ー 

手が届く本物のオフローダー、スズキ・ジムニーの確かな手応え

Writer:森口将之 Photo:小久保昭彦

スズキ・ジムニー+ジムニー・シエラ 価格:148万5000〜187万5500円 試乗記

スズキ・ジムニーXC 価格:5MT 177万6500円/4AT 187万5500円 全世界194の国と地域で愛用されるワールドSUV Kカー仕様と1.5リッターのシエラをラインアップ
スズキ・ジムニーXC 価格:5MT 177万6500円/4AT 187万5500円 全世界194の国と地域で愛用されるワールドSUV Kカー仕様と1.5リッターのシエラをラインアップ

すべてが本格派。ヘビーデューティ感覚たっぷり

販売台数:2万7555台(2021年1〜5月)
(ジムニー:1万9767台/ジムニーシエラ:7788台)

ジムニー人気グレード
1:XC(177万6500〜187万5500円)
2:XL(161万1500〜171万0500円)
3:XG(148万5000〜158万4000円)

ジムニー人気ボディカラー
1:ジャングルグリーン
2:ミディアムグレー
3:ブルーイッシュブラックパール3

 現行ジムニーとジムニーシエラは2018年にデビュー。登場直後は「納車まで1年以上かかる」という情報が話題になった。現在でも納車まで半年ほどかかるようだ。月販台数は軽自動車のジムニーが3000台前後、登録車のジムニーシエラは1000〜2000台をキープしている。
 高い人気の秘密は、ラダーフレームに前後リジッドアクスルのサスペンション、高低2段の副変速機を持つパートタイム式4WDを組み合わせた「本物のオフロードモデル」が、200万円以下で手に入る点だろう。

 スタイリングは丸みを帯びた旧型から一転、2世代前を思わせる角張ったフォルムに戻った。バンパーはブラック仕上げ。フロントグリル両脇に配したウインカーが1stモデルを思わせるなど、過去のエッセンスを巧みに取り入れているところも見逃せない。

 インテリアは機能重視でまとめられている。スクエアなメーターボックスやがっしりした作りの助手席側グリップ、ドアグリップなど、ヘビーデューティな雰囲気が伝わってくる。
 エアコンの調節はダイヤル式、その下のスイッチ(パワーウィンドウやESPスイッチなど)はピアノタッチ式と、確実性重視の操作系にも好感を抱く。

ジムニーシエラJC 価格:5MT 195万8000円/4AT 205万7000円 シエラは全幅1645mmのオーバーフェンダー仕様 1.5リッター直4(102ps)搭載
ジムニーは1970年登場の1stモデル以来FR〜4WD切り替えのパートタイム4WDと強靭なフレーム構造を堅持 圧倒的なオフロード性能が魅力

道なき道を着実に走破するメカニズム。普段使いもOK

 走りの面では、ジムニーに搭載された660cc3気筒ターボ(64ps)のパワー特性がなだらかになり、1.5リッター・4気筒(102ps)のジムニーシエラを含めて、サウンドが滑らかになったことに気づく。キャラクターを考えると動力性能は必要十分といえる。乗り心地も確実に向上しており、普段使いしやすくなった。

 オフロード性能は、期待を裏切らない。ラダーフレームが衝撃を受け止め、長いストロークを持つサスペンション、200mmを超える最低地上高、限られた力を増幅してくれるローレンジがチームを組み、道なき道を着実に走破していく。

 ハードなシーンに愛車を持ち込むユーザーは限られるだろう。しかし本物志向のヘビーデューティな手応えは、オンロードを走っていても伝わってくる。
 唯我独尊ともいえる独特の存在感は、今後も多くのファンを引きつけるに違いない。

インパネは水平基調 助手席側にはアシストグリップを装備する 4thモデルは悪路走行時のキックバックを抑えるステアリングダンパー標準 操舵フィールは滑らかな印象 各種操作系は機能的なレイアウト
シートはクッション性に優れた構造 前席はSRSサイドエアバッグを内蔵 後席はリクライニング機能付き 乗り心地は意外に良好 小型車のシエラを含め乗車定員は4名 室内長1795mm
メーターは常時発光式オレンジ仕様 大型2眼デザイン 中央部に液晶ディスプレイを配置
ジムニーは175/80R16/シエラは195/60R15サイズ 上級グレードはアルミ標準
後席は2分割式 最大荷室容量は352リッター 荷室最大長は980mm

スズキ・ジムニー 主要諸元と主要装備

グレード=XC(MT)
価格=5MT 177万6500円
全長×全幅×全高=3395×1475×1725mm
ホイールベース=2250mm
トレッド=フロント:1265×リア:1275mm
最低地上高=205mm
車重=1030kg
エンジン=658cc直3DOHC12Vターボ(レギュラー仕様)
最高出力=47Nm(64ps)/6000rpm
最大トルク=96Nm(9.8kgm)/3500rpm
WLTCモード燃費=16.2km/リッター(燃料タンク容量40リッター)
(市街地/郊外/高速道路:14.4/17.3/16.4km/リッター)
サスペンション=前後3リンク
ブレーキ=フロント:ディスク/リア:ドラム
タイヤ&ホイール=175/80R16+アルミ
駆動方式=4WD
乗車定員=4名
最小回転半径=4.8m
主な燃費改善対策:可変バルブタイミング/電動パワーステアリング
主要装備:スズキセーフティサポート(デュアルセンサーブレーキサポート+車線逸脱警報+ふらつき警報+ハイビームアシスト+標識認識機能)/ヒルホールドコントロール/ヒルディセントコントロール/ブレーキLSDトラクションコントロール/ウォッシャー付きLEDヘッドランプ/フロントフォグランプ/フロントスタビライザー/16インチアルミ/リアスモークガラス/オートAC/本革巻きステアリング/チルトステアリング/マルチインフォメーションディスプレイ/クルーズコントロール/キーレスプッシュスタート/前席シートヒーター/防汚タイプラゲッジフロア/撥水加工シート表皮/後席リクライニング機構/荷室フックナット&ユーティリティナット/6エアバッグ
ボディカラー:ジャングルグリーン
※価格はすべて消費税込み リサイクル費用は8650円

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年11月号

  • ・新型SUBARUレガシィ・アウトバック
  • ・Driving Report Special 新型トヨタ・ランドクルーザー、ライバル比較付き
  • ・SPECIAL FEATURE 国産スポーツ新世界

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る