• TOP
  • 「最新モデル試乗」クールと高評価。アウディS3スポーツバックの上質パフォーマンス

 ー 

「最新モデル試乗」クールと高評価。アウディS3スポーツバックの上質パフォーマンス

Writer:河村康彦 Photo:小久保昭彦

アウディS3スポーツバック1stエディション 価格:7DCT 711万円 試乗記

アウディS3スポーツバック1stエディション S3は310psのパワーを誇る4WDスポーツ メルセデスAMG・A35/BMW・M135iのライバル 1stエディションは装備充実のデビュー記念車(限定125台)
アウディS3スポーツバック1stエディション S3は310psのパワーを誇る4WDスポーツ メルセデスAMG・A35/BMW・M135iのライバル 1stエディションは装備充実のデビュー記念車(限定125台)

310ps/4WD、高出力2リッターターボ搭載

 フルモデルチェンジを受け、4thモデルとなったA3シリーズの中で、現時点の最強モデルはS3だ。本国では、「規格外」ともいえる強靭な心臓が与えられたRSモデルが発表された。だが、日本上陸には時間が必要である。

 S3のボディタイプは、「スポーツバック」と命名されたハッチバックと、4ドアセダンの2種。パワーユニットは2リッター直4ユニットと、7速DCTの組み合わせ。スペックは310ps/400Nmとパワフルだ。エンジンのボア×ストローク値やターボ付き直噴ユニットという基本はA3・40TFSIと同じだが、120ps/80Nmもの大幅なパワーアップを果たした。
 高出力が高い過給圧設定で実現したことは、12.2から9.3まで下げられた圧縮比のデータにも裏打ちされている。一方、ハイスペックは決して日常シーンでの使い勝手を疎かにしていない。400Nmの最大トルク値は、2000rpmという低回転から発揮される。ちなみにS3の駆動方式はクワトロ、すなわち4WDだ。

スタイリングはシャープでスタイリッシュ。ヘッドライトはフルLED ウインカーはシーケンシャル式
全長×全幅×全高4350×1815×1440mm パワーウェイトレシオ:5.03kg/ps

鮮烈パフォーマンス。刺激的なサウンドもゴキゲン!

 試乗車はスポーツバックの1stエディション。本来はオプションとなる電子制御式の可変減衰力ダンパーを備えたダンピングコントロールサスペンションやパノラマサンルーフ、19インチタイヤなどが標準で装備されていた。
 S3はスタイリッシュだ。大径タイヤと専用デザインの前後バンパーが、A3とは一線を画すスポーティさをアピール。室内はスポーツシートが格別な印象を盛り上げる。各部の作りは、アウディ車らしく上質で入念だった。

 動力性能は予想どおり鮮烈。あらゆる走りのシーンで余裕にあふれている。DCTの採用で実現した、シャープながらもシームレスな変速感が印象的だ。
 ユニークな点は「ドライブセレクト」で走行モードを変えると、明らかに5気筒ユニットを意識したビートの効いたサウンドが選択できること。
 5気筒ハイパフォーマンスエンジンは、いまやアウディの「財産」のひとつ。鮮烈なパフォーマンスと相まって「あれ? このグレードはRSだったっけ……」と、一瞬そんな錯覚にとらわれた。

 快適性もハイレベルである。S3はスポーツチューニングが施された専用のサスペンションに、フロント2.8bar、リア2.6barと軽負荷時でもやや高い内圧設定の19インチタイヤを組み合わせる。それでも、とくにコンフォートモードでは十分なしなやかさを提供してくれた。
 新型は、「いいクルマ感」がいっそう明確に演じられる1台に仕上げられている。

インパネは10.25インチ液晶メーターと10.1インチタッチスクリーンを組み合わせたデジタルコクピット センター部をドライバーに傾けたスポーティ形状 各部の作りは上質 ナビ標準装備
1stエディションは本革とアルカンターラのスポーツシート装着 前席は電動調節機構付き 乗り心地は適度に硬めのセッティング
メーターは多彩なデザインが選べる A3とは別意匠 視認性良好
トランスミッションは7速DCT メインセレクターはシンプル パドルシフト標準 変速はシャープ
走行モード切り替え標準 ダイナミックモードではサウンドを含め刺激的な味わい
コンソール部にスマホのワイヤレス充電スペースを用意
1stエディションは電動パノラマサンルーフ標準 開放感はハイレベル
1984cc直4DOHC16Vターボ 310ps/5450~6500rpm 400Nm/2000~5450rpm 全域パワフル 加速鮮烈
1stエディションは235/35R19タイヤ+専用アルミ装着 足回りは電子制御式
排気エンドは4本出し ダイナミックモード時に快音を奏でる

アウディS3スポーツバック1stエディション 主要諸元と主要装備

グレード=S3スポーツバック1stエディション
価格=7DCT 711万円
全長×全幅×全高=4350×1815×1440mm
ホイールベース=2630mm
トレッド=フロント:1545×リア:1530mm
車重=1560kg
エンジン=1984cc直4DOHC16Vターボ(プレミアム仕様)
最高出力=228kW(310ps)/5450~6500rpm
最大トルク=400Nm(40.8kgm)/2000~5450rpm
WLTCモード燃費=11.6㎞/リッター(燃料タンク容量56リッター)
(市街地/郊外/高速道路=8.2/12.0/13.8㎞/リッター)
サスペンション=フロント:ストラット/リア:ウィッシュボーン
ブレーキ=前後ディスク
タイヤ&ホイール=235/35R19+アルミ
駆動方式=4WD
乗車定員=5名
最小回転半径=5.1m
主な燃費改善対策:筒内直接噴射/電子スロットル/可変バルブタイミングリフト(排気側)/電動パワーステアリング/7速Sトロニックトランスミッション/アイドリングストップ
1stエディション特別装備:ブラックスタイリングパッケージ/エクステリアミラーブラック/前席スポーツシート(アルカンターラ&アーティフィシャルレザーダイヤモンドステッチング)/5アームデザイン・マットチタニウムグレー19インチアルミ/235/35R19タイヤ
主要装備:レーンアシスト/アダプティブクルーズアシスト/アダプティブクルーズコントロール/サイドアシスト/エグジットワーニング/リアクロストラフィックアシスト/パークアシスト/リアビューカメラ/アウディプレセンスフロント/アウディホールドアシスト/LEDヘッドランプ/スポーツシート(前席電動調節機能+4ウェイランバーサポート+前席シートヒーター付き)/3分割可倒リアシート/マルチカラーアンビエントライティング/MMIナビゲーション/バーチャルコクピットプラス/スマートフォンインターフェース/テクノロジーパッケージ(ワイヤレスチャージング+後席USB)/Sスポーツ&ダンピングコントロールサスペンション/プログレッシブステアリング/アウディドライブセレクト/Sスポーツバンパー/ハイグロスパッケージ/本革巻きステアリング/2ゾーンオートAC/ストレージパッケージ/プライバシーガラス/パノラマサンルーフ/アウディコネクト
ボディカラー:バイソンイエローメタリック
※価格はすべて消費税込み リサイクル費用は1万4530円
※1stエディションはデビュー記念特別仕様車(限定125台)

撮影協力/マースガーデンウッド御殿場

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年11月号

  • ・新型SUBARUレガシィ・アウトバック
  • ・Driving Report Special 新型トヨタ・ランドクルーザー、ライバル比較付き
  • ・SPECIAL FEATURE 国産スポーツ新世界

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る