ー 

「最新モデル試乗」新型アウディA3に乗って考える、プレミアムの本質

Writer:河村康彦 Photo:小久保昭彦

アウディA3 価格:310〜661万円 試乗記

アウディA3スポーツバック1stエディション 価格:7DCT 453万円 A3は3種のエンジンを設定 1ℓエンジンを積む30TFSIはベース/アドバンスト/Sラインの3グレード構成 
アウディA3スポーツバック1stエディション 価格:7DCT 453万円 A3は3種のエンジンを設定 1ℓエンジンを積む30TFSIはベース/アドバンスト/Sラインの3グレード構成 

スポーツバックとセダンを設定。主力は1リッター48VマイルドHV

 最新4thアウディA3が上陸した。A3は、1996年の誕生以来、四半世紀にわたって世界で多くのユーザーの支持を集めるプレミアムコンパクトだ。
 新型のラインアップはほぼ従来どおり。ボディタイプは、スポーツバックと呼ぶ5ドアハッチバックと4ドアセダンの2種。それぞれ1リッター直3(110ps)を積むFFの30TFSI、2リッター直4(190ps)を搭載した4WD(クワトロ)の40TFSI、そしてハイパワー2リッターターボ(310ps)+4WDのS3をラインアップする。

 ボディサイズはスポーツバックが全長×全幅×全高4345×1815×1450mm。セダンは同4495×1815×1425mm。セダンの全長が150mm長いのは、リアのオーバーハング延長分だ。
 セダンの独立したトランクスペースは「広大」という表現を使いたくなるほどの大空間。フロア部分に段差は残るが、後席シートバックを前倒しできるトランクスルー機能を備え、長尺物の積載も余裕でOKだ。なお、A3のランニングコンポーネンツは、よく知られるようにVWゴルフとほぼ共通である。

スポーツバックの全長×全幅×全高は4345×1815×1450mm 旧型比で全長は20mm長く 全幅は30mmワイド 全高は共通 エッジの効いたボディラインが印象的
1stエディションはアドバンストをベースにしたデビュー記念車(スポーツバックは375台限定)

プレミアムを実感する作りと走り。すべてが気持ちいい

 試乗車は、最もベーシックなパワーユニットを積む、30TFSI系。スポーツバック、セダンともに日本発売を記念して設定された1stエディションだった。事実上のフルオプション車である。
 乗り込むとさすがにプレミアム感が濃厚だ。パワーユニットを見れば「3気筒エンジンの1リッター車」だが、車格をエンジン排気量や気筒数で表す時代は終わったことを実感する。

 フロントフードは立派なダンパーを装備し、片手で軽々と開閉が可能。コストダウンを連想させる「つっかえ棒」へと置き換えられ、フードがあまりにも重いことに驚かされたゴルフⅧとは違う。A3は細部まで丁寧に仕上げられている。こうした部分でもプレミアム性の違いを認識させられた。

 インテリアは上質。新型の見どころのひとつだ。A3は「デジタル化」が積極的に推進され、結果としてこれまで以上にシンプルでクリーンな雰囲気にまとめられた。その一方で「光りもの」を巧みに活用。アウディ車ならではのプレミアム感を感じさせてくれる。
 メーターフード両端には独立した吹き出し口がレイアウトされ、パッセンジャー側もグローブボックス上部に空調ベゼルを内蔵。顔の周辺に新鮮な空気の流れが感じられ好印象だった。
 ワンタッチで操作したい空調操作系は、物理的なスイッチとしてセンターディスプレイ下に残されたのもうれしい。さまざまな機能をアイコンとして画面内に集約し、フェイスレベルの空調吹き出し口の高さが低くなったゴルフⅧに比べると、A3はユーザーフレンドリーである。

 パフォーマンスは気持ちいい。見た目とは裏腹に、スポーツバックとセダンの重量差はわずかに10kg。実際その動力性能は両車で同様である。7速DCTとのコンビネーションがもたらす微低速時からの滑らかさも含め、実用上の不満はまったくない。
 0〜100km/h加速が10.6秒というデータが示すように決して俊足とはいえないものの、よく走る。滑らかなサスストローク感が印象的なフットワークも、見た目の印象にふさわしい上質感を味わわせてくれた。
 静粛性は総じて良好。中でも、外部からのノイズの遮断性が素晴らしく高い、と感じられた点は特筆に値する。ただし、ファーストエディションの特別アイテムとして装備する18インチタイヤが、ロードノイズに対して多少の「悪さ」をしている印象は感じた。

