ー 

販売絶好調! 新型ヴェゼルは新たなホンダの主役になれるのか!?

Writer:河村康彦 Photo:小久保昭彦

ホンダ・ヴェゼル 価格:227万9200〜329万8900円 試乗記

ホンダ・ヴェゼルe:HEV・Z(4WD) 価格:311万8500円 Zはユーザーの76%が選ぶ人気グレード パワーテールゲート/2ゾーンオートAC/18インチアルミなど装備充実 4WDは後輪をプロペラシャフトで直結した本格システム
ホンダ・ヴェゼルe:HEV・Z(4WD) 価格:311万8500円 Zはユーザーの76%が選ぶ人気グレード パワーテールゲート/2ゾーンオートAC/18インチアルミなど装備充実 4WDは後輪をプロペラシャフトで直結した本格システム

人気トップはZグレード! ユーザーの90%以上がハイブリッド車を選ぶ

受注台数:3万2000台(2021年5月24日現在)

ヴェゼル人気グレード
1:e:HEV・Z(価格:289万8500〜311万8500円)
2:e:HEV・PLaY(価格:329万8900円)
3:G(価格:227万9200円)

ヴェゼル人気ボディカラー
1:プラチナホワイトパール
2:クリスタルブラックパール
3:プレミアムサンライトパール

 イメージを大幅刷新した新型ヴェゼルが好調だ。発売1カ月で計画の6倍以上となる3万2000台の受注を獲得。旧型を中心としたSUVユーザーだけでなく、ミニバンやハッチバックからの乗り換え層も目立つという。
 新型の全長×全幅×全高は4330×1790×1580〜1590mm。従来型比で幅が20mm広がったものの、全長は同寸法、全高は25〜35㎜低くなった。7年ぶりのフルチェンジとはいえ、ヴェゼルならではの取り回しやすさは健在だ。フィットをベースにして多くのハードウェアを構築した点も従来モデルと変わらない。基本的な骨格は従来型からのキャリーオーバー。フィットよりも80mm長い2610mmのホイールベースを採用する点も、旧型と同様である。

 パワーユニットは新世代だ。新型の主役は、ユーザーの90%以上が選ぶ、e:HEVという呼称の2モーター式ハイブリッド。モーター内蔵の7速DCTを用いた従来型とは全面的に異なる。フィットが先行導入し、高評価を受けているシステムの改良型である。

 試乗車は、人気トップグレード、Zの4WD仕様。4WD機構は、プロペラシャフトで後輪側へ駆動力を伝達するオーソドックスな方式。電動化が図られた4WD車は後輪をモーターで駆動するケースが少なくないが、ヴェゼルはいわば正統派。新型は電子制御式クラッチを用いて、大トルクがタイムリーに伝達可能になった点が特徴だ。「低ミュー路での発進補助だけでなく、通常時の操安性にもメリットが大きい」とアピールする、ホンダ自信の4WDである。

 スタイリングはハンサムなイメージ。写真で見るよりも実車のほうが、はるかに好ましいと感じた。ボディラインはシャープで、ボリューム感がある。
 賛否が分かれていると聞いていたフレームレスグリルを採用したフロントマスクには、まったく違和感がなかった。最近は、SUVでもクーペ流儀のワンモーションによるルーフラインの持ち主が多い。そんな中、新型ヴェゼルの、長めのフード採用と、水平基調で構築されたプロポーションは新鮮。しかも美しい。

ヴェゼルは全4グレード構成 ガラスルーフ&2トーンカラー標準のPLaY(プレイ)の納期は来年春以降 他のモデルは2〜3カ月で納車可能という Zのボディカラーは全6色構成
e:HEVハイブリッドは1496cc直4DOHC16V(106ps/127Nm)と2モーター(131ps/253Nm)で構成 エンジンは発電と高速走行時に使用する WLTCモード燃費:22.0km/リッター(4WD)

走りは静かでスムーズ。素直なハンドリング感覚

 スタート後、まずは郊外路を50~60km/h程度で流してみる。印象に残ったのは良好な視界と高い静粛性だ。前方はもちろんだが、斜め前方のドアミラー周辺の「抜け」がいい。静かさも感心するレベルだった。
 e:HEVは、エンジンで発電し、モーターで走る「シリーズ式ハイブリッドをベース」にしている。それだけに、エンジン出力に頼らない「EVモード」時の静粛性が高いのは当然だが、エンジン始動時でもノイズが巧みに抑えられている。静粛性は従来型とは一線を画している。

 ただし、そんな静かな印象は、長い上り坂などアクセルペダルを深く踏み込むシーンが続くと一変する。
 e:HEVは、1.5リッター直4エンジン(106ps/127Nm)とモーター(131ps/253Nm)の組み合わせ。フィットと比べ、吸気抵抗の低減でエンジン出力を向上させ、駆動用バッテリーのセル数上乗せでモーター出力も高められたとはいうものの、重量増によってフィットよりも「荷が重い」印象は否めない。駆動系のファイナルギアレシオがローレシオ化された関係もあり、「走行シーンが変わるとエンジンノイズが急増」というイメージを受けた。

 やはりここのところは、いっそうのエンジン強化を望みたい。余裕をもったエンジン制御が可能になれば、静粛性の大幅アップなど、さらに上質な走りが期待できるからだ。
「上質な走り」といえば、フットワークの味わいには驚かされた。新型はこれまでのヴェゼルで気になった
「揺すられ感」とは無縁の、しなやかでフリクションを意識させないテイストの持ち主である。タイトなターン脱出時のパワーオンの場面では、後輪がしっかり地面を蹴っている感触が濃厚だった。しなやかさと素直なハンドリング感覚は、新型ヴェゼルの大きな美点だ。

