力665Wの14チャンネルアンプを備えたBOSEサラウンドサウンドシステム、出力1000Wにおよぶ16チャンネルデジタルアンプに出力300WのD級アンプ内蔵アクティブサブウーファーを含む合計16個のスピーカーを配したBurmesterハイエンドサラウンドサウンドシステムを用意した。

▲ポルシェ・マカン 価格:7DCT754万円 全長4726×全幅1927mm ホイールベース2807mm 車重1845kg 乗車定員5名 性能面では最高速度232km/h、0→100km/h加速6.2秒(スポーツクロノパッケージ装着時)を実現
▲シートの高さ、座面とバックレストの角度、前後位置を電動で調節可能な8wayコンフォートシートを装着。日本導入モデルのハンドル位置は右
▲マカンに搭載する1984cc直列4気筒DOHCガソリンターボエンジンは、従来比20ps/30Nmアップの最高出力265ps/5000~6500rpm、最大トルク400Nm/1800~4500rpmを発生

 搭載エンジンに関しては、全ユニットで大幅な出力アップを果たす。高性能モデルのマカンGTSに採用する2894cc・V型6気筒DOHCガソリンツインターボエンジンは、従来比60ps/30Nmアップの最高出力440ps/5700~6600rpm、最大トルク550Nm/1900~5600rpmを発生。一方、マカンSに採用する2894cc・V型6気筒DOHCガソリンツインターボエンジンは、従来比26ps/40Nmアップの最高出力380ps/5200~6700rpm、最大トルク520Nm/1850~5000rpmを絞り出す。そしてマカンに採用する1984cc直列4気筒DOHCガソリンターボエンジンは、従来比20ps/30Nmアップの最高出力265ps/5000~6500rpm、最大トルク400Nm/1800~4500rpmを達成した。トランスミッションは、全ユニットに7速PDK(7DCT)をセット。駆動機構には、ポルシェトラクションマネジメント(PTM)4WDシステムを組み込んだ。

▲GTSスポーツパッケージを装着したマカンGTS。ボディカラーは専用色のパイソングリーン

 シャシー面については、モデル別に最適化したポルシェアクティブサスペンションマネジメント(PASM)をマカンGTSとマカンSに標準、マカンにオプションで装備。また、マカンGTSには車高を10mm低く設定したスポーツエアサスペンションを配し、エアサスペンション自体はフロントアクスルの剛性を従来より10%、リアアクスルの剛性を同15%高く設定する。さらに、オプションのGTSスポーツパッケージを選択すると、21インチサイズのGTデザインホイールとパフォーマンスタイヤ、ポルシェトルクベクトリングプラス(PTVプラス)、スポーツクロノパッケージが装備され、走行性能がさらに向上するという。なお、GTSスポーツパッケージではほかにも、エクステリアのブラックハイライトやカーボンインテリアパッケージ、エクステンデッドレザーエレメントを備えたRace-Texインテリアなどを採用している。

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報