 条件が揃えば単なるコースティングに留まらず、40~160km/hの範囲で最大40秒までエンジンを停止するという、48Vマイルドハイブリッドシステムがもたらす制御はスムーズ。端的にいって、ドライバーが「走行中のエンジン停止」を実感することは困難だろう。停車状態からのリスタート時に、ショックはもちろん、さしたるノイズもなく「プルン」と始動するアイドリングストップ機能も含め、このあたりの所作はプレミアムモデルにふさわしい完成度だった。
 A3は、フルモデルチェンジで「いいモノ感」が一気に増した。新型もプレミアムコンパクト・セグメントを牽引する存在であることは間違いない。

インパネはセンター部をドライバー側に傾けたスポーティ形状 10.25インチ液晶メーターと10.1インチタッチスクリーンを組み合わせたデジタルコクピット 1stエディションはナビ標準装備
1stエディションは専用ファブリックシート装着 前席は電動調節機構付き 新型はカーペットにペットボトル62本分のリサイクル素材を使用 環境に配慮した
メーターは多様なデザインが選べる先進設計 視認性ハイレベル
トランスミッションは7速DCT メインセレクターはバイワイヤー式小型形状
1stエディションは車線維持機能付き全車速対応ACCを装着
MB3・MMIナビゲーションは高機能設計 車内Wi-Fi搭載
左右独立温度調節式オートAC標準 スイッチ操作性は良好
スポーツバックの荷室容量は後席使用時380リッター/最大1200リッター
999cc直3DOHC12Vターボ(110ps/200Nm)+ベルト駆動オルタネータースターター+48Vリチウムイオンバッテリーで構成 WLTCモード燃費:17.9km/リッター
1stエディションは225/45R17タイヤ+スポーク形状アルミ装着

アウディA3スポーツバック1stエディション 主要諸元と主要装備

グレード=A3スポーツバック1stエディション
価格=7DCT 453万円
全長×全幅×全高=4345×1815×1450
ホイールベース=2635
トレッド=フロント:1545×リア:1530mm
車重=1320kg
エンジン=999cc直3DOHC12Vターボ(プレミアム仕様)
最高出力=81kW(110ps)/5500rpm
最大トルク=200Nm(20.4kgm)/2000〜3000rpm
WLTCモード燃=17.9km/リッター(燃料タンク容量47リッター)
(市街地/郊外/高速道路=14.9/17.6/20.0km/リッター)
サスペンション=フロント:ストラット/リア:トレーリングアーム
ブレーキ=前後ディスク
タイヤ&ホイール=225/45R17+アルミ
駆動方式=FF
乗車定員=5名
最小回転半径=5.1m
主な燃費改善対策:筒内直接噴射/電子スロットル/可変バルブタイミング/電動パワーステアリング/7速Sトロニックトランスミッション/アイドリングストップ
1stエディション特別装備:ルーフレール/スタンダードシート(ブルーアクセントデビュークロス)/3分割可倒式リアシート(センターアームレスト付き)/ダークアルミニウムスペクトラムデコラティブパネル/マルチカラーアンビエントライティング/5スポークVデザイン18インチアルミ/225/40R18タイヤ/マトリクスLEDライト/前後ダイナミックインジケーター
主要装備:アウディプレセンスフロント/コンビニエンス&アシスタンスパッケージ(前席電動調節機能+4ウェイランバーサポート+アドバンストキーシステム+リアビューカメラ+サイドアシスト+アダプティブクルーズコントロールアシスト+パークアシスト+アウディ・ホールドアシスト)/ナビゲーションパッケージ(MMIナビゲーション+バーチャルコクピット)/テクノロジーパッケージ(スマートフォンインターフェイス+ワイヤレスチャージング+後席USB)/48Vマイルドハイブリッドシステム/スタンダードサスペンション/エレクトロメカニカルパワーステアリング/アドバンストバンパー/ハイグロスパッケージ/本革巻きステアリング/2ゾーンオートAC/ストレージパッケージ
ボディカラー:タンゴレッドメタリック
※価格はすべて消費税込み リサイクル費用は1万3870円

アウディA3セダン1stエディション 価格:7DCT 472万円 セダンのボディサイズは全長×全幅×全高4495×1815×1425mm スポーツバック比で全長150mm長い 端正なフォルムと大型トランク(容量425ℓ)が特徴 Cd値はクラストップ級の0.25をマーク グレード構成はスポーツバックと共通 1stエディション(125台限定)は1リッター直3ユニット(110ps/250Nm)を搭載したFFモデル WLTCモード燃費は14.9km/リッター マルチLEDヘッドライト/17inアルミなど特別装備

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年10月号

  • ・新型トヨタ・アクア・オールガイド
  • ・新型日産ノート・オーラNISMO
  • ・新型ホンダ・シビック試乗&ライバル比較

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る