• TOP
  • 電動化と電脳化、実は日産の将来ビジョンを凝縮しているキックスの勝ち戦略

 ー 

電動化と電脳化、実は日産の将来ビジョンを凝縮しているキックスの勝ち戦略

Writer:山本シンヤ Photo:小久保昭彦

日産キックス 価格:275万9900〜286万9900円 試乗記

日産キックスXツートーンインテリアエディション 価格:286万9900円 日産自慢のeパワー・システム搭載 生産はタイ日産が行う 足回りはフロントストラット/リアトーションビームの組み合わせ 駆動方式はFF
日産キックスXツートーンインテリアエディション 価格:286万9900円 日産自慢のeパワー・システム搭載 生産はタイ日産が行う 足回りはフロントストラット/リアトーションビームの組み合わせ 駆動方式はFF

スタイリッシュなデザイン。室内は広く開放感たっぷり

販売台数:1万8560台(2021年1〜5月)

キックス人気グレード
1:X(275万9900円)
2:Xツートーンインテリアエディション(286万9900円)

キックス人気ボディカラー
1:ブリリアントホワイトパール
2:ブリリアントホワイトパール×ブラック
3:ピュアブラック

 キックスは、日産が10年ぶりに国内市場に投入したニューカマー。海外で先行発売されていたモデルで、電動化(=eパワー)と電脳化(=プロパイロット)を盛り込んだ、日産の将来ビジョンを凝縮した1台だ。
 エクステリアはエクストレイルの弟分のイメージ。スポーティさと先進性、そして各部の作りのよさなど「いい物感」を備える。ボディサイズは全長×全幅×全高4290×1760×1610mm。適度に引き締まり、取り回し性に優れている。

 インテリアは水平基調のオーソドックスなデザイン。ソフトパッドやグロスブラック加飾が質感を高めている。ただし樹脂パーツやスイッチ類、メーター回りの処理がやや古いイメージなのは残念だ。
 魅力は、外観からは想像できないほど広い室内空間。居住性はクラストップ級。前後席とも余裕たっぷりだ。視覚的な開放感も高い。

ボディカラーは単色9色/ツートーン4種の計13タイプ 写真はプレミアムホライゾンオレンジ×ピュアブラック

走りは先進のeパワー。プロパイロット標準装備

 パワートレーンは全車eパワー。基本構造は旧型ノートと同じだが、モーター最高出力は95kW(129ps)、最大トルクは260Nmに引き上げられている。
 走りは魅力的。アクセルひと踏みで「スッと発進」し、「スムーズな加速」を披露する。ドライバーの操作に対するレスポンスのよさはもちろん、1350kgと決して軽くはない車体を、「おっ、速い!」と感じさせる加速力だ。

 ハンドリングは見た目の印象よりも骨太で、クルマの動きは自然。バッテリー搭載を忘れるくらいの軽快性と、ハイスピードコーナリング時の「ちょっと曲がりすぎる!?」と感じるくらいの回頭性が印象的だ。
 快適性は車重を活かした落ち着きある足の動きと吸収性、粗い路面での振動の少なさが美点。クラス水準を超えている。
 静粛性はハイレベル。ガラス厚の変更、エンジン回転数の制御、発電タイミングの最適化により、定常走行時であれば、エンジンが始動してもほとんど気にならない。

 先進安全装備はプロパイロット/インテリジェントエマージェンシーブレーキなど最新スペック。
 価格は一見高めだが、装備内容を子細にチェックするとライバル車と同等。駆動方式はFF限定。4WD仕様のラインアップ拡充を期待したい。

インパネは水平基調 シンプルで機能的なデザイン 各部ソフトパッド仕上げ 視界はワイド ハンドリングは骨太でナチュラルな味わい 写真のナビはディーラーop(30万8629円)
シートは快適性を高めたゼログラビティ設計 ツートーンエディションは明るい配色の合成皮革仕様 室内スペースは余裕たっぷり 室内長1920mm
メーターはリーフと共通イメージ アナログ速度計と7インチカラー液晶の組み合わせ
205/5517タイヤ+6.5Jアルミ装着 最低地上高170mm ブレーキは4輪ディスク式
荷室は広い 後席使用時の荷室長は900mm 折りたたみ時は段差が発生

日産キックス 主要諸元と主要装備

グレード=Xツートーンインテリアエディション
価格=286万9900円
全長×全幅×全高=4290×1760×1610mm
ホイールベース=2620mm
トレッド=フロント:1520×リア:1535mm
最低地上高=170mm
車重=1350kg
エンジン(レギュラー仕様)=1198cc直3DOHC12V
最高出力=60kW(82ps)/6000rpm
最大トルク=103Nm(10.5kgm)/3600〜5200rpm
モーター=交流同期電動機
定格出力=70kW(95ps)
最高出力=95kW(129ps)/4000〜8992rpm
最大トルク=260Nm(26.5kgm)/500〜3008rpm
WLTCモード燃費=21.6km/リッター(燃料タンク容量41リッター)
(市街地/郊外/高速道路:26.8/20.2/20.8km/リッター)
サスペンション=フロント:ストラット/リア:トーションビーム
ブレーキ=フロント:ベンチレーテッドディスク/リア:ディスク
タイヤ&ホイール=205/55R17+アルミ
駆動方式=FF
乗車定員=5名
最小回転半径=5.1m
主な燃費改善対策:ハイブリッド/アイドリングストップ/可変バルブタイミング/ミラーサイクル/電動パワーステアリング
主要装備:プロパイロット/インテリジェントエマージェンシーブレーキ/インテリジェント車線逸脱防止支援システム/車線逸脱警報/ふらつき警報/踏み間違い衝突防止アシスト/前後ソナー/SOSコール/ヒルスタートアシスト/IRカット&スーパーUVカット断熱グリーンガラス/プライバシーガラス(リア3面)/LEDヘッド&フォグランプ/ハイビームアシスト/インテリジェントオートライト/サイドターンランプ内蔵ドアミラー/本革巻きステアリング/7インチアドバンスドドライブアシストディスプレイ/電制シフト/電動パーキングブレーキ/プッシュパワースターター/e-POWERモードスイッチ/EVモード/インテリジェントキー/コンフォートフラッシャー/オートAC/合成皮革シート/専用インテリア/6対4分割リアシート/トノボード/イモビライザー/シルバールーフレール/6スピーカー
装着メーカーop:インテリジェントアラウンドビューモニター+インテリジェントルームミラー6万9300円
ボディカラー:プレミアムホライズンオレンジ×ピュアブラック(op8万2500円)

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年11月号

  • ・新型SUBARUレガシィ・アウトバック
  • ・Driving Report Special 新型トヨタ・ランドクルーザー、ライバル比較付き
  • ・SPECIAL FEATURE 国産スポーツ新世界

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る