• TOP
  • 多くの人が「いいな」と感じる上質さ、トヨタだから実現できたハリアーの魅力世界

 ー 

多くの人が「いいな」と感じる上質さ、トヨタだから実現できたハリアーの魅力世界

Writer:河村康彦 Photo:小久保昭彦

トヨタ・ハリアー 価格:299〜504万円 試乗記

トヨタ・ハリアー・ハイブリッドZレザーパッケージ(4WD) 価格:THS 504万円 ハリアーは2.5リッターハイブリッドと2リッターガソリンの2シリーズ ハイブリッド比率は20% プラットフォームはRAV4と共通のGAーK型を採用
トヨタ・ハリアー・ハイブリッドZレザーパッケージ(4WD) 価格:THS 504万円 ハリアーは2.5リッターハイブリッドと2リッターガソリンの2シリーズ ハイブリッド比率は20% プラットフォームはRAV4と共通のGAーK型を採用

日本のユーザーにターゲットを定めたプレミアムモデル

販売台数:4万1240台(2021年1〜5月)

ハリアー人気グレード
1:Z(393万〜413万円)
2:ハイブリッドZレザーパッケージ(482万〜504万円)
3:Zレザーパッケージ(423万〜443万円)

ハリアー人気ボディカラー
1:ホワイトパールクリスタルシャイン
2:プレシャスブラックパール
3:ブラック

 大きく、立派に、そして高価になったレクサスRXとは決別し、日本のユーザーに焦点を合わせて開発されたプレミアムV――2020年6月に発売された現行ハリアーは、そんなキャラクターの持ち主である。
 ボディサイズは全長×全幅×全高4740×1855×1660mm。1800mm台半ばに抑えた全幅は、日本国内での使い勝手を重視したことの現れ。レクサスRX(同4890×1895×1710mm)よりも明確にコンパクトだ。ハイブリッドシステムが4気筒エンジンとの組み合わせに限られる点も、レクサスRXとは異なる。プレミアムモデルながらさまざまな面で過剰性を排したスペックは、現在の「日本マーケットの空気感」を象徴している。

 上質な仕上がりを実感させるインテリアは、大きな魅力。特別に高価な素材を用いているわけではないが、乗り込んだ瞬間に「いいもの感」が味わえる。
 ハリアーはプライスも絶妙だ。全体に車両価格が高額化する中、300万円を切ったスタート価格を設定した。人気が高いのは上級グレードだが、手ごろなモデルを用意して、「これなら「プレミアムSUV」に手が届く」と感じさせる効果は大きい。ハリアー人気の起爆剤のひとつといえるだろう。

ルーフラインはエレガントなクーペスタイル ボディカラーは全7色設定 リアゲートはハンズフリー電動タイプ

ボディ骨格はトヨタ最新TNGA。パワートレーンは2種

 流麗でクーペライクなスタイリングからは想像しづらいものの、メカニカルコンポーネンツ面で血縁関係の濃いモデルはRAV4。ボディ骨格は、トヨタ最新の「TNGA」。しっかりした剛性感としなやかな乗り味が、「最新モデル」らしい上質なフットワークテイストを提供してくれる。

 パワートレーンは2リッターガソリン(171ps)と2.5リッターエンジン+モーターのハイブリッドの2種。どちらを選んでも必要十分な動力性能があり、満足度は高い。それでも多少の余裕と、より高い静粛性、素早いレスポンスを望むのであれば、ハイブリッドがいい。加速力はいちだんとたくましいし、アクセルのわずかな操作に対する応答性も明らかにシャープ。プレミアムSUVにふさわしいパワーユニットに仕上がっている。
 4WDのバリエーションが充実している点も、ハリアーの魅力。高い人気が随所で納得できる1台である。

インパネは立体形状 上質なレザー調ソフトパッド仕上げ 「馬の鞍」をイメージしたワイドなコンソールが個性的 Zは12.3インチディスプレイ+SDナビ+JBLプレミアムサウンド標準装備
レザーパッケージは本革シート標準 運転席は8ウェイ電動調節&自動ポジションメモリー付き サポート性高水準 乗り心地は快適 室内長1880mm
メーターは7インチ液晶内蔵オプティトロン式 ヘッドアップディスプレイ標準
荷室は大容量 後席を立てた状態でゴルフバッグが3セット積める
Zは225/55R19タイヤ+アルミ標準 足回りはしなやか

トヨタ・ハリアー 主要諸元と主要装備

グレード=Zレザーパッケージ(4WD)
価格=THS 504万円
全長×全幅×全高=4740×1855×1660mm
ホイールベース=2690mm
トレッド=フロント:1605×リア:1625mm
最低地上高=190mm
車重=1750kg
エンジン=2487cc直4DOHC16V(レギュラー仕様)
最高出力=131kW(178ps)/5700rpm
最大トルク=221Nm(22.5kgm)/3600〜5200rpm
モーター最高出力=フロント:88kW(120ps)/リア:40kW(54ps)
モーター最大トルク=フロント202Nm(20.6kgm)/リア:121Nm(12.3)
WLTCモード燃費=21.6km/リッター(燃料タンク容量55リア)
(市街地/郊外/高速道路:18.9/24.2/21.4km/リッター)
サスペンション=フロント:ストラット/リア:ダブルウィッシュボーン
ブレーキ=フロント:ベンチレーテッドディスク/リア:ディスク
タイヤ&ホイール=225/55R19+アルミ
駆動方式=4WD
乗車定員=5名
最小回転半径=5.7m
主な燃費改善対策:筒内直接噴射/可変バルブタイミング/アイドリングストップ/電動パワーステアリング/ハイブリッド/充電制御/電気式無段変速機
主要装備:トヨタセーフティセンス(プリクラッシュセーフティ+レーントレーシングアシスト+全車速追従レーダークルーズコントロール+アダプティブハイビーム+ロードサインアシスト)/インテリジェントクリアランスソナー/リアクロストラフィックオートブレーキ+リアブラインドスポットモニター/7エアバッグ/電子制御ブレーキ/プロジェクターLEDヘッドライト/前後方録画機能付きデジタルインナーミラー/フロント撥水機能付きスーパーUVカット&IRカットガラス/吸音タイプ前後フェンダーライナー/本革シート/前席電動調節+快適温熱+ベンチレーション機能/運転席電動ランバーサポート/ステアリングヒーター付き本革巻きステアリング/電動チルト&テレスコピック機能/ドライブモードセレクト/オプティトロンメーター/カラーヘッドアップディスプレイ/イルミネーション付きスカッフプレート/イルミネーテッドエントリーシステム/左右独立温度調節式フルオートAC/ハンズフリーパワーバックドア/12.3インチTコネクトSDナビゲーション+JBLプレミアムサウンドシステム
装着メーカーop:調光パノラマルーフ19万8000円/パノラミックビューモニター(シースルービュー機能付き)6万500円/おくだけ充電1万3200円
ボディカラー:プレシャスブラックパール(op5万5000円)
※価格はすべて消費税込み リサイクル費用は1万800円

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年12月号

  • ・新型レクサスNX
  • ・新型トヨタ・カローラクロスとライバル
  • ・特集 トヨタSUVワールド

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る