 新型の完成度は非常に高い。各部を全面新設計とするのではなく、これまでの骨格をキャリーオーバーしたうえで、丁寧に煮詰めていったアプローチが好結果につながったようだ。
 新型は、余裕たっぷりの後席空間や、「センタータンク・レイアウト」を活かした圧倒的ユーティリティ性など、これまでもヴェゼルが得意としてきた美点を継承したうえで、新たな魅力を上乗せした。売れて当然、満足度の高いSUVの代表である。

インパネはすっきりとした水平基調 視界はワイド 各部の作りは上質 写真のナビ機能付きホンダコネクトディスプレー+ETC2.0車載器はワイヤレス充電器とセットop(22万円)
Zの室内はブラック基調 シートはプライムスムースとファブリックのコンビ仕様 優しい座り心地としなやかな足回りにより快適性ハイレベル 室内長2010mm
荷室は広い センタータンクレイアウトの利点が生きる Zのリアゲートはハンズフリー電動式
後席座面は左右独立チップアップ機能付き 背の高い荷物の収納に便利な低床設計
e:HEVのトランスミッションは電気式CVT パドルで回生ブレーキの強さが選べる減速セレクター付き 加速フィールは滑らか
11種類の機能を集約したホンダセンシング標準 ACCは渋滞追従機能付き全車速対応
ヒルディセントコントロール標準 パーキングブレーキはホールド機能付き
マルチビューカメラはクルマ周囲の状況を表示 プレミアムオーディオとセットop(12万7000円)
e:HEVはエコカー減税対象車 自動車税の環境性能割と重量税が登録時に免税となる ガソリンのGに対して登録時の税金は割安
全車LEDヘッド&フォグランプ標準 Zのウインカーはシーケンシャル式 ランプユニットは薄型形状
Zは225/50R18ミシュラン製タイヤ+ブラック切削アルミ標準 最低地上高は180mmと余裕たっぷり

ホンダ・ヴェゼル 主要諸元と主要装備

グレード=e:HEV・Z(4WD)
価格=311万8500円
全長×全幅×全高=4330×1790×1590mm
ホイールベース=2610mm
トレッド=フロント:1535×リア:1540mm
最低地上高=180mm
車重=1450kg
エンジン=1496cc直4DOHC16V(レギュラー仕様)
最高出力=78kW(106ps)/6000〜6400rpm
最大トルク=127Nm(13.0kgm)/4500〜5000rpm
モーター最高出力=96kW(131ps)/4000〜8000rpm
モーター最大トルク=253(Nm25.8kgm)/0〜3000rpm
WLTCモード燃費=22.0km/リッター(燃料タンク容量40リッター)
(市街地/郊外/高速道路:21.8/23.7/21.1km/リッター)
サスペンション=フロント:ストラット/リア:ド・ディオン
ブレーキ=フロント:ベンチレーテッドディスク/リア:ディスク
タイヤ&ホイール=225/50R18+アルミ
駆動方式=4WD
乗車定員=5名
最小回転半径=5.5m
主な燃費改善対策=ハイブリッドシステム/アトキンソンサイクル/アイドリングストップ/可変バルブタイミング/電動パワーステアリング
主要装備=ホンダセンシング(衝突軽減ブレーキ+前後誤発進抑制機能+近距離衝突軽減ブレーキ+歩行者事故低減ステアリング+路外逸脱抑制機能+渋滞追従機能付きアダプティブクルーズコントロール+車線維持支援システム+オートハイビーム+先行車発進お知らせ機能+標識認識機能+オートハイビーム)/パーキングセンサー/ブラインドスポットインフォメーション/サイドカーテンエアバッグ/フルLEDヘッドライト/アジャイルハンドリングアシスト/ヒルディセントコントロール/マルチインフォメーションディスプレイ/コンビシート(プライムスムース&ファブリック)+専用インテリア/チップアップ&ダイブダウン機構付き6対4分割リアシート/前席シートヒーター/ステアリングヒーター/左右独立温度調節式フルオートAC/PTCヒーター/そよ風アウトレット/トノカバー/本革巻きステアリング+セレクトレバー/静電タッチ式LEDルームランプ/リバース連動ドアミラー/遮音&遮熱機能付きUVカットフロントウィンドウ/車速連動間欠ワイパー/バンパーロワーガーニッシュ/電動サーボブレーキ/AC用フル電動コンプレッサー/充電用USBジャック/LEDマップ&ルームランプ/本革巻きステアリングホイール&セレクトレバー/減速セレクター/VGR(可変ステアリングギアレシオ)
装着メーカーop=ホンダコネクトディスプレイ+ETC2.0車載器+ワイヤレス充電器22万円/マルチビューカメラシステム+プレミアムオーディオ12万7600円
ボディカラー=メテオロイドグレーメタリック(op3万8500円)

ヴェゼルG(FF) 価格:CVT 227万9200円 Gは新開発1.5リッター直4DOHC16V(118ps/142Nm)搭載 ベースモデルながら16インチアルミ/タコメーター/ヒルディセントコントロール/フルオートAC/ナビ装着パッケージなど装備充実 シートはファブリック仕様 走りは意外なほど力強い

